小室佳代、宮内庁にて数々のあり得ない言動

スポンサーリンク

2020年2月に、小室圭さんと眞子さまの結婚延期から早2年経つ。

これまで結婚に反対していた秋篠宮さまもそろそろ新たな答えが欲しい現状の中、小室圭さんの母であり、金銭トラブルを依然抱えている小室佳代さんは昨年12月に新恋人らしき人物と共に週刊誌に目撃されている。

小室圭の母、ピンクダイヤの指輪を付けてデート!?
2019年のクリスマウスイブに、小室圭さんの母である小室佳代さんが男性と2ショットで出かける場面が目撃されています。小室佳代さんの指にはピンクダイヤモンドの指輪がついている場面も確認されており、新たな恋人が出来ている可能性も高まっているようです。

そもそも小室佳代さんの金銭トラブルが理由で、結婚が延期されているわけだが、秋篠宮さま夫妻も最初から反対を示していたわけではない。

金銭トラブルが判明された後の、小室佳代さんの宮内庁での数々の言動が結果今の形になっているのだ。

今回は、これまでの小室佳代さんの宮内庁でのあり得ない数々の言動をまとめた。

小室佳代、宮内庁で起こしたあり得ない言動とは?

小室佳代、金銭トラブルを宮内庁へ投げる

「騒動を収めたいなら皇室でサポートしてもらえないか」

引用元:女性セブン

この言葉は2017年、金銭トラブルが明るみになった際に小室佳代さんが佳子さまに言った言葉だ。

金銭トラブルが報じられた後、佳子さまは小室佳代さんに電話かけ、説明を求めたという。

これに対して小室佳代さんは佳子さまへ直接の対話を求めたとのこと。

「佳代さんは説明のため、何度か秋篠官邸を訪れたり、宮内庁関係者と連絡を取るなどしたそうです。そこで紀子さまが期待したのは、騒動を鎮静化するための具体的な解決策の相談だったことでしょう。

ところが、佳代さんは返済する必要はないという持論を繰り返し、”騒動を収めたいのであれば皇室でお金をサポートしてもらえないか”と宮内庁側に要求したようなのです。それを耳にされた佳子さまは絶句され、唖然されるばかりだったといいます」

引用元:女性セブン

金銭トラブルは、婚約者からの贈与だったと一点張りの小室佳代さん。

「なんと、この時に小室佳代さんが“眞子さまと圭が結婚できなくていいんですね?”と言いながら紀子さまに対してさらに強く400万円を用立てることを迫ったのです」

引用元:菊ノ紋ニュース

仮にお金の工面が出来ない場合も、逆ギレまでしてしまうと秋篠宮さま夫妻も良い印象を持てるわけがないだろう。

小室佳代は宮内庁に金銭サポートをお願いした

小室佳代、前代未聞の警護

「佳代さんは今でも地元警察署とはしばしば連絡を取り合っているそうです。神奈川にある自宅マンションでの警備を警察に強く要請し、地元警察による巡回と監視カメラでの監視は、結婚延期後の今も続いているといいます。

皇族の婚約内定者ならまだしも、その家族を24時間体制で警備するのは前代未聞のことです」

引用元:女性セブン

金銭トラブルによる週刊誌の問題があるからだろうが、前代未聞の警護は度を超え過ぎている印象を持つ。

小室佳代さんは、息子である小室圭さんが結婚すれば圭さんも皇族になれると勘違いしていた事もあり、実際に宮内庁に質問した経緯もあるという。

結婚延期となった後も、宮内庁へ警備を強く要請している

結婚の有無は今後決まるものの、小室佳代は変わらない?

今回は、秋篠宮さま夫妻が結婚について強く反対する要因をいくつか挙げた。

現在も解決に至っていない金銭トラブルについても、返金する必要は無いの一点張りである。

2020年、小室圭さんと眞子さまの結婚については、何かしらの決定があるかもしれないが、小室佳代さん自体は今後も何も変わらないのかもしれない。

コメント

  1. 宮本さくら より:

    どうしたら、眞子さまの、お目をおさましすることが、出来るのでしょうか?は母親の、佳代のことは、なにも、ご存じないのでしょいか?ご存じなら、破談を、お考えに、なって、当然ですよね。それにしても、最初は、紀子さまも、こんな、素晴らしい方は、いないと言う、ご感想てしたね。小室圭がは、たいした、役者ですね。

タイトルとURLをコピーしました