沢尻エリカ、賠償額がベッキー、ゴーン越え!?過去最高額っていくら?

スポンサーリンク

12月6日に麻薬取締法違反から保釈された、女優・沢尻エリカ被告の賠償額が過去最高額になっています。

ベッキーの賠償金を上回る

近年で多額な賠償金を払った芸能人といえば、不倫騒動にて多くのCMがキャンセルとなったベッキーです。

ベッキーの賠償額は5億円とされており、過去最高クラスの賠償額となっています。

沢尻エリカの賠償額はベッキーの4倍!?

今回起訴された沢尻エリカ被告、ベッキーと同じように多くのCMに起用されている他、最も問題となっているのが、来年1月から放送される予定であった大河ドラマ「麒麟がくる」の主演キャストにも選ばれていた沢尻エリカ被告。

結果、沢尻エリカ被告は降板し、同事務所の川口春奈さんがキャスティングされたわけですが、放送は延期となっています。

「大河の賠償額は10話分の制作費だけでなく、撮り直し費用も請求の対象になります。ポスターの回収や新ポスター作り、新たな宣伝費、グッズなど物販回収なども含めると、10億円は超えてしまうでしょう」(前出・NHK関係者)

引用元:女性自身

また現在放映されている映画、「人間失格 太宰治と3人の女たち」にも出演していた沢尻エリカ被告は、今後発売予定であったDVDの見込み収入分まで請求される可能性もあります。

多くの賠償金が発生する可能性のある、沢尻エリカ被告。

その賠償額は20億円もの多額な金額となる可能性があり、ベッキーの賠償額の4倍、過去最高額の賠償金が発生する可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました