エンタメ

メインプレスセンターの食事が高額[海外メディア陣に粗末なおもてなしをする理由]

東京五輪メディア陣のランチが高額エンタメ

東京五輪に取材に来ているフランス人記者regis arnaudのSNSが波紋を生んでいます。ジャーナリストのTwitterには、1,600円とは思えないほどのお粗末なランチ画像がツイートされていました。

この記事ではメインプレスセンター(メディアプレスセンター)の高額ランチ写真を紹介します。また自動販売機で販売されているお茶も高額な理由や、選手村の設備も不足している理由を説明します。

メインプレスセンターのレストランが高額なのに不味そう

東京五輪の取材にきたフランスのジャーナリストがSNSに挙げたランチ写真が話題となっています。仏記者のTwitterには、雑に盛り付けられたハンバーガーとポテト、目玉焼きの写真が載せられていました。

フランスジャーナリストのランチ写真
フランスジャーナリストが挙げたランチ写真

オリンピックの新しいスキャンダル: MPC(メディアプレスセンター) のハンバーガー

ゴムのような肉、冷たいパン、汚い盛り付け、全部で1,600円です。

ジャーナリストの仲間たち、最初に食べなさい

ネットでは「盛り付けは自分でやったんだろ」という突っ込みがありながらも、やはりこれで1,600円は高額です。

コンビニで販売されているハンバーガーと比較すると、その違いは一目瞭然です。コンビニのハンバーガーはこれで200円から300円という値段です。メインプレスセンターとコンビニのハンバーガーの値段を比べるとおおよそ5倍です。サイドメニューがあるとしても高すぎます。

コンビニとメディアプレスセンターのハンバーガー比較画像
コンビニとメディアプレスセンターのハンバーガー比較画像

メインメディアセンターは、東京オリンピックの取材に来ているメディア関係者のための食事スペースです。東京ビックサイト内にあるメインプレスセンターのスペースを使って食事スペースを確保しています。メインプレスセンターでは取った分量で課金するキロレストランシステムとなっており、バイキング形式です。

メディアプレスセンターの食事画像
メディアプレスセンターの食事画像
  • 取った分量で課金するキロレストラン(1kg=3,000円換算)を運営
  • 8時~20時営業(オリンピック時)、テイクアウトも可能
  • 野菜サラダについては、トレー式のほか、包装されたタイプも販売
  • 通常の飲食のほか、スナック類、日用品等も販売

ウイルス感染というリスクもある中、わざわざ来た外国人に対してのおもてなしが酷すぎます。振り返ると、日本のあり得ないおもてなしは、高額ランチだけではありませんでした。

メインプレスセンターのお茶も280円と高額

メインプレスセンターの風景画像
メインプレスセンターの風景画像

メディア陣が食事をするメインプレスセンターが怒りを覚えているのは、ランチだけではありません。メインプレスセンターで販売されているお茶も280円とかなり高額です。近所のスーパーで買えば60円ほどのものもあるのに、完全なぼったくりです。

ビッグサイトを出ればいろんな飲食店があるが、海外メディアは飲食場所も会場内に限られている。MPCの食堂の食事メニューは現在6種類で、最も安いビーフカレーが1000円。自販機は、ペットボトル(500ミリリットル)のお茶が280円もする。

引用元:東京新聞

東京ビックサイトのメインプレスセンターには飲食物だけではなく、日本ならではの土産品も自動販売機で販売しています。内容は招き猫や兜などが販売されていますが、その値段に驚きです。市松模様の招き猫は16,500円と設定してあり、かなり高額です。

メインプレスセンターの自動販売機画像
出典:日刊スポーツ

一つ一つがぼったくりとも言えるような破格な値段でオリンピック関係者に売り出すJOC。さらに海外へのずさんなおもてなしは選手陣にも及んでいます。

選手村には冷蔵庫もテレビも無し「トイレすらも不足」

海外メディアによると、ロシア選手団がいる選手村では致命的な設備不足が指摘されています。選手が泊る部屋には冷蔵庫やテレビが無く、トイレすらも不足している状況だというのです。

選手村の部屋
選手村の部屋

オリンピックが日本で開催されると決定した際の日本では、滝川クリステルを採用して「おもてなしの精神」を猛烈にアピールしていました。

滝川クリステルの顔画像
滝川クリステルの顔画像

しかし箱を開けてみればおもてなしどころではありません。今回の東京五輪で最も豪華なおもてなしを受けたのはIOCのトーマス・バッハ会長くらいなのではないでしょうか。

トーマス・バッハの顔画像
トーマス・バッハの顔画像

バッハ会長が日本で泊っているホテルはオークラ東京で一泊300万の超高級スイートとも噂されます。

2021年1月にJOCが発表した東京オリンピック・パラリンピックの関連予算は3959億円でした。これほどまでに膨れ上がった巨額の予算があるというのに、なぜここまでお粗末なおもてなしになっているのでしょうか。

「やはり無観客形式というところで五輪に関わる収支に大きな影響が出てしまいました。政府やJOCとしては、どこかしらで帳尻を合わせたいところです。しかし帳尻を合わせる場所が王様・バッハ会長関連と言うわけにもいきません。日本のメンツもありますし、表向きには出来るだけ盛大に行いたいところでしょう。そんな中で帳尻を合わせやすい都合の良い場所がまさしくメディア陣だったのでしょう」(所属関係者)

「幸いなことに海外メディア陣の一部は、ルールを無視する人も多い現状です。JOCとしてもメディア陣に対してそこまで罪悪感なく節約することが出来ているのではないでしょうか」(同前)

海外メディアのランチ写真

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました