エンタメ

桐生ココの引退理由[運営裏切りの数々が中国炎上背景にあった]

桐生ココの引退理由エンタメ

VTuberの桐生ココが、バーチャルYouTubeグループ「ホロライブ」を引退することを発表しました。桐生ココはファンから卒業理由を問われると「言えないことがとっても多い」と説明しています。

桐生ココの引退理由が、中国炎上と思いきや運営カバーの裏切りと嫌がらせ行動の数々であること。そして卒業後も、中の人(kson)としても魅力的な人物であることから独立することを紹介します。

桐生ココの引退理由は中国の炎上問題

6月9日にVTuberの桐生ココから大事なお知らせというテーマで配信がありました。桐生ココといえば2020年投げ銭ランキング世界1位を取った超有名なVTuberです。

動画内では「声がガサガサなのは気にしないでくださいね」と言いながら始まった動画配信。桐生ココは配信で「桐生ココはホロライブを卒業することになりました」と発表しました。

桐生ココはファンから卒業する理由を問われると「理由につきましては、えー、ちょっと言えないことがとっても多いので、皆さんには言わないことになります」と答えています。

しかし桐生ココファンにとって、引退理由と言えば、あの問題しかありません。そうです、中国炎上問題です。まずは桐生ココの中国炎上問題について詳しく説明していきます。

桐生ココが中国に対して不適切発言をした

桐生ココと赤井はあとの顔画像

桐生ココと赤井はあとの生放送配信で問題は起きました。桐生ココが自分のYouTubeチャンネルの統計データを公開。公開されたデータは視聴者層に関する情報でした。公開されたデータには、視聴者数が多い”国”として台湾が表示されてしまったのです。

問題が起きた桐生ココの生放送は朝ココとして配信、中国にもbilbil動画にミラー配信されていました。中国にとって台湾問題は非常に繊細な問題で、台湾を国として表現するということは、中国にとって挑発行為と捉えられてしまいます。

朝ココの配信は、わざとではなかったとしても、台湾を国として表現するようなデータを公開した桐生ココに中国人からの怒りがぶつけられたのです。

中国と台湾の繊細な問題に触れてしまった桐生ココは、約2週間後の6月28日に活動休止と運営から発表がありました。

しかし桐生ココが活動休止するという発表が起きるまでに、炎上は更に熱を帯びることになりました。

桐生ココが中国人のコメントをブロック

ちょこ先生の顔画像

確かに桐生ココは、中国に対して触れてはいけない問題に触れてしまいました。しかし過去には、ちょこ先生やはあちゃまも台湾について触れることはありました。ではなぜ桐生ココだけこれだけ炎上したのでしょうか?

桐生ココは、ホロライブから活動自粛を発表されるまでは、配信を続けていました。台湾発言問題から約2週間の間です。その間に、中国側からはもちろん謝罪と説明を求められるコメントが続々と届いています。スパム的なものも含まれていたのでしょう。桐生ココは自身の配信でのコメント機能をメンバー限定に変えました。

結果、中国サイドからのコメントをブロックした形となったのです。桐生ココとしては、ある日突然に大量の非難コメントが届けば、それは対処するでしょう。嫌がらせのコメントも含まれているなら猶更です。しかし中国サイドから見ると、コメントの制限が更なる挑発行為とみなされてしまったのです。

桐生ココの炎上は運営の対処で更に広がる

桐生ココの顔写真

桐生ココの炎上問題は更に広がります。理由は運営の対処方法でした。桐生ココの中国・台湾炎上問題により、bilbilの動画配信では1カ月の間、ホロライブ配信が停止する対処をしています。

別に桐生ココの行動を問題視していなかった中国人でも、大好きなVTuber配信が突如配信されなくなる事態により、怒りの矛先は桐生ココに向けられたのです。

こうして桐生ココの炎上は更に広がる形になり、活動休止後の配信では、メンバーシップになってまであらしコメントをするユーザーも出てきたのです。

長く続く中国人からのあらしに収集がつかなくなり、今回桐生ココが引退したのではないかという推測がネットで出回っています。

しかし桐生ココの炎上問題に対して更に深堀していくと、桐生ココの引退理由が運営「カバー」にあることがわかっていきます。

運営の裏切り1.桐生ココ自身からの弁明を阻止

ホロライブの声名

桐生ココの炎上行動から約2週間経過した6月28日に、ホロライブの運営「カバー」から桐生ココの活動休止が発表されました。同時にカバーからは、「一部地域在住の方に対する配慮に欠けた発言があった」として謝罪文も公開されました。

ネットでは、桐生ココから直接謝罪されていないなどのコメントも寄せられていましたが、桐生ココ自身は直接謝罪したかったのです。桐生ココの謝罪は運営から阻止されていました。その理由は運営のミスを公にしたくなかったからです。

桐生ココの配信画像

実はホロライブを運営するカバーでは、中国や台湾・チベットなどの国としての問題への配慮をVTuberの中の人たちに説明していませんでした。なぜ説明していなかったのかわかるのかというと、上述でも説明したように、ちょこ先生やはあちゃまも同じように台湾の問題に触れていた経緯があるからです。

当時運営カバーは、今後このようなことが無いように注意していくと、再発防止を約束していました。そしてその度に、問題の配信動画を非公開にしていくといった経緯があるのです。

そして今回の桐生ココの問題行動も、当時桐生ココは知らなかったと言います。つまり運営から何も説明がないまま、運営公認の配信をしていたということになります。

運営カバーとしては、中国で主流となっている動画配信サービスbilibiliにもカバーで配信するのですから、bilibiliの規約もしっかりとVTuber達に説明する義務があります。運営カバーはそれを怠ったということです。

桐生ココから直接謝罪配信されることになれば、運営がしっかりと説明をしていなかったことが直にわかってしまう。運営は、非難されることを恐れて桐生ココ自身の謝罪配信を阻止したと言われています。これは桐生ココにとって、運営の裏切りの一つになります。そして運営の裏切りは更に続きます。

運営の裏切り2.桐生ココは腫れもの扱いされることに

桐生ココの卒業画像

中国人から非難やあらし、時には殺害予告まで届くことになってしまった桐生ココ。運営としても、そのようなVTuberを取り上げられることはできません。

炎上行動後の運営カバーは、桐生ココを公式放送に呼ばない、案件を回さない、コラボを実現させないなど腫れもの扱いをするようになります。

そして運営カバーと桐生ココの溝が明らかとなったのが、桐生ココが100万人達成した際に運営からプレスが出なかったことです。後に運営の言い訳としては「桐生ココを守るため」と弁明しているようですがそれまでの態度から考えても、運営側が桐生ココをハブいたのは間違いないでしょう。

桐生ココだけカバーから100万人通知が無かったり

桐生ココのモデレーターに嵐が採用されたという事実は無くならないけどね

そこを無視してる人たちはどういう解釈なんやろ

そして運営カバーは、桐生ココに対してある嫌がらせを行うことになります。

運営の裏切り2.モデレーターを大量投入

運営の更なる裏切り行為、それはモデレーターを大量投入したことです。どういうことか詳しく説明していきます。

桐生ココは、止まらない荒らしをNGリストにするために情報を運営に抽出していました。ところが運営カバーはあろうことか、荒らしのIDすべてをモデレーターに登録してしまったのです。

桐生ココの怒り

運営さんに荒らしの情報を抽出して

NGリストに入れて頂く作業をお願いしていたのですが、

あろうことか荒らしのIDを

全てモデレーターに登録されました

非常に憤っております

桐生ココに対する荒らしたちを全員モデレーターに登録してしまった運営カバー。荒らしがモデレーターになったことで、桐生ココのファンたちは次々とブロックされる問題が発生しました。

[おしらせ]

桐生ココのチャンネルにおいて、弊社の手違いにより、

一部ユーザーが誤ってブロックされた可能性が見つかりました

「コメントができない」等、ブロックされた状況が確認された場合、大変恐れいりますが、

下記問い合わせフォームよりご連絡くださいませ

運営カバーは、弊社の手違いとして公表していますが、大量の荒らし情報を間違ってモデレーターにするというミスなどしてしまうのでしょうか?ネットの一部では、発表直後から、運営カバーが、わざと荒らしをモデレーターにしたと考える人もいました。

そして運営がわざと荒らしをモデレーターにしたと裏付けられる情報も浮上します。

それは運営カバーは、世の中に謝罪のメッセージは公開するものの、肝心の桐生ココとはその後連絡をしなかったと言います。更に運営のミスでファンがブロックされたにも関わらず、運営はその後ブロック解除をしなかったと言います。

桐生ココのTwitterでは、「私が手作業で直します!」と、運営がなにも手伝っていないことを明かしていました。これは運営に連絡しても返答が来ない、もしくは行動が遅いなどの非協力的な態度の表れでしょう。

桐生ココのTwitter

やった!

誤BANされていた方が書き込めるようになっていく!

BANされている可能性あるURL教えてくれましたら、

私が手作業で直します!

多分運営さんに報告するより早いです!

是非教えてね!

そして運営がわざと荒らしをモデレーター登録した理由。それはカバーにとって、やっかいものとなってしまった桐生ココを追い出したいという表れだったのでしょう。桐生ココとしても運営に対する不信感は更に高まったといいます。

桐生ココが運営の態度に遂に涙する

桐生ココが泣く画像

2月11日の配信では、桐生ココが荒らしによる攻撃と、運営の裏切りに対して遂に涙すると言った場面が配信されました。

  1. 桐生ココが配信中に黙り込む
  2. 桐生ココの異変に気付いたかなたが部屋に入り、慰める
  3. かなたさんの優しい言葉がきっかけで桐生ココは号泣する
  4. 桐生ココとかなたは一緒に食事をして気分を切り替えることにする

桐生ココは2月の時点で、既に心が折れていたのかもしれません。そもそも桐生ココと運営は、収入問題もあります。ホロライブと所属VTuberから50%の売り上げを徴収していると言います。

世界ランク1位を取ったこともある桐生ココの場合、運営カバーは、約5000万円を超えるマネージメント料を徴収しているはずです。

十分に甘い汁を吸ってきた運営なのに、都合が悪くなったら厳しい対応をとり、遂に桐生ココは卒業。そして桐生ココとしても引退理由は「いろいろあるけど言えないことが多い」ということになるのでしょう。VTuber社会の黒い社会が、桐生ココを追いやったのです。

しかし桐生ココとしては、今後一人でも十分にやっていけるほどの実力と人気を持っているVtuberです。更に桐生ココの中の人は、話し方や声の質からksonさんと噂されています。

桐生ココ単身でも十分に魅力的なVTuberですが、仲の人であるksonさんも美人でナイスバディです。どうやっても今後一人で独立して活躍できることは間違いありません。今回の卒業で運営の黒い行動が露わになり、荒らしが消えることを祈りたいですね。

ksonの顔画像

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました