服部恭太京王線ジョーカー事件

服部恭太の生い立ち[母親と死別し彼女に追い詰められた悲しい過去 ]京王線刺傷事件ジョーカー刃物男

服部恭太の生い立ち[母親とは死別し彼女にも追い詰められた悲しい人生]京王線刺傷事件ジョーカー刃物男服部恭太京王線ジョーカー事件

京王八王子発新宿行き特急電車で刃物を振り回し、油のような液体をまいて火をつけたとして服部恭太(はっとりきょうた)容疑者が逮捕されました。服部恭太の生い立ちを調査すると福岡県出身の母子家庭、家族とも幼いころに疎遠となっている悲しい人生が明らかとなっています。

服部恭太の同級生や知人の証言から明らかとなった、家族構成や学生時代、彼女との交際関係やFacebookを踏まえて生い立ちを紹介します。

服部恭太の犯行動機「死刑になりたかった…」過去になにがあったのか

服部恭太の顔画像
服部恭太の顔画像

10月31日、世間ではハロウィンで浮かれている中、残酷な事件が発生しました。服部恭太容疑者は、京王八王子発新宿行き特急電車で数十人の乗客に対して刃物を振り回し、さらに油のような液体を車内に撒き火をつけようとしました。

服部恭太は、警察の調べに対して「人を殺して死刑になりたかった」「2人以上殺せば死刑になると思った」「小田急線の事件を参考にした」と供述しています。

対馬悠介の顔画像
小田急線通り魔事件の犯人「対馬悠介」容疑者

服部恭太は、警察の調べに対して「友人とも関係が上手くいかなくなり、死刑になりたかった」と供述しています。服部恭太の犯行動機は、世間に認められない日々が続いたことで、自暴自棄になってしまったということです。

京王八王子発新宿行き特急電車の犯行現場
京王八王子発新宿行き特急電車の犯行現場

赤の他人に殺意を持ち、死刑になろうとしていた服部恭太容疑者。彼の人生を探ると悲惨な人生であることが判明します。服部恭太の生い立ちを振り返っていきます。

京王八王子発新宿行き特急電車で火が付いた車内の写真
京王八王子発新宿行き特急電車で火が付いた車内の写真

服部恭太の生い立ち1「父親は蒸発し母子家庭で育てられた幼少期」

服部恭太の写真
服部恭太の写真

服部恭太の生い立ちについてツイッターやインスタグラムなどのSNSから情報提供を求めたり、5chや爆サイなどの匿名掲示板で調査しました。後に紹介しますが、服部恭太の中学生・高校生時代の同級生によると、服部恭太は母子家庭であることが判明します。

服部恭太は幼少期の時点で、父親がいなかったとのことです。服部恭太の父親と母親はなぜ離婚してしまったのでしょうか。もしくは死別だったのでしょうか。調査を進めていくとある事実が判明します。

引用元:爆サイ

服部恭太の父親って売れない役者だったらしい

服部恭太が生まれて生活が出来ないからって蒸発したって話

引用元:爆サイ

服部恭太の父親が出演している映画、誰か知らない?

やっぱりエキストラ止まり?

服部恭太が物心ついた時まで父親がいたかどうかは定かではありませんが、妊娠が発覚した時点で蒸発したということから、服部恭太は父親の姿をまともに見たことはないでしょう。

そんな服部恭太が映画「バットマン」の敵役であるジョーカーを演じながら犯行を犯したのは、父親の血が何かしら働いていたからなのでしょうか。

ジョーカーの画像
出典「JOKER」

服部恭太の生い立ち2「福岡で学生時代を過ごすも大好きな母親が亡くなる」

hattorikyota-image

服部恭太は、犯行当時、調布駅近辺に住んでいたことがネットで明らかとなっています。マスメディアからの報道では、服部恭太容疑者は、2021年7月~9月末から状況してきたことも明らかとなっています。

また、捜査関係者によりますと、服部容疑者は福岡市の出身で「ことし7月ごろに上京した」と説明しているということです。

警視庁が事件前後の容疑者の行動などをさらに調べています。

引用元:NHK NEWS WEB

服部恭太は千代中学校・高校生などの学生時代は福岡県福岡市博多区千代に住んでいたことも判明しています。服部恭太の同級生の証言もネットでは公開されています。

追記:服部恭太の実家は福岡県福岡市博多区千代の団地にあったことが判明しました。現在、団地は取り壊されており、新しいマンションが建っています。

引用:爆サイ

服部の中高の同級生だけど、服部はかわいそうなやつだったよ

金髪するようなやつじゃなかったから

最初わからなかったけど顔で思い出した

母子家庭の生まれだけど、物心ついた後に孤児施設に写ってた

理由は知らんけど

友達もまともにいなかったし、いつみても漫画読んでたな、マイナーなやつ

ジャンプとかじゃない

ネットで言われてるけど、

それがアメコミのバットマンだったのかもしれないし

ネット上の服部恭太の友人と思われる人物は「服部恭太はマイナーな漫画を読んでいた」と言いますが、別の同級生の証言では「ワンピースも好きだった、LINEのスタンプもワンピースのものを使用していた」という証言もあります。どちらにせよ服部恭太は大の漫画好きだったということになります。

服部恭太の中学校卒アル写真

服部恭太の父親は、服部恭太が産まれてからすぐに蒸発していて母子家庭で生活していました。しかし学生時代には、そんな母親にも捨てられて施設で生活をしていたことが判明。ではなぜ母親は服部恭太を手放したのでしょうか。

ネットでは「服部恭太容疑者の母親は、蒸発した」「男を作って逃げた」などの憶測が飛び交っています。しかし服部恭太の同級生から話を聞くと、ある悲しい事実が判明しました。

服部恭太の同級生証言画像
引用:Twitter

服部が孤児施設に行っていたというのは本当ですよ

けど蒸発とか男作って逃げたとかそんなんじゃないです

事故で亡くなったんですよ、

彼の母親 別に仲はそこまで良いわけじゃありませんでしたが、葬式には行きました

幼いころから母親1人に育ててもらった服部恭太容疑者。男子高校生といえば、親に対して反抗期だったかもしれません。服部恭太容疑者はお母さんに感謝の気持ちを伝えられていたのでしょうか。

服部恭太は学生時代、母親と妹と3人で団地で暮らしていました。母親が亡くなったということは、妹も孤児施設に入ったということなのでしょうか。

最愛の母に素直になれないまま、死別してしまった服部恭太容疑者は、高校生時代から後悔を重ね続けた人生となっていたのでしょう。

追記:服部恭太は福岡市立千代中学校で陸上部だった

服部恭太の陸上部時代の記録写真

服部恭太は、福岡市立千代中学校出身です。中学校時代の部活は陸上部に所属。ネットでは、陸上の種目「砲丸投げ」と「ジャベリックスロー」の記録が残されています。

当時の中学校同級生の証言を聞くと「自分から積極的に何かをするような人間ではなかった」「中学校時代から漫画好きで有名だった」「おとなしすぎて友達が多いタイプではなかった」などの証言が残されています。

服部恭太が他人と積極的に関われなかったのは、早くして亡くなった母親に対して傷心していたからでしょう。人とのコミュニケーションが少なかった服部恭太容疑者は、後に人に依存するタイプになります。そして依存していた人を失ったとき恐ろしい狂暴性を見せることになります。

服部恭太のFacebookが無い理由「友人がいなかった」

服部恭太の中学時代の顔画像

SNSでは服部恭太のFacebookやインスタグラムの調査も続いています。しかしどのネットニュースをみても「服部恭太のFacebook特定」には至っていません。服部恭太の逮捕時の年齢は24歳です。当然フェイスブックやインスタグラムなどのSNSアカウントを持っていても不思議ではありません。もしかしたらTikTokも持っていた可能性だってあります。

しかし服部恭太の友人の供述から、ある事実が判明しました。

引用:ツイッター

服部はフェイスブック関係は持っていないと思います

同級の僕でも知りませんし、あいつと深い仲の良いやつなんて聞いたことありません

作るだけ寂しいと思ったんじゃないですか?

なんと服部恭太は友達との交友関係があまりにも少ないことから、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSをそもそも持っていなかったことが判明しました。

元々学生時代は陰キャとして過ごしていた服部恭太容疑者。もちろんTikTokもあるわけがありません。

追記:服部恭太のフェイスブックが特定されました。既に削除はされていますが、アイコンは漫画喫茶でバイトをしていた時代の彼女とのプリクラ写真です。

服部恭太のフェイスブック画像
服部恭太のフェイスブック

アカウントがまだ残っていた際に、中身を確認すると、高校卒業後の情報しか記載されていませんでした。服部恭太の学生時代の友人たちがフェイスブックの存在を知らなかった理由、それは中学・高校時代にはフェイスブックを作っていなかったからでしょう。

服部恭太は高校卒業後、彼女が出来ています。知人に自慢したいが一心でFacebookアカウントを作成。アイコンを彼女とのプリクラ写真にして、周囲に自慢したかったのでしょう。

服部恭太は3人家族「兄弟や姉妹はいない」

服部恭太の高校生時代の卒アル画像

服部恭太の兄弟について、ネットでは調査が続いています。しかし服部恭太の父親は、母親が妊娠してすぐに蒸発していることもあり、兄弟や姉妹はいませんでした。

服部恭太に兄弟や姉妹がいれば、愛する母親を失った心をフォローしてくれていたかもしれません。学生時代から孤立気味だった服部恭太容疑者は、誰にも助けを求めないまま学生時代を過ごします。

高校を卒業し、寂しい想いをしていた服部恭太容疑者ですが、高校卒業後、ついに彼の心を支えてくれる存在が出来たのです。

追記:服部恭太に妹がいることが発覚しました。しかし母親が妊娠し、お腹の中にいるときに父親が蒸発していたとなれば、妹が出来るわけがありません。服部恭太と妹は腹違いの兄弟ということになるでしょう。

追記:服部恭太の生い立ち3「魁誠高校時代は空手部主将」

服部恭太の高校は福岡の魁誠高等学校であることが判明しています。服部恭太は魁誠高校で部活に入っていました。昔から人と付き合うことが苦手だった服部恭太容疑者。

せめて同級生からいじめられないようにと始めたのが空手部だったのです。服部恭太の空手のセンスはすさまじく、高校3年生の時には遂に主将となっています。

服部恭太の空手部時代の顔写真

服部恭太は魁誠高等学校で空手部のキャプテンをしていたこともあり、周囲からイジメられることはありませんでした。しかしやはり友達は出来ず、孤独な一匹狼だったことが判明しています。

服部恭太の彼女「破局理由は”変態だったから”」

服部恭太と彼女のプリクラ写真

服部恭太は大学へ進学せずに漫画喫茶でアルバイトをしながらフリーターとして過ごしていました。そんな服部恭太は遂に心を開ける存在を見つけます。それが服部恭太の彼女です。

「当時、彼には仲のいい彼女がいました。どちらも目立たない、地味なカップルという感じでしたが、彼女のことがすごく好きだった。硬派ぶっていたのか、グラビアや女優には興味がない、という感じでしたね。でもある時その彼女と別れてしまったんです。それからはちょっと変というか、元気がない、病んでいるような様子で、別の同僚も心配していました」

引用元:文春オンライン

愛する両親を失い、孤立していた服部恭太にとって、恋人という存在は心の支えになっていたでしょう。しかし服部恭太は、愛する恋人を自ら失うことになります。服部恭太の破局理由は服部恭太自身にありました。服部恭太は変態だったのです。

服部恭太が変態である理由は、破局後のエピソードにあります。

服部恭太は、彼女と別れたあと、アルバイトをしていた漫画喫茶でお客さんを盗撮していたことが判明しています。服部恭太が逮捕時に語っていた「仕事もうまくいかなくなった」という発言は、まさに漫画喫茶での盗撮事件でした。

他人を隠れて盗撮するような性癖を彼女が気付かないわけがありません。服部恭太の彼女が服部恭太を振った理由はまさしく「盗撮するような変態性を持っていたから」でしょう。

追記:服部恭太の生い立ち4「高校卒業後は漫画喫茶や介護施設でバイト」

上述でも紹介したように、服部恭太は高校を卒業後、大学への進学をせずにフリーターとして活動します。フリーター時代には、天神にある漫画喫茶やDVDレンタルショップ、更に介護施設でアルバイトをしていたことが判明しました。

服部恭太がFacebookにも載っていた彼女と交際していたのは、漫画喫茶バイト時代。そして犯行を起こす直前に働いていた勤務先がレンタルDVDショップだということは判明しています。

漫画喫茶でのバイトが約4年前ということなので、介護施設は漫画喫茶を辞めたあとに入職。そして後に介護施設も退職し、レンタルDVDショップで働きだしたということでしょう。

服部恭太のプロフィール

服部恭太の顔画像

[服部恭太のプロフィール]

年齢:24歳

出身地:福岡県福岡市

家族構成:そもそもは家族3人だったが、離別・死別を繰り返し現在単身独居

職業:フリーター「漫画喫茶でアルバイトをしていたが、盗撮事件が問題となりクビに」

彼女・結婚相手:彼女と破局したばかり。破局理由は服部恭太の性癖

服部恭太の生い立ちを遡ると、単に自暴自棄になった犯人というわけではないことがわかります。服部恭太は多くの人に見捨てられてしまった悲しい男。彼を支えてくれる人がいればと思うとつらい気持ちになります。今回の事件は幸いだれも死者も出ていません。釈放後、まっとうな道に進んでほしい。

服部恭太の逮捕時の顔写真

服部恭太が彼女にフラれた理由が気持ち悪かった

服部恭太の最新の勤務先特定「目撃情報多数」

服部恭太のフェイスブックが突如削除「理由が意外だった」

服部恭太のツイッター特定「出会い厨確定」

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました