兵庫県稲美町丘の火事事件

兵庫県稲美町岡火事の叔父情報まとめ[姿を滅多に見せない引きこもりか]放火疑惑

兵庫県稲美町岡火事の叔父情報まとめ[姿を滅多に見せない引きこもりか]放火疑惑兵庫県稲美町丘の火事事件

兵庫県稲美町岡1443で火事が発生しました。民家の火災により、住人の小学6年生と1年生が死亡しています。火事現場に同居していた母親の叔父は行方不明となっています。

放火の可能性も考えられる中、伯父の居場所はどこなのでしょうか。 伯父の特徴や近隣住民からの評判、顔画像について調査しました。

兵庫県稲美町岡の火事現場画像「火事当時の状況」

兵庫県稲美町の火事現場画像
兵庫県稲美町の火事現場画像

兵庫県稲美町岡の民家で火災が発生しました。民家に住んでいた家族は全部で5人です。火災発生時、50歳代の父親は40歳代の母親を迎えに行くために車で外出していました。

住宅に残っていた小学6年生と1年生の子供達は火事に巻き込まれて死亡しています。兵庫県稲美町の火事が起きた住宅には、母親の兄(叔父)も住んでいたとのことです。

しかし火災現場には伯父の遺体は残されておらず、行方不明となっています。

現在判明している兵庫県稲美町岡の叔父情報は以下の通りです。

火災が起きた当時、無くなった子供たちは2階で寝ており、叔父は1階で過ごしていた(父親証言)

火事が起きた民家に住む父親の証言によると、火災が発生した当時、子供2人は二階の寝室で寝ており、叔父は1階のリビングにいたとのことです。

父親が家を出て、15分後に家が燃えがる様子を近隣住民が見ていた。燃え後の民家からはガソリンを撒いた跡が残っていた。

兵庫県稲美町岡の民家が燃えたのは父親が家を出てからすぐだったことが判明。またガソリンを撒いた跡があったと警察の調べて判明しています。ここまでくると叔父に放火殺人の容疑がかけられるのも仕方ありません。

兵庫県稲美町岡の伯父情報[中年の引きこもり男か]

現在判明している兵庫県稲美町岡の叔父の情報をまとめていきます。

兵庫県稲美町岡の叔父は、ウイルス感染拡大から引っ越してきた

そもそも夫婦2人と子供2人の4人家族の中に、母親の兄が一緒に住んでいるのはあまりにも不自然です。被害にあった家族と叔父は昔から一緒に住んでいたわけではありませんでした。

兵庫県稲美町岡の叔父は、ウイルス感染拡大をきっかけに他所から引っ越してきていたことが判明。ウイルス拡大が起きているのは、この2年間となるので、叔父が兵庫県稲美町岡に引っ越してきたのは最近ということになります。

普段、姿を見ることはほとんどなかった

たまに姿を見ても挨拶もなにもしない暗い感じの人だった(近隣住民)

兵庫県稲美町岡火災の近隣住民の話では、兵庫県稲美町岡の火事住宅に叔父がいたことは知っていたが、普段からほとんど姿を見せなかったといいます。

また姿を珍しく見せたとしても、挨拶もしない不愛想な男性だったと証言されています。

兵庫県稲美町岡の火事現場に住んでいたママの年齢は40歳代です。叔父はその少し年上であることが予測されます。となるとまだ定年を迎えるには早い年齢です。

つまり叔父はウイルス感染が影響して職を失い、兵庫県稲美町の自宅で引きこもりになっていたということでしょうか。

追記:火事で燃えた住宅は、叔父の所有物であることが判明しました。しかし別情報では少し前から叔父が同居することになったという証言もあります。

つまり住宅は、元々両親の所有物であり、両親が亡くなってからは、現家族が住んでいた。叔父が長男となるため、所有物としては、叔父のものだったということでしょう。

兵庫県稲美町岡の伯父顔画像

兵庫県稲美町岡に住む叔父はどのような顔なのでしょうか。兵庫県稲美町岡に住む叔父は、火災以降、徒歩で外出していると見て警察は捜査を続けています。

兵庫県稲美町岡の火事民家に同居していた叔父の年齢は40代後半から50歳代だということが予測されます。

2021年下半期では、放火事件が多発しています。最近の放火事件で記憶に新しいものであれば、福岡市博多区に住む三宅潔容疑者です。

三宅潔の顔画像

放火事件を起こした三宅潔容疑者は「京王線放火事件を真似した」と供述していました。10月31日、ハロウィンの日に京王線電車内で起きた刺傷放火未遂事件をマネする犯罪者は以後続々と確認されています。

兵庫県稲美町岡に住む叔父は、京王線放火事件の犯人である服部恭太の行動に感化された一人だったのでしょうか。

追記:兵庫県稲美町丘のおじさんの評判「近隣住民の声」

行方不明になっている、兵庫県稲美町丘のおじさんに関しては捜査が続いています。

近隣住民の証言からも、日頃から要注意人物として扱われていました。

「まだまだ仕事をしていそうな年齢なのにずっと家にいるから、心配だった

ご家族にお兄さんは大丈夫?と聞いたら苦笑いされたので、家族間でも迷惑しているのかなと思っていた」(近隣住民の証言)

兵庫県稲美町岡の火災現場は「兵庫県稲美町岡1443」

兵庫県稲美町の火事現場写真

メディアでの報道では、火事が起きた現場の住所は「兵庫県稲美町岡1443」であると報じられています。

実際にグーグルマップで調べてみると、確かに火災前の似ている住宅が確認されました。

火事前の自宅写真を確認すると、元々かなり古い住宅であることがわかります。こちらの住宅は、元々は母親の両親が住んでいた場所に家族全員で移り住んだといういことでしょうか。

兵庫県稲美町岡火災事件の概要

兵庫県稲美町岡で19日深夜、民家が全焼し2人の遺体が見つかった火災で、民家の焼け跡から可燃性の液体成分が検出されたことが捜査関係者への取材で分かった。県警捜査1課と加古川署は21日、何者かが放火した疑いが強まったとして、現住建造物等放火容疑で同署に捜査本部を設置。火災後、連絡が取れなくなっている住人の50代男性が、何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。

引用元:神戸新聞
  • 11月19日に兵庫県稲美町岡の民家で火事が発生
  • 火災によって住宅に住んでいた小学6年生と小学1年生が死亡した
  • 50代の父親と母親は外出していた
  • 住宅には50代の母親の兄(叔父)が同居していた
  • 叔父の遺体は見つかっておらず、行方不明
  • 警察は叔父がなんらかの事情を知っているとみて捜査している
  • 火事は放火である可能性が判明した

追記:伯父が逮捕されました。自宅から50キロ離れた扇町公園で発見されたとのことです。

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました