岡庭由征(よしのり)茨城一家殺傷事件

岡庭由征は千葉商科大学付属高校「同級生はサイコパス演じてると思っていた」三郷市

岡庭由征の高校は千葉商科大学付属高校岡庭由征(よしのり)茨城一家殺傷事件

茨城一家殺傷事件の犯人として、三郷市に住む岡庭由征(おかにわよしゆき)が逮捕されました。岡庭由征には通り魔事件や警察手帳偽造などの前科があります。

岡庭由征が岡庭吾義土として通っていた高校は千葉商科大学付属高校。トラブルが重なり自主退学後に編入した通信制の高校はどこだったのか調べていきます。

岡庭由征(おかにわよしゆき)は千葉商科大学付属高校に入学

岡庭由征は茨城県境町の住宅にいた小林美和、小林光則夫妻を殺害し、長女と次女にもケガを負わせたとして逮捕されました。

小林光則と小林美和の顔画像

岡庭由征は約10年前に少女通り魔事件の犯人として一度逮捕されていました。しかし未成年であった岡庭由征は、当時16歳だったこともあり、少年法に守られます。また広汎性発達障害の診断も受け、医療少年院に入院していた経歴があります。

残酷な胸糞事件を繰り返す岡庭由征は、高校時代から既に狂気を帯びていたようです。通り魔事件を起こす前から、近所の簡易トイレや車を放火したり、猫を殺し生首を高校に持ち込んだという話もあります。

岡庭容疑者は、事件を起こす前には近所の簡易トイレや車に放火をしたり、猫を殺害し、生首を学校に持ち込むなどしたこともわかっています。

引用元:文春オンライン

岡庭由征は、猫の生首を高校に持ち込んだり、放火を繰り返したことから、当時通っていた千葉県の高校を自主退学しています。岡庭由征が当時通っていた高校を調べてみると、千葉商科大学付属高校という情報がネットで出回っています。

岡庭は偏差値43高(千葉商科大付属高の商業科)

岡庭由征が事件前に通っていた高校は千葉商科大付属高校の商業科だったことが判明しました。

岡庭由征は千葉商科大学付属高校

千葉商科大学付属高校の住所は「千葉県市川市中国分2丁目10−1」です。対して岡庭由征の実家の住所は「三郷市鷹野4丁目」となっています。

岡庭由征の実家特定!写真も公開

岡庭由征の実家から、千葉商科大学付属高校までの距離は約7キロです。歩けば約1時間半、電車を使えば1時間でたどり着ける距離です。自動車を使えば更に早く、約15分で千葉商科大学付属高校に辿り着くことができます。

岡庭由征の千葉商科大学付属高校時代エピソード「クラスメイト嘘だと思ってた」

岡庭由征が千葉商科大学付属高校を退学した理由。それは週刊誌やネットニュースで語られているように、猫の生首を高校に持ってくる、近所で放火を繰り返していたことが原因です。更に具体的な詳細を当時の同級生から話を聞かせて貰いました。

岡庭由征の中学校卒業アルバム

岡庭由征の整形後がマスク取ってもイケメンだった

「岡庭吾義土(岡庭由征)は中学生時代から猫の死体などグロテスクな動画を、携帯メールでクラスメイトに送っていました。ある日、岡庭吾義土がいつものように猫の死骸を見せつけてきました。岡庭吾義土は『これ、俺が殺したんだよね』と自慢そうに話していたことを覚えています。クラスメイトのほとんどは、岡庭吾義土が言ってることは嘘だと思っていました。『じゃあ、その猫持ってきてみろよ』とクラスメイトの1人が岡庭吾義土に言ったんです。そしたら本当に次の日にビニール袋に入れて猫の生首を持ってきたんですよ。異臭も凄くて学校中ですぐに問題となりましたよ」(同級生)

「猫の生首を持ってくる前から、何かと犯罪写真(車やトイレ、バイクなどの放火後写真)を見せつけて『俺が燃やしたんだよ』って言ってました。その時はみんな全然信じてなかったんだと思うんですけど、猫の生首を本当に持ってきたんで、放火っていうのも全部本当かもってクラスで噂になってました。結局猫事件が起きてから岡庭吾義土(岡庭由征)はすぐに退学してましたね。そのあと何も話も出来ずに消えたので結局放火も本当かどうか聞くことは出来ませんでしたよ、本当だったんですね」(同級生)

学校での話題はすぐに地元全体の噂となっていました。スポニチの取材にて地元の人からも猫を殺害していたエピソードが確認されています。

当時「最初は遊びのつもりでネコを殺していたが、対象が動物から人間、女の子に変わった」とも供述。三郷市にある実家の近隣住民によると、小学校時代から動物虐待の目撃情報があり、高校では切断したネコの首を持ち込むトラブルもあったとみられる。

引用元:スポニチアネックス

千葉商科大学付属高校のクラスメイトは、岡庭由征のことをサイコパスを演じる陰キャだと思っていたようですね。

千葉商科大学付属高校としても、とんでもないサイコパスが入学してきて災難でした。高校の風紀が一気に乱れてしまったのではないでしょうか。

岡庭由征は千葉商科大学付属高校退学後、通信制の高校へ編入

当時、通信制高校に通っていた16歳の岡庭容疑者は、2011年11月18日、三郷市内で下校中の中学3年生の女子生徒に自転車で背後から近づいたのち、無言であごを包丁で突き刺した。さらに翌月1日には隣町の千葉県松戸市内にて小学2年生の女児のわき腹を複数回刺す凶行に及んだ。どちらの被害者も重傷で、岡庭容疑者との面識はなかったという。

引用元:文春オンライン

岡庭由征は千葉商科大学付属高校を自主退学した後に通信制の高校へ通っていたようです。岡庭由征が編入した通信制の高校とはどこだったのでしょうか?埼玉県三郷市近辺の通信制高校をリストアップします。

  • 興学社高等学院
  • 学校法人KTC学園 KTCおおぞら高等学院 柏キャンパス/通信制高校サポート校
  • 勇志国際高校千葉学習センター
  • トライ式高等学院 柏キャンパス(通信制高校・サポート校)

岡庭由征が編入した高校は通信制ということもあり、実家から近い高校では無かった可能性もあります。しかしこの中で興学社高等学院と勇志国際高校千葉学習センターは、岡庭由征が10年前に小学2年生の腹を切りつけた住所と同じ千葉県松戸市です。関係性があったのかは不明です。今後判明次第、追記・更新していきます。

岡庭由征は通信制の高校へ編入直後に、通り魔事件を起こしました。

当時高校二年生だった岡庭由征は、逮捕後の供述にて「動物を殺すだけでは満足できなくなった、次は人間だと思った」と話しています。

茨城一家殺傷事件の概要

岡庭由征の弟は兄を超えるサイコパス

岡庭由征の2021年マスク無し顔画像が発見

  • 2019年9月23日に、茨城県堺町の住宅で殺人事件が起きた
  • 被害者は住宅に住む小林光則、小林美和、小林夫妻の長男と次女の4人
  • 小林光則と小林美和は死去。子供たちも重軽傷を負った
  • 2021年、茨城一家殺傷事件の犯人を特定、埼玉県三郷市に住む岡庭由征を逮捕した
  • 岡庭由征は10年前にも少女連続通り魔事件を起こしていた
  • 2011年の事件では、岡庭由征がまだ未成年であることから少年法が適用。医療少年院に入れられただけであった。

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました