花森弘卓(はなもりたかひろ)硫酸事件

花森弘卓が家族を毒殺していた説が浮上[親子間の言い争いか]静岡市葵区

花森弘卓が家族を毒殺花森弘卓(はなもりたかひろ)硫酸事件

白金高輪駅で、琉球大学理学部の映画サークル時代の先輩に対して硫酸をかけたとして逮捕された花森弘卓(はなもりひろたか)容疑者。花森弘卓の家族は既に病死していることが判明しています。

花森弘卓の父親と母親(家族)は既に病死していることが報じられています。その死因が花森弘卓の毒殺ではないかとSNSでは噂されています。噂の真実を検証します。

花森弘卓の自宅が豪邸「家族は医療従事者の上級国民」

花森弘卓の顔画像
花森弘卓の顔画像

白金高輪駅で硫酸をかけたとして指名手配されていた花森弘卓容疑者が遂に沖縄県で逮捕されました。花森弘卓は、犯行後一度自宅に戻った後に、沖縄県宜野湾市内の友人男性宅で匿ってもらっていました。

犯行後、一度は実家へ帰っている花森弘卓容疑者。警察も8月26日と27日に自宅捜査を行っています。

花森弘卓の自宅画像
花森弘卓の自宅画像

花森弘卓の住所に関しては、警察の指名手配で「静岡県静岡市葵区」と公開されています。実際に地図で花森弘卓の自宅について調べていくと、静岡市葵区2番町に自宅が発見されました。

花森弘卓の自宅写真
花森弘卓の自宅写真

写真を見ると、花森弘卓の自宅は非常に大きく立派な門構えをしていることがわかります。花森弘卓の実家がある周囲は住宅街ですが、大きな家が立ち並ぶ場所でした。

花森弘卓は、この立派な一軒家に一人暮らしをしていることが明らかとなっています。花森弘卓の父親と母親は、10年以内に病死をしているとのことです。花森弘卓に兄弟はおらず、3人家族であったことも明らかとなっています。

花森弘卓の自宅

これだけ立派な一軒家を建てた花森弘卓の両親の職業はなんだったのでしょうか。

花森容疑者の両親はいずれも医療関係の仕事をしていたといい、10年以内に病死した。

引用元:日刊スポーツ

花森弘卓の両親は、2人とも医療関係者だったことが明らかとなっています。医療関係の仕事といえば、医者や看護士、臨床検査技師、薬剤師、理学療法士などが挙げられます。これだけ立派な家を建てていることから、花森弘卓の両親は医者や看護士の類だったのではないでしょうか。

追記:花森弘卓の父親は整体師、母親も医療従事者であり、中国人の血を引いていることが判明しました。

上級国民の両親から生まれた一人息子の花森弘卓。ここでネットではある噂が広がっています。

花森弘卓は家族を毒殺説が浮上

花森弘卓の犯行時の写真
花森弘卓の犯行時の写真

そもそも花森弘卓の父親と母親が同じタイミングで病死したという情報に違和感を感じます。ネットでも両親2人の病死ということに疑問を持つ声が多数挙がっていました。

花森弘卓の両親が二人とも10年以内に病死?

コ〇ナじゃあるまいし

一体花森弘卓の家族はどのような病気で亡くなったというのでしょうか。

花森弘卓の学歴を遡ると、沖縄県の琉球大学理学部を卒業しています。薬剤に関する知識を持っていたことから、今回の犯行で容易に硫酸を手に入れることができました。

花森弘卓の両親が同じタイミングで病死するという不自然な情報、そして花森弘卓が薬剤の知識を持っていたということからネットでは、花森弘卓が家族を毒殺したのでは?という噂が立っているのです。

花森弘卓って理学部で薬剤の扱いに長けてたんだよね?

そして両親二人は仲良く病死…あ(察し)

アシッドアタックするような男だ

実の両親にも何をしたかはわからんぞ

花森弘卓の指名手配画像
花森弘卓の指名手配画像

追記:花森弘卓の両親「だんだんと弱っていった」近隣住民の証言

花森弘卓が住んでいる静岡市葵区2丁目近隣の住民から貴重な証言を入手しました。花森弘卓の両親が亡くなったのは約8年前。元々は明るい夫婦で近所の住民とも仲が良かったことが判明しています。

「(花森弘卓の)両親が亡くなった理由は病死ってなってるけど、確かにだんだんと弱っていった。けれど直接奥さんと話した時に原因がはっきりしないっていう話を聞いたことがあります」(近隣住民)

花森弘卓の両親の死亡理由、病死となっているものの、肝心の病気が直前まではっきりしなかったということです。

花森弘卓は日頃から両親に対して薬剤を飲ませ徐々に弱らせていったということでしょうか。

家族毒殺事件の特徴

薬物の画像

実の子供が家族を毒殺するという事件は過去にも起きています。

1956年、東京都江戸川区の某住宅街で19歳少女は、家族4人に青酸ソーダを飲ませて毒殺しています。19歳少女の犯行動機は、家族との口げんかによる言い争いで衝動的に行ってしまったと供述しています。

殺人事件の大半は親族間で起きているという言葉もあります。花森弘卓は、1956年当時の19歳少女と同様に、父親や母親と口喧嘩をして毒殺した可能性だってゼロではないでしょう。

しかし今回の花森弘卓が起こした硫酸事件は、犯行を隠すわけではなく、白金高輪駅で堂々と行っています。今回の事件を踏まえると花森弘卓は完全犯罪が出来るような知能犯ではないでしょう。

花森弘卓が両親を毒殺したという噂は、デマである可能性が高いでしょう。

花森弘卓が沖縄で確保された理由とは?

花森弘卓がインスタを削除!同級生が証言

花森弘卓が在日韓国人と言われる3つの理由とは

花森弘卓の指名手配写真

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました