エンタメ

石川大我の強要で炎上[週刊誌情報も納得してしまう過去3つの問題行動]

石川大我の炎上エンタメ

立件民主党の石川大我(いしかわたいが)議員が強要の疑いで話題となっています。週刊誌によると、知人Aの元に来た救急隊員に対して「動画をSNSで晒すぞ」と強く迫ったと報じられています。

石川大我は自身のTwitterで強行行動を真っ向から否定しています。しかし過去の問題行動を振り返ると、今回の強要行動も納得してしまう経歴が発覚しました。

石川大我の問題行動1「救急隊員へ強要の疑い」

石川大我の顔画像
出典:文春オンライン

「「救急隊員は『保健所の判断です』と説得したのですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。そして『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と言って、救急搬送を強く迫ってきたのです。現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられています」(同前)

引用元:文春オンライン

今回、週刊文春に報じられた石川大我の問題行動は、119番で来た救急隊員に対して「搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!」と言いながら、救急搬送を強要したと報じられています。

実際に石川大我議員のTwitterでは、ウイルス感染した友人のもとに駆け付けた状況をツイートしていました。

石川大我のTwitter画像
石川大我のTwitter

昨夜、知人より連絡ありました。

ウイルス感染9日目です。

熱は40度から下がらず、酸素飽和度88-92あたりでした。

食欲なく7㎏痩せました。

前も救急車を2度呼んだが搬送拒否にあったとのことで、駆けつけました。

話すのもしんどい状況で119。

救急隊、必死に電話頂くも、病状悪化して、搬送まで5時間。

東京は医療崩壊しています。

石川大我議員は、医療崩壊に対して危惧するツイートを発信しています。最終的にウイルス感染した知人Aは、地方保健所の支持で入院先が決定しています。

ishikawataigaのTwitter画像
石川大我のTwitter

最終的に病状が急変し、酸素飽和度83%、救急隊が酸素マスクを装着するまでになりました。

会話もままならなくなり、地元保健所の指示で入院先が決まります。

ストレッチャーで搬送、救急車で病院に向かったのは朝方でした。

軽症、中等症で点滴や酸素吸入などの治療を受けながら容態観察できる大規模施設が必要と痛感しました。

SNSだけでみたら、様態悪化した友人と日本の医療を不安視する国会議員の姿が想像できます。しかし文春の情報を加えると、救急隊員に対しての対応があまりにも酷すぎます。スマホで救急隊員の動画を撮りながら「SNSに晒すぞ」は輩のすることです。

石川大我は文春の報道に対して、自身のSNSで真っ向から強要発言を否定しています。しかし救急隊員を撮影していたことは認めていました。

消防隊側は、既に石川大我とのやりとりを報告書で消防庁に挙げています。わざわざ報告書を書いてまで救急隊員が嘘を言っているとも考えにくいものです。

石川大我は過去にも複数問題行動が報じられています。その中には、同じようにカメラや動画を使った輩のような行動を取っていたものもありました。

石川大我の問題行動2「深夜にパトカーの撮影をいきなり始める」

石川大我の顔画像
石川大我の顔画像

2つ目の石川大我の問題行動派2020年3月に報じられています。当時、現場を見ていた人物の証言をまとめました。

[石川大我が新宿2丁目で起こした問題行動]

  • 時刻は午前2時、石川大我は、通りかかったパトカーをいきなり睨みつけながら、動画で撮影し始めた
  • 警察官が石川大我に対して声をかけるものの、石川大我は無視して動画撮影を続けていた
  • 「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」
  • 「名前を言え! 警察手帳を撮らせろ」
  • 「オレは国会議員だぞ! ビビっただろう」
石川大我が喧嘩を売ったパトカー
出典:asagei biz

石川大我が徘徊していた時間帯が深夜だったこともあり、お酒で泥酔していたのでしょうか。石川大我の行動が完全に輩です。

石川大我の問題行動3「警察抗議のデモに自ら参加」

石川大我のTwitter画像
石川大我のTwitter

3つ目の問題行動は、警察抗議デモに自ら参加していたことです。

2020年5月、クルド人が日本の警察官に首を絞められたり、抑え込まれたりして怪我をしたとして警察抗議のデモが起きました。報道では、実際に警官がクルド人を抑え込んでいる動画が流出しています。

そして、この警察抗議デモに石川大我議員も参加していたのです。

石川大我のデモ参加画像
石川大我のデモ参加画像

実際に、日本の警察が暴力的に、かつ一方的にクルド人にケガを負わせたのであれば大問題です。しかし動画をよく見ると、特に首を絞めるような行動を警官はとっていません。

さらに有田芳生副幹事長の証言から、警察官が一方的にクルド人にケガを負わせたという解釈が間違っていたことが判明しました。

[有田芳生副幹事長の調査発表内容]

  • パトカーを急速度で追い越し、ウインカーも出さずに車線変更する車がいた
  • 道交法違反の疑いで、追いかけ免許証の提示を求めたものの、急発進した
  • 急発進した車は渋滞につかまり、当該人物は車から降りて立っていた
  • 警官が職務質問しようとすると、振り切って歩き出した
  • 車道で危険であったため、身柄を補足した

また一般社団法人日本クルド友好協会も、今回の事件に関して「擁護の余地はない」と発表しています。

流出した動画の前後の背景を知ることで、単純にクルド人が道路交通違反を起こし、職務質問を拒否したことから身柄を補足したという今回の一件。詳しい詳細も知らずにデモ活動に参加していたとなれば、石川大我は大きな問題です。

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました