エンタメ

斎藤佑樹はタレント転身濃厚[一昨年からラブコールは続いていた]関係者発言

斎藤佑樹はタレント転身濃厚[一昨年からラブコールは続いていた]関係者発言エンタメ

日本ハムに所属している投手、斎藤佑樹(さいとうゆうき)選手が現役を引退することを発表しました。斎藤佑樹といえば、甲子園で「ハンカチ王子」のネーミングでも話題になった時の人です。

斎藤佑樹はプロ野球引退後、タレントとして芸能界デビューすることが濃厚と業界関係者も語っています。過去にも放送作家からラブコールやオファーを受けていた斎藤佑樹選手。斎藤佑樹がタレント転身となる経緯を紹介します。

斎藤佑樹が引退「プロ生活11年に終止符を打つ」

斎藤佑樹の顔画像

プロ野球日本ハムに所属していた投手、斎藤佑樹選手が現役を引退することを発表しました。斎藤佑樹といえば、2006年の夏の甲子園、早稲田実業学校高等部のピッチャーとして世間を騒がせていた選手です。当時は「ハンカチ王子」として話題になり「マー君」こと田中将大選手と合わせて世間に注目されていました。

saitouyukiの顔写真

斎藤佑樹投手は、早稲田大学を卒業後、プロの道へ。日本ハムの投手としてチームに入団し11年経過していました。プロ野球での斎藤佑樹の成績は思わしくなかったものの、引退発表に多くの人が悲しんでいます。

斎藤佑樹投手お疲れ様でした。

残念ながらプロで大成しなくて、

そのプレッシャーは想像を絶するものがあったと思います。

斎藤佑樹選手は、プロ野球人生を11年で引退。今後はどのような活動をしていくのか。Twitterを中心としたSNSでは斎藤佑樹の次なる動向に注目が集まっています。

斎藤佑樹は引退後タレントへ転身「2018年にすでに放送作家からラブコールも」

斎藤佑樹の顔写真

斎藤佑樹はプロ野球引退後、どのような活動をしていくのでしょうか。ネットでは既に「野球コーチになるのでは」「ユーチューバーの可能性もある」と話題になっています。

中でも注目されているのが斎藤佑樹のタレント転身です。斎藤佑樹といえば、ハンカチ王子として当時多くの主婦層に人気のあるイケメン選手。プロ野球デビュー後も、何かと週刊誌を騒がせていた選手。確かに話題性は抜群です。

斎藤佑樹のタレント画像

斎藤佑樹の過去を振り返ると、2018年の時点ですでにタレントへのラブコールが届いていたことも判明。当時の斎藤佑樹は、2017年にクリスマスイブイブ合コンが週刊誌に報じられ、良い意味でも悪い意味でも注目の的となっていました。

斎藤佑樹の合コン画像

クリスマスイブ前夜の東京・西麻布。とある会員制バーの個室に、ハイテンションで叫ぶ男性の声が響き渡っていた。「ス~イスイスイスイスイスイ、○○ちゃん飲まなきゃイヤなっちゃ~う!」──声の主は、日本ハムの斎藤佑樹(29)。後輩の有原航平(25)らを引き連れ、合コンで盛り上がっていたのだ。

引用元:NEWSポストセブン

プロ野球では結果を出せず、遊び惚けていたと報じられていた斎藤佑樹選手。テレビメディアの放送作家からは「へたれタレント」としてのラブコールを受けていたことも判明しています。

「美女合コンや、出版社社長に対してポルシェをおねだりしていた逸話を話せば、タレントとしても一気に人気が出るでしょう。元バレーボール選手の川合俊一や、元サッカー日本代表の前園真聖、ボクシング元王者・具志堅用高のように、スポーツ選手からタレントして人気が出ている人は沢山います」(放送作家)

しかし2018年の時点でタレントへ転身していない斎藤佑樹は、タレントへのオファーを断ったのでしょう。放送作家からのラブコールから早3年。現在の斎藤佑樹でもタレントとして通用するのでしょうか。

斎藤佑樹はタレントとして人気になること間違いなし「芸能関係者語る」

斎藤佑樹の甲子園時代の写真

2018年時は、週刊誌で度々スキャンダルを受けていた斎藤佑樹。しかし近年では悪い話も良い話も聞こえていませんでした。過去と比べて注目度が落ちている状況ともいえる斎藤佑樹選手。今後タレントに転身しても人気が出るのでしょうか。

「斎藤佑樹の引退発表、みなさん衝撃を受けましたよね。多くのニュースメディアも速報として報じています。それだけ斎藤佑樹の知名度は高く、影響度もあるということです。

確かにプロ野球選手としての斎藤佑樹は、目立った業績を上げていませんが、現役時代に注目されていなかった人ほどタレントに転身してから人気になるスポーツ選手は星の数ほどいますよ

今回の斎藤佑樹引退報道での世間のリアクションではっきりしました。斎藤佑樹はタレントとして間違いなく成功しますよ」(芸能関係者)

「話題性」「ルックス」共に申し分ない斎藤佑樹。引退後、タレントへ転身した場合、どのようなテレビ番組に出演することになるのでしょうか。

「確かに野球解説者やレポーターという線も行けるかもしれませんが、やはり日の目をみるジャンルはバラエティ番組じゃないですかね。

近年では「逃走中」や「有吉ゼミ」など、タレントデビュー直後に出演しやすいバラエティ番組も多数あります。

さらに最近ではYouTubeタレントが安いギャラで出演してくれるものですから、ギャラを沢山支払わないといけない大御所・中堅タレントは使いにくいんですよね

とりあえず出演してタレントとしての地盤を固めていかないといけない斎藤佑樹にとって、現在の環境は追い風になると思います」(前出芸能関係者)

斎藤佑樹のトーク力も問題なし「普段からおもしろいやつ」友人証言

斎藤佑樹のプロ野球時代の顔写真

甘いルックスに、話題性や注目度も高い斎藤佑樹。問題はいざテレビ番組に出演した際のトーク力と対応力です。話題性だけでタレントデビューしたものの、トーク力が低く、つまらなすぎてフェードアウトしていく元スポーツ選手タレントも沢山います。

しかし斎藤佑樹に関しては、トーク力も高いと友人が語っていました。

「(斎藤)佑樹ってファンからはクールでかっこいい、寡黙でさわやかなんて言われてますけど、そんなやつじゃないですよ(笑)

どっちかっていうとムードメーカーに近いくらいよくしゃべるやつです。クールっていうよりもお調子者って感じですかね」(斎藤佑樹の知人)

斎藤佑樹の友人が語る内容が確かであれば、斎藤佑樹はタレント転身後も長くテレビで注目されるでしょう。確かに斎藤佑樹が美女合コンで報じられた際には「ス~イスイスイスイスイスイ、○○ちゃん飲まなきゃイヤなっちゃ~う!」と夜中の繁華街で歌っていたほどですから、お調子者であることは間違いないでしょう。

斎藤佑樹の芸能界デビューは成功するのか。今年は年末恒例の特番「笑ってはいけないシリーズ」も一時休止と発表されています。斎藤佑樹のタレントデビュースタートはどのような番組になるのでしょうか。

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました