大宮ネカフェ人質立てこもり事件

大宮ネットカフェの犯人は40代上級国民[電通職員による報道規制か]マンボープラス

大宮ネカフェ人質立てこもり事件

6月17日、大宮駅ソニックシティ前のインターネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」で人質立てこもり事件が発生しています。

大宮ネカフェ人質立てこもり事件の犯人は40代の男性で、電通職員の可能性もある上級国民だという理由を紹介します。

大宮ネットカフェの犯人は40代

大宮ネカフェ立てこもり事件が理由に渋滞している大宮の画像

17日午後4時10分ごろ、さいたま市大宮区桜木町のビル7階にあるインターネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」の従業員から、「女性従業員が客の男に呼ばれ、個室ブースに入ったまま応答がない」と110番通報があった。埼玉県警は、客として入店した男が20代の女性従業員を人質に立てこもったとみて、人質の安否確認を急いでいる。捜査員が男との交渉を試みているが、18日午前0時30分時点で膠着(こうちゃく)状態が続いている。

引用元:Yahoo!ニュース

6月17日の午後、さいたま市大宮区桜木町にあるインターネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」で人質立てこもり事件が発生しています。

ネカフェ従業員の証言によると、犯人に呼ばれた女性従業員が個室ブースに入ったまま応答が無くなり、立てこもっているということです。

女性従業員は20代、犯人は男性だということがテレメディアで報じられています。

未だに20代女性従業員を人質に立てこもっている犯人ですが、犯人の情報もネットで徐々に挙がっています。犯人の特徴の一つが、犯人は40代男性だということです。

大宮ネットカフェ立てこもり犯人の特徴タレコミ画像

大宮の事件、

ネカフェで女性店員さんを人質にして、

40歳代の男性が立てこもりだって?!

あそこ、駅前で車の往来も人も多いし

被害が広がったりしないといいけど

女性店員さんの安否が心配だ

Twitterに挙げられた大宮ネカフェ立てこもり犯人の特徴、真偽は定かではありませんが、まだまだ数少ない情報の中で有力な情報の一つにはなるでしょう。

大宮ネカフェ立てこもり犯人は上級国民

大宮ネカフェ立てこもり犯人の特徴については、ネット上で更に憶測が挙がっています。その一つが大宮ネカフェ立てこもり犯人が上級国民ではないかということです。

犯人が上級国民だと疑惑を持たれている理由、それは大宮駅前のネットカフェ人質事件を公開した多くの報道会社及びネットニュースがニュースの削除を始めているのです。

大宮ネカフェ人質立てこもり事件の削除記事
yよ
大宮ネカフェ人質立てこもり事件の削除記事
大宮ネカフェ人質立てこもり事件の削除記事
大宮ネカフェ人質立てこもり事件の削除記事

上記の画像は、上から読売新聞、産経新聞、GOOニュース、楽天ニュースになります。多くのメディアが報道規制をかけていることから、大宮ネカフェ人質立てこもり事件の犯人がただものではないのでは?と話題になっています。

大宮駅前のマンボーでの人質立てこもり

テレ朝の記事も産経新聞の記事も

なぜか削除されていますね

何かしらの報道規制が入っているのね

多くのメディアに対して報道規制をかけてしまうほどの犯人とはどんな人物なのでしょうか?大宮マンボー立てこもり犯人が上級国民だと言われるのも納得できます。

マンボープラス人質立てこもり事件の犯人は電通職員か

電通の社員の中には、警視総監の子息もいた。そのほか、政財界との「ずぶずぶ」な関係もある。

すべてに網を張っておいて、どこかで問題が生じたら、それを封じるような策が常にどこかにある。

引用元:週刊エコノミスト

マスコミや新聞記者にとって、報道規制がかけられる状況は少なくありません。報道規制がかけられる理由は、あまりにも残酷すぎる事件であったか、もしくは大手広告代理店が関与しているかなどが挙げられます。

特に週刊エコノミストでは、電通がマスコミに圧力をかけて報道規制をかけるパターンも多いと語っています。

今回の大宮ネットカフェ立てこもり事件の犯人に関しては、未だ犯人は立てこもっていることから残酷すぎる事件と結論付ける状況ではありません。

そうなると報道規制されている大きな理由は、やはり大手企業や政府からの圧力がかかっていると考えるのが普通でしょう。

大宮ネットカフェ立てこもり事件の犯人が40代の電通社員だったとするのであれば、マスコミに圧力をかけて報道規制をかけていると言われても不思議ではありません。

マンボープラス大宮西口店の地図

実際、マンボープラス大宮西口店の住所から、電通さいたま支店までの距離を調べてみると徒歩4分の距離であることが判明。電通の社員がインターネットカフェ「マンボープラス大宮西口店」に来ていてもおかしくはないのです。

今後逮捕された際の職業に注目したいところです。

追記:立てこもり犯人に情報を渡さないための規制

大宮ネットカフェ人質たてこもり事件の現場写真

大宮ネカフェ人質立てこもり犯人のニュースが、続々と報道規制となっている理由は、他にも説があります。2つ目の説は犯人に情報を渡さないように警察が報道規制をかけたということです。

男が凶器を持っているかは現時点でわかっていないが、女性には怪我はない模様

男が立てこもってから既に7時間以上が経過していて、

17日午後11時40分現在も、警察官による説得が続けられているとみられる

とりあえず女性はまだ無事なんやな

どうやら大宮ネカフェ立てこもり犯人と警察はこまめに連絡が取れている状況ではあるようです。そして人質になった20代女性もケガが無いと断定していることから、個室の壁越しに女性の声名が確認出来たのでしょう。

ではなぜ報道規制が起きたのか。犯人が立てこもっている環境はネットやテレビが自由に繋がるインターネットカフェです。ネット内で徐々に犯人の素性が特定される報道が起きれば、犯人としても焦りが発生し、未だ無事である20代女性に危害を加える可能性だってあります。

警察としては、ネットやテレビで犯人の情報が出回り、焦った犯人が最悪の行動を取るということを危惧しているのでしょう。

しかしネット上ではツイキャスやニコ生などで立てこもり事件が起きている大宮ネットカフェ近辺の実況生中継をしているユーザーもいるようです。犯人も徐々に追い詰められている可能性があります。

追記:大宮ネカフェ立てこもり事件は残酷な事件か

未だに犯人の逮捕に至っていない事件、6月17日時点では、人質となっていた女性も無事だという情報が公開されていましたが、既に6月18日となっています。

そろそろ大宮ネットカフェ立てこもり事件が起きてから24時間が経過しようとしている状況。ニュース報道では、立てこもっている個室は1畳ほどの狭いスペースであるということも報じられています。

非常に狭い部屋で犯人と二人きり。丸一日経過するということは、トイレはどうしているというのでしょうか。

ネット上では、既に女性は性的な被害を受けているという憶測も経っています。たしかに1畳という狭い部屋で20代の若い女性とおじさんが二人っきり、しかも逮捕されるかもしれないという生命の危機にもなっています。

まぁ確実にセ〇〇スはしてるやろうな

中〇〇3回以上はされている

店員は男の子を身ごもって育てるんだろうな

女性が全くなにもされていないと考えるには難しいかもしれません。仮に20代女性が性的被害を受けていなかったとしても、トイレは犯人の前で公開トイレしないといけない状況です。それだけで若い女性にとってはかなりの辱めであることは間違いないでしょう。

警察は、大宮ネットカフェ人質立てこもり事件が、かなり残酷な事件に最終的になると考えて事前に報道規制をかけていた可能性があります。

報道規制をかけた理由は上級国民なのか、それとも残酷な事件となってしまったからなのか、どちらにしても立てこもり事件が数日続くとは思いません。真相はもうすぐ明らかとなるのでしょう。

大宮ネットカフェ人質立てこもり事件[概要]

埼玉県警察本部によりますと、さいたま市大宮区にあるインターネットカフェで、男が20代の女性従業員を人質に取って立てこもっているということです。

引用元:NHKニュース
  • 6月17日の午後4時頃にマンボープラス大宮西口店の従業員から通報があった
  • 午後2時に個室ブースに呼ばれた20代女性店員が帰ってこない
  • 犯人は女性を人質にインターネットカフェで立てこもっている
  • 現場はJR大宮西口から約200mほどの繁華街
  • 犯人が立てこもっている個室は鍵がかけられており、事態は膠着している

大宮で事件が起きてて

規制がかかっているので

全ての車が迂回している

バスも来ないよ

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました