廣瀬さあや自殺事件

金子圭一は北教組でいじめを隠蔽「旭川市共に偏った思想」

金子圭一校長の勤務先廣瀬さあや自殺事件

旭川いじめで廣瀬爽彩さんを隠蔽した疑いがある金子圭一(かねこけいいち)元校長。現在は剣淵町の教育委員会学校教育指導員に天下りしています。

金子圭一が北海道教職員組合(北教組)で、旭川市長の西川将人も共産党寄りだという事実から、旭川市全体がいじめに対して隠蔽体質であることを説明します。

金子圭一は北教組だからいじめを隠蔽する

――学校の認識として、イジメはなかったという事ですか?

「そうですね。警察の方から爽彩さんにも聴取して、『イジメはありません』と答えてます。それは病院に警察が聴取に向かって、聞き出したことで、学校が聞き出したことではないです。実際にトラブルがあったのは事実ですけど」

――改めてトラブルがあったのは事実だが、イジメではないということですか?

「何でもかんでも、イジメとは言えない」

――男子生徒が当時12歳の少女に自慰行為を強要して撮影することは犯罪ではないですか?

「当然悪いことではあるので、指導はしていました。今回、爽彩さんが亡くなった事と関連があると言いたいんですか? それはないんじゃないですか」

引用元:文春オンライン

金子圭一元校長先生は、廣瀬爽彩さんがいじめられていた当時の北星中学校の校長教師です。文春オンラインを中心に、旭川市立北星中学校で起きたイジメ問題の詳細が、少しずつ明らかとなっているにも関わらず、金子圭一は取材に対して「いじめは無かった」と公言していることに驚きです。

金子圭一のすました顔がムカつく

金子圭一の隠蔽テクニック集

2021年4月末には旭川市の教育員会も、北星中学校に対して第三者機関を設けながら調査を進めると発表がありました。しかし未だに具体的な調査は進んでいないことが現状です。

また4月26日には北星中学校自体で、保護者に向けた緊急説明会が開催されていました。

北星中学校の緊急説明会、招待用紙

北星中学校の緊急記者会見では平日の19時から開始だというにも関わらず100人を超える保護者が参加したようです。しかし北星中学校の緊急記者会見には肝心の金子圭一は出席していません。北星中学校の現校長の話では、「現在は北星中学校の職員ではないから」という理由です。理由になっていません。肝心の加害者が参加せずに、何の説明をするというのでしょうか。

「2年前にいた校長先生は、今日この場にいらしてないんですか? なぜですか?」(1年生の母親)

「来ておりません。お気持ちはよくわかるんですけども、いま本校の職員でないので、そのような状況にはならなかったです。大変申し訳ございません」(校長)

引用元:文春オンライン

北星中学校の緊急記者会見のテーマは「北星中学校で廣瀬爽彩にいじめがあったのか」ということです。一番返事を貰いたい金子圭一が不在は許せません。むしろ被害者側を挑発している行為と一緒です。

説明会でだんまりの菅野美里の顔がムカつく

中村岳教頭の教育論が熱い

旭川教育員会も「いじめがあったことを前提に」調査を進めている状況。日本全国の国民が、金子圭一が校長を務める北星中学校でいじめがあったと思っています。それなのになぜ金子圭一は未でもいじめを認めていないのでしょうか。

その一つの理由が北海道の教育組織にあります。金子圭一は北海道教職員組合(北教組)に所属する人間だったのです。

北教組と言えば共産党、いわゆる左側の思想を強く持つ教師たちが大勢いる組織だということでも有名です。そして北海道の教育は北教組が牛耳っているといっても過言ではないのです。

北海道では過去にも数回大きないじめの事件が発生しています。

  • 1996年に旭川中学生集団暴行事件
  • 2005年に滝川市立江部乙小学校自殺事件

過去にも数回起きていたいじめ問題。地元誌によると、旭川市教育委員会は、過去のイジメを教訓に、いじめが起きた際の迅速な対応を旭川市の学校へ求める動きを行っていたようです。

メディアあさひかわのイジメ内容
  • 旭川市では、過去のイジメ事件を反省。市教委では反省を踏まえ、学校側と連携した迅速な対応を心がけていると発表していた
  • 対する北星中学校はまったく対応してこなかった

そしてもう一つ別の話題を確認することができました。北教組は道内の学校に対して、いじめ実態調査に協力しないように指示していました

ネットでは、「北教組は何故いじめ調査に協力しない?」という声も沢山確認されています。

北教組はなぜいじめ調査に協力しない

北星中学校も、金子圭一が北教組であることから、いじめ調査に協力しなかったということになります。そして北海道の教育現場が旭川市教育委員会と北教組の力関係が明確に形になった問題にもなります。北海道では、現在第三者委員会を加えて調査している市教委よりも、いじめの捜査に非協力的な北教組が強いというのが現状です。

突撃ユーチューバーの逮捕で北星中学動き出す

中山岳教頭が記者会見でも偉そうに出来る理由

旭川市長も北教組と協力して隠蔽

更に旭川市として、廣瀬爽彩さんにいじめがあったかどうかの事実確認が遅い理由。それは旭川市長も同様に北教組寄りの考え方を持っているからということでしょう。

西川将人の顔画像

旭川市の現市長である西川将人(にしかわまさひと)は4期を務める市長です。そして西川将人は共産党に応援されている市長でもあります。

北教組も同じく共産党寄りの考えを持った組織です。つまり西川将人市長としても、北教組のいじめ隠蔽に対して、あまり強くものを言えないところがあります。

廣瀬爽彩さんのイジメ問題は、金子圭一が個人で隠蔽しているわけではありません。北星中学校が組織的に隠蔽しているというわけでもありません。北教組を軸とした旭川市全体が、廣瀬爽彩さんのイジメを隠蔽しようとしている、もしくはいじめを暴くことに消極的になっているのです。

廣瀬爽彩さんの肉声、将来を願う声

【独自】市教委へ突撃電話

旭川14歳少女いじめ殺人事件の概要

  • 2019年に廣瀬爽彩さんは北星中学校に入学
  • 廣瀬爽彩さんは、自閉症もあり、友人が出来なかった
  • 塾に行く前に立ち寄っていた公園で、加害者A子と出会い、仲良くなる
  • A子の友人であるB男とB男とも一緒に、荒野行動をする仲になる
  • 加害者情報の真実とデマ
  • 廣瀬爽彩さんにいじめをするようになる
  • A子たちは次第に廣瀬爽彩さんは母親に相談
  • 母親は、北星中学校の担任、菅野美里に相談するも「デートがあると断られる」
  • 菅野美里のくそったれ発言詳細
  • 菅野美里のにやけ面がむかつく
  • 廣瀬爽彩さんへのイジメはヒートアップする。性的ないじめも受けるようになる
  • 廣瀬爽彩さんは、ウッペツ川に飛び込む
  • 旭川市の警察が動き出す
  • 加害者C男は「母親が虐待していた」と嘘をつく
  • 嘘はバレるも、少年法により加害者グループは厳重注意で終わる
  • 廣瀬爽彩さんの母親は証拠である卑猥な画像を、中村岳教頭に見せる。教頭は自分のスマホで写真をとる
  • 廣瀬爽彩さんは、別の中学校に転校するも、不登校となる
  • 2021年2月、廣瀬爽彩さんは失踪し、行方不明
  • 2021年3月、廣瀬爽彩さんは遺体として公園で発見
  • 文春オンラインがいじめ事件の詳細を公表する
  • 金子圭一校長はいじめは無かったと公言
  • 金子圭一のメガネが腹立つ
  • 北教組はWikipediaにも影響を及ぼす
  • ネットでは加害者特定が進む
  • 突撃系Youtuberがやりすぎて逮捕
  • ユーチューブに加害者友人出演
  • 折原の残した傷跡
  • 旭川市の教育委員会が遂に調査に乗り出す
  • 北星中学校が緊急説明会実施するも、煮え切らない返答

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました