対馬悠介「小田急線無差別殺傷事件」

対馬悠介の生い立ち「浮気性な父親によく似てる」地元同級生の証言

対馬悠介の生い立ち対馬悠介「小田急線無差別殺傷事件」

小田急線の車内で無差別刺傷事件を起こした対馬悠介(つしまゆうすけ)。對馬悠介はサラダ油を車内に撒き放火もしようと考えていたと供述しています。対馬悠介を高校時代から知る同級生は「以前の彼とは思えない」とコメントしています。

対馬悠介の生い立ちを幼少期から大学中退時期まで詳しく紹介します。また地元や高校の同級生証言から父親や母親などの家族についても紹介します。

対馬悠介の生い立ち1「裕福な家庭で育つ4人家族の長男」

対馬悠介の幼少期顔画像
対馬悠介の幼少期顔画像

對馬悠介の幼少期時代の生い立ちを振り返ります。

対馬悠介の出身地は青森県五所川原市です。自営業を営んでいた父親と優しい母親の間に産まれた対馬悠介は、裕福な家庭で幼少期を過ごします。対馬悠介が誕生した3年後には可愛い弟も誕生し、4人家族の長男となりました。

青森県五所川原市の画像

しかし家族4人での生活は長くは続きませんでした。当時の対馬悠介家族を知る地元住民によると、対馬悠介の父親はかなりの女好きで夜な夜な外出していたとのこと。

「彼(対馬悠介)に聞いた話ですが、対馬悠介の父親は金の羽振りがかなり良い男性だったみたいです。対馬悠介の父親は、毎日のように繁華街へ行き、クラブやバーへ女性に会いに行っていたと言っていました」(地元同級生)

「当時は、父親が毎日のように飲みに出歩いていることに対して、何も疑問に思わなかったそうですよ」(同前)

対馬悠介の父親は、女好きで浮気性だけども母親は何も言うことはありませんでした。家庭内の対馬悠介の父親は、しっかりとお金を稼いできてくれる大黒柱には変わらなかったからでしょう。

しかし、そんな父親に対して遂に母親も許せない事態となりました。対馬悠介の父親の会社経営が傾き始めたのです。会社の経営難により、父親は「お前らも少しはサポートしたらどうだ」「お前らのせいでもあるんだぞ」と家族に当たるようになったといいます。

「会社が上手くいかなかったことに対して『お前らが支えてくれないからこうなった』と言われたこともあったそうですよ。彼(対馬悠介)は面白い話をしているように笑いながら話していたので、別に気にもしていないんだと思います」(同前)

「笑いながらでしたけど『父親のことは大っ嫌い、あんな風には絶対なりたくない』とも言っていました。そこは本音なんだろうなと幼いながらに思いましたね」(同前)

対馬悠介の母親は、流石に我慢できずに父親と離婚。対馬悠介は幼いころに母子家庭となったのです。対馬悠介は母親の実家がある東京都世田谷区へ引っ越して学生生活を送ることになります。

対馬悠介の生い立ち2「高校時代は容姿端麗のムードメーカー」

対馬悠介の高校時代のアルバム画像
出典:文春オンライン

次に対馬悠介の高校生時代の生い立ちを振り返っていきます。

対馬悠介は両親の離婚により、性格がおかしくなってしまったわけではありません。対馬悠介の高校時代の同級生からは「対馬悠介はみんなに慕われる存在だった」と言われています。対馬悠介の出身校は東京都立大学附属高等学校です。

「容姿端麗で、オシャレでイケメン。冗談を言って人を笑わせるのが好きな人物でした。今回のニュースを聞いた時には『まさか』と驚きました」(高校時代の友人)

対馬悠介は本当にイケメン?過去の犯罪者と顔画像比較

確かに対馬悠介の高校時代の卒業アルバムを見ると、仲間たちに囲まれた明るい青年の写真が確認できます。また当時の対馬悠介は女性に恨みを持つどころか、女大好き人間だったことも同級生の証言から明らかとなっています。

対馬悠介の高校時代の顔写真
出典:文春オンライン

「プレイボーイというか、街中の女の子に声をかけることもありました。女好きではありましたが、一人の女性に入れ込むようなことはなかった。それより男同士でつるむことが好きなタイプ。だからこそ、女性に強い恨みを持つようになるなんて、当時のあいつからは想像もできないんです」

引用元:文春オンライン

対馬悠介は、高校時代から徐々に大嫌いだった父親と同じように女好きな血筋が露わになってきているように感じます。そして大学時代には女好きを、さらにこじらせることになります。

対馬悠介の生い立ち3「大学時代は罰ゲームの対象にもなっていた」

対馬悠介の大学時代の顔写真
出典:文春オンライン

対馬悠介の大学時代の生い立ちを振り返ります。

対馬悠介の女好きは大学に入学すると、さらに悪化します。対馬悠介は中央大学の土木建築学科に進学しました。

対馬悠介は大学内でもかわいい女の子を見つけてはナンパを繰り返していました。そのうち大学中で「対馬悠介はチャラい」という印象がつきます。男友達には好かれていた対馬悠介ですが、女友達は次第に寄り付かなくなりました。

そして対馬悠介は、遂に罰ゲームの相手にもなっています。対馬悠介が所属していたテニスサークルの仲間たちが行っていたゲームの罰ゲーム内容が「対馬悠介とデートをする」ということだったのです。

何も知らない対馬悠介は、当時Twitterでも期待に胸を膨らませるようなツイートをしていました。しかし罰ゲームとわかったことで、怒っています。

対馬悠介のTwitter
対馬悠介のTwitter

対馬悠介のTwitterとデート詳細

罰ゲームデートがきっかけだったのでしょう。対馬悠介はその後、中央大学を中退します。女に裏切られた対馬悠介でしたが、中退後もナンパは続けています。

対馬悠介の生い立ち4「大学中退後も中学生にナンパするロリコン男」

対馬悠介の逮捕時顔画像
対馬悠介の逮捕時顔画像

対馬悠介の大学中退後の生い立ちを振り返っていきます。

対馬悠介は大学中退後もナンパを続けていました。それどころか自信をナンパ師と自称しています。20歳を過ぎて久しぶりに対馬悠介と会った高校時代の同級生は、対馬悠介のナンパ行動に引いていました。

「彼は三軒茶屋などの駅の近くでナンパを良くしていたようですよ。『成功率は数%』とも言っていました。ただナンパしていた相手の年齢がおかしくて。対馬悠介がナンパしていた相手の女性は女子中学生や女子高校生だったんです。対馬悠介はもう20歳を超えているのにですよ!正直引きました」(高校時代同級生)

高校時代の対馬悠介は、年下好きやロリコンといった趣味は無かったと同級生は語っています。対馬悠介は大学中退後すでに頭がおかしくなっていたのでしょう。

対馬悠介の生い立ち5「遂に母親にも愛想つかされる」

対馬悠介の顔写真
対馬悠介の顔写真

対馬悠介の近況状況です。

対馬悠介は大学中退後、定職につかずにコンビニやパン工場などの短期的な仕事をしていました。ナンパ師ではお金になりません。

対馬悠介は約10年前から地元の友人や同級生と連絡を取らなくなったといいます。対馬悠介のFacebookやインスタなどのSNSを見ても2013年から更新されていません。

対馬悠介のFacebook画像
対馬悠介のFacebook画像

対馬悠介はなぜ突然に音信不通となったのでしょうか。地元住人は、対馬悠介について振り返ります。

「多分周りが結婚したり、仕事で高い給料を貰い始めたりして劣等感を感じ始めたんだと思うんですよ。彼(対馬悠介)は昔からお調子者でムードメーカーでしたけど、バカにされるのは異常に怒る人でした。『俺キレさせたらやばいよ』とか言ってたくらいですから」(地元同級生)

「確かに『対馬悠介が暗くなった』という話は昔聞いたことがあります。同時に『実家を追い出された』という話も聞いたことあるんです。当時は、実家を追い出されるほど落ちぶれたんだなという印象が強かったですね」(同前)

対馬悠介は、事件の供述で「周りが悪い」など語っています。責任を全て他人のせいにしているのです。このような考え方は、まさに対馬悠介の父親の「会社がつぶれそうなのはお前らのせいだ」と類似しています。

「浮気性で女好きなところといい父親にそっくりになってしまいましたね。あんなに父親のことを反面教師に思っていたのに」(同前)

対馬悠介の母親は、対馬悠介に父親の影を重ねてしまい、一緒に住めなくなったのでしょう。そもそも対馬悠介は既に30代後半の中年男。そろそろ実家を出てほしいという気持ちもあったのだと思います。

対馬悠介は母親と離別していた!詳細明らかに

対馬悠介はどれだけイケメン?過去の犯人と比較

対馬悠介のTwitterアカウントが特定!大学時代のリアルな声

対馬悠介は一人暮らしをするようになり、生活費にも困るようになりました。小田急線通り魔事件を起こす前には度々万引きを繰り返していたことも明らかとなっています。

対馬悠介の万引き画像
対馬悠介の万引き画像

対馬悠介がコンビニや食料品店で万引きをしたものはお酒。生活費に困りながら万引きするのは趣向品であるお酒です。対馬悠介は大学時代の罰ゲームから頭のネジがはずれてしまったのでしょう。

今年に入ってからは仕事をしていないことが多く、調べに対し、「生活保護を受給していた」と話しているという。

引用元:Yahoo!ニュース

対馬悠介は2021年に入ってから、派遣の仕事もしておらず、生活保護を受給していたといいます。30代で生活保護を受ける人生。人のせいにする前に自分で働けよと言う声が相次いでいます。

対馬悠介の自宅画像
出典:文春オンライン

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました