秋元司、鹿児島で高校時代を過ごし、大東文化大学へ!経歴を紹介

スポンサーリンク

カジノを中核とした日本の統合型リゾートであるIRを巡り、汚職事件で話題となっている秋元司・衆院議員は2020年に入り、49日ぶりに身柄拘束を解除された。

そんな秋元司・衆院議員の幼少期からの経歴をご紹介する。なんと彼の幼少期は出身地である東京都から遠い鹿児島に住んでいたことが明らかとなっている。

秋元司のプロフィール

  • 生年月日 1971年10月23日 2020年現在49歳
  • 出身地 東京都江東区
  • 所属政党 自由民主党
  • 結婚 2009年に結婚

こちらが秋元司・衆院議員の基本プロフィールとなる。秋元司・衆院議員は今から11年前、年齢で言うと38歳の時に結婚をしており、子供も二人いるようだ。更に子供は二人おり、双子だったということだ。

秋元司はできちゃった婚だった!

2009年に結婚をしている秋元司・衆院議員。なんと結婚の理由としてはできちゃった婚だったことが判明している。その際に出来た子供というのが双子の子供だ。

結婚が今から11年前ということで、2020年現在子供の年齢は11歳ということになる。

では秋元司・衆院議員の奥さんはどのような人なのか?

噂によると秋元司・衆院議員の奥さんは非常に美人だと言われている。更に奥さんの両親は母親が元アナウンサー、父親がテレビ局の社長ということもあり、かなり裕福な家庭に生まれた子供だということがわかる。

2019年よりIR汚職事件で騒がれており、一時は逮捕された秋元司・衆院議員だが、今のところ離婚や別居の情報は確認されていない。

秋元司は幼少期を鹿児島で暮らしていた

次に秋元司・衆院議員の経歴についてご紹介する。

  • 小学校 鹿児島市立吉野東小学校
  • 中学校 鹿児島市立吉野東中学校
  • 高校 鹿児島県立武岡台高校
  • 大学 大東文化大学経済学部

出身地は東京都となっている秋元司・衆院議員だが、幼少期は九州の鹿児島で過ごしていたことがわかった。

では鹿児島県立武岡台高校は頭が良い高校なのか?

秋元司が卒業した高校、武岡台高校は中の上?

秋元司・衆院議員が卒業したとされる鹿児島県立武岡台高校だが、偏差値は62~63程となっている。

また鹿児島市の公立高校を頭の良い順で並べてみる(偏差値は2020年調べ)。

  1. ラサール高校 偏差値78
  2. 鶴丸高校 偏差値74
  3. 甲南高校 偏差値70
  4. 中央高校 偏差値67
  5. 玉龍高校 偏差値64
  6. 武岡台高校 偏差値63
  7. 南高校 偏差値60

鹿児島の公立高校を偏差値順で並べた場合、秋元司・衆院議員の出身高校は6番目の高校ということになる。

これは決して頭が凄く良いというわけではなく、中の上の高校を卒業したということがわかる。

秋元司の年収は?

鹿児島では、決して頭が凄く良い高校に行ったわけではない秋元司・衆院議員だが、国会議員ということもあり、その年収はかなり高いものと思われる。

一般的に国会議員の平均年収は2200万円と言われており、双子をできちゃった婚したからといって、裕福な生活を過ごせるだけの経済力があるだろう。

学生時代、鹿児島で過ごした理由ははっきりとしていないが、大学時代は既に東京都に戻っている。

まとめ

秋元司・衆院議員の出身地は東京都であるものの、学生時代は鹿児島で過ごしていた。

鹿児島の高校は鹿児島県立武岡台高校であり、決して非常に頭が良い高校というわけではなかった。

秋元司・衆院議員は38歳のころにできちゃった婚しており、双子の子供がいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました