岡庭由征(よしのり)茨城一家殺傷事件

岡庭由征は千葉商科大学付属高校「同級生はサイコパス演じてると思っていた」三郷市

茨城一家殺傷事件の犯人として、三郷市に住む岡庭由征(おかにわよしゆき)が逮捕されました。岡庭由征には通り魔事件や警察手帳偽造などの前科があります。岡庭由征が岡庭吾義土として通っていた高校は千葉商科大学付属高校。トラブルが重なり自主退学後に編入した通信制の高校はどこだったのか調べていきます。
岡庭由征(よしのり)茨城一家殺傷事件

岡庭由征は整形イケメン「マスク無し顔画像もかっこよかった」茨城一家殺傷事件

岡庭由征(おかにわよしゆき)が茨城県境町の住宅街で、小林光則と小林美和を殺害した事件で逮捕されました。岡庭由征は整形をしてイケメンになったのか、ブサイク顔画像と比較、マスク無しのイケメン顔画像まで後悔です。岡庭由征が岡庭吾義土(あぎと)から改名した理由まで紹介します。
エンタメ

溺英恵(江野スミ)が美人「天才漫画家の顔に似ているキャラクター」

SNSを中心に「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」というWEB漫画が注目されています。更に作者の溺英恵が、漫画家の江野スミ先生と同一人物だと話題です。溺英恵は江野スミの別名義である理由。溺英恵(江野スミ)の美人と言われる顔画像や写真、似ている芸能人はいるのか。江野スミの好きな男性のタイプなど紹介。
紀州のドン・ファン殺人事件

須藤早貴の弁護士は佐藤大和「売名行為のシナリオは予定通り」

和歌山県資産家で「紀州のドンファン」こと野崎幸助が変死した事件。殺害容疑は妻の須藤早貴で逮捕までされています。須藤早貴(すとうさき)の代理人弁護士が佐藤大和(さとうやまと)。イケメン弁護士のアドバイスで、逮捕までもが売名行為のシナリオである理由を紹介。
事件

田中孝博の評判「クラウドファンディング資金もネコババ」リコール書名偽造

田中孝博(たなかたかひろ)事務局長が、遂に不正署名の指示を広告関連会社にしたことを認めました。田中孝博は、過去に産廃会社で借金を作っていたり、政治資金収支報告書を提出していなかったりした経歴からクラウドファンディングの使い道にも疑いが持たれるほど評判が下がっています。
2021.05.19
事件

田中孝博は俳優でガキ使にも出演「高須院長も騙される演技派事務局長」

愛知県の大村知事へのリコールで不正署名事件。「リコールの会」事務局長で、「日本維新の会」の元愛知県議員である田中孝博が不正署名を告白しました。田中孝博が過去に麗タレント所属の俳優であり、コンフィデンスマンJPやガキ使に出演していたこと。高須克弥院長も演技に騙されていたことを紹介。
2021.05.19
紀州のドン・ファン殺人事件

須藤早貴の交際クラブは元勤務先の系列店「出所後は輝きでまた会いましょう」

紀州のドンファンと呼ばれる資産家・野崎幸助(のざきこうすけ)の殺害容疑で逮捕された須藤早貴(すとうさき)。須藤早貴は交際クラブで野崎幸助と出会っています。須藤早貴が会員登録していた交際クラブや、夜のお店の名前が「輝き」である理由について紹介します。
事件

嘉本悟の騒音トラブルは勘違い「幻聴に気付いてもらえなかった悲しい男」

タカシハイツで殺害された大阪産業大学4年生の吉岡桃七(よしおかももな)さん。犯人は2階に住む嘉本悟(かもとさとる)です。嘉本悟は以前から、近隣住民と騒音トラブルがありました。嘉本悟が、昔からキチガイで統合失調症だった事実。騒音トラブルは勘違いで、実際は幻聴だった詳細を紹介します。
廣瀬さあや自殺事件

金子圭一は北教組でいじめを隠蔽「旭川市共に偏った思想」

旭川いじめで廣瀬爽彩さんを隠蔽した疑いがある金子圭一(かねこけいいち)元校長。現在は剣淵町の教育委員会学校教育指導員に天下りしています。金子圭一が北海道教職員組合(北教組)で、旭川市長の西川将人も共産党寄りだという事実から、旭川市全体がいじめに対して隠蔽体質であることを説明します。
事件

嘉本悟のFacebook顔画像「統合失調症になった一番の被害者」

大阪府大東市のタカシハイツというマンションで吉岡桃七(よしおかももな)さんが嘉本悟(かもとさとる)に殺害されました。嘉本悟は同じマンションに住む、メンテナンスの会社員です。嘉本悟のFacebook(フェイスブック)顔画像や生い立ちについて紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました