原知佐子はウルトラマンの生みの親の奥さん!シンゴジラにも出演した女優

スポンサーリンク

原知佐子さん84歳(はら・ちさこ<本名・実相寺知佐子=じっそうじ・ちさこ>映画監督故実相寺昭雄さんの妻、俳優)19日、上顎(じょうがく)がんのため死去。葬儀は親族のみで営む。喪主は長女吾子(あこ)さん。

引用元:毎日新聞

2020年1月19日に亡くなった原知佐子さん。ここ数年では表立った活動も確認されていなかった原知佐子さんですが、なんとあの“ウルトラマンの監督”である実相寺昭雄さんの奥さんです。

原知佐子さんについての経歴を紹介

原知佐子さんのプロフィール

  • 本名 実相寺知佐子
  • 生年月日 1936年1月6日
  • 高知県土佐市
  • 職業 女優

原知佐子の代表作と若い頃の写真

原知佐子さんの代表作といえば、山口百恵さんが主演するテレビドラマ「赤いシリーズ」が最も有名です。

また若い頃には「岸辺のアルバム」でも個性的な演技を披露していました。

原知佐子の夫は”ウルトラマンの生みの親”

原知佐子さんといえば、女優業でも活躍していたが、もう一つ大きな特徴がある。

それが夫が日本を代表するヒーロー番組、ウルトラマンの監督だという事だ。

更に原知佐子さん自身もウルトラマンに出演した経歴を持つ。

ウルトラマンの監督である実相寺昭雄さんの妻ということもあり、ウルトラマンシリーズでは、「ウルトラマンレオ」「ウルトラマンオーブ」と数回に渡って出演している。

更に原知佐子さんのウルトラマンでの役が星人だったことも印象的だ。

原知佐子、シンゴジラにも出演

原知佐子さんが活躍していたのは、若い頃だけではない。近年では世界的にヒットした話題作、シンゴジラにも出演している。

怪獣ものに多数出演した大女優、原知佐子

原知佐子さんの経歴・出演作を見ると、ウルトラマンやゴジラなど”怪獣もの”とでも言えるジャンルに多数出演してきた大女優だ。

長い期間に渡り様々な役に挑戦してきた原知佐子さん。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました