双葉保育園のバス園児死亡事件

福岡県中間市にある双葉保育園に通っていた倉掛冬生(とうま)ちゃんが死亡しています。倉掛冬生は、浦上陽子(うらかみようこ)園長先生が運転するバスに送迎され、保育園に向かいました。しかし倉掛冬生ちゃんはバスに置き去りとなり、その後死亡が確認されています。浦上陽子園長の顔画像についても紹介します。

双葉保育園のバス園児死亡事件

浦上陽子の家族[母親も保育士失格だけど父親だけは立派な園長だった]卒園者語る

福岡県中間市の双葉保育園で倉掛冬生(とうま)ちゃんが7月29日に亡くなっています。死亡理由は浦上陽子園長が運転する送迎バスの中に一日中放置されていたからです。この記事では浦上陽子の家族構成について調べました。浦上陽子の母親や父親、旦那(夫)や息子・娘はいるのか調べましたので紹介します。(追記)浦上陽子の家系図が見つかりました。浦上陽子の父親は婿養子であることはデマで、伯父と姪の関係だということが判明しました。
2021.08.05
タイトルとURLをコピーしました