政治

倉持麟太郎の元嫁(妻)顔画像「美人客室乗務員との出会いも不倫」文春

倉持麟太郎の元嫁顔画像政治

文春オンラインで山尾志桜里衆院議員が倉持麟太郎弁護士との不倫密会が報じられました。倉持麟太郎の元嫁(妻)は既に自殺していることが明らかとなりました。

倉持麟太郎元嫁の顔画像やインタビュー写真について。倉持麟太郎元嫁が元客室乗務員で大動脈狭窄症だったことで子供連れ去りの内容を紹介。

倉持麟太郎の元嫁(妻)顔画像

倉持麟太郎の元嫁といえば、倉持麟太郎に離婚を申し込まれ、親権さえも奪われた女性です。2021年4月の文春オンラインでは、倉持麟太郎の元嫁が自殺していたことを明らかにしています。

そもそも倉持麟太郎といえば、国民民主党の山尾志桜里とダブル不倫関係にあったことが週刊誌に報じられた人物です。不倫されながら、愛する子供も奪われた母親の道は死しかなかったのでしょうか。今回は山尾志桜里元嫁の顔画像を紹介していきます。

倉持麟太郎の元嫁顔画像

倉持麟太郎の元嫁は、過去にスポニチの取材を受けていました。内容は①倉持麟太郎に対して慰謝料を請求したいということ、②奪われた子供に会いたいということをコメントしていました。

対して倉持麟太郎は、メディアへの取材を受けた場合、今後一切子供には合わせないと書面で記載していました。倉持麟太郎の元嫁は2020年に自殺で亡くなっていたようです。倉持麟太郎の元妻の希望である慰謝料や子供への再開は叶わなかったのでしょう。

生きる証とも言える可愛いわが子を、言いくるめられたからだとしても自分の病気のせいで連れ去られたと考えれば生きる気力も生まれてきません。しかも子供と会えないのが法に定められたものだとしたらどうしようもできない。理不尽な法の壁が倉持麟太郎元嫁の死を更に早めることになってしまいました。

しかし倉持麟太郎としては、それだけ倉持麟太郎の元嫁のことが嫌いになっていたのです。離婚後も、まだ幼い子供と面会させるとなると、もちろん保護者の倉持麟太郎も行かなければならない。それは倉持麟太郎と倉持麟太郎の元嫁が再び顔を合わせるということです。もう顔も見たくない倉持麟太郎にとってはストレスになる行為です。

倉持麟太郎の元嫁姿写真

昨年9月に立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)とのダブル不倫疑惑が報じられた倉持麟太郎弁護士(35)の元妻(34)が25日、スポニチ本紙の取材に応じた。

引用元:スポニチアネックス

倉持麟太郎の元奥さんのスポニチ取材は2018年3月に公開されています。当時の倉持麟太郎の元夫人の年齢は34歳だということから、2021年37歳になる年だったのでしょう。自殺をしたのは36歳の時ということになります。

そもそも倉持麟太郎の元嫁が、不倫した倉持麟太郎に親権を奪われた理由は、倉持麟太郎の元嫁が大病を患っていたからです。その病気とは左脳大脳動脈狭窄(きょうさく)症だということもスポニチアネックスで告白していました。

元夫人は「左脳大脳動脈狭窄(きょうさく)症」を患い、生活が大変だったこともあり、倉持氏が息子の親権を持った。そのため元夫人は週3日、息子と面会して成長を見守ってきた。それが突然、倉持氏から面会を拒否された。

引用元:スポニチアネックス

倉持麟太郎の元嫁顔画像を改めて見ると、アラフォーながらもスタイル良く、スラッとした脚が特徴的な女性だということがわかります。左脳大脳動脈狭窄症の症状は主に運動麻痺、感覚鈍麻など挙げられますが、倉持麟太郎の元嫁顔写真からは、全くの健常にさえ見えてしまいます。

倉持麟太郎の元嫁としても、親権を争っていた当時には病気の治療に専念している時期であったそうです。仕事も辞め、実家に療養のために帰っていた倉持麟太郎の元嫁は子供を養うことが出来るのかと自問自答したそうです。相手の弱さに付け込むことも弁護士の技量の一つなのでしょう。倉持麟太郎は弁護士としてのテクニックをフル活用しながらなんとか離婚をしたかった。しかし倉持麟太郎としても子供は愛する存在。経済力がある倉持麟太郎が育てた方が、子供としても不自由ない生活ができると考えたからです。

しかし倉持麟太郎自身が山尾志桜里と不倫をしておきながら、さぞ理論的な発言で倉持麟太郎の元嫁を論破したと考えたら怒りが止まりません。そんな声が大衆から聞こえてきそうです。倉持麟太郎としても、愛する子供のために行った行為なのです。

くらもちりんたろうの元妻顔写真

倉持麟太郎の元嫁顔画像を調べていくと、テレビのインタビューに出演した際の倉持麟太郎の元嫁顔画像を発見しました。病気の療養のために実家に帰っていた理由は、なんと倉持麟太郎の勧めからでした。倉持麟太郎は親権を確実に手にするために、あえて倉持麟太郎の元嫁顔を実家へと勧めていたのでしょうか。「事実だとすれば許せません」ネットでは倉持麟太郎への批判の声も多く挙がっています。倉持麟太郎は、弁護士として、一人の父親として確実に安全に子育てをしたかったのです。

実家に療養で帰らせた時に引き離して
夫実家で養育実績作った上に
「母親は精神的に不安定」を

猛アピールしたんじゃなかろうか

kuramochirintaro Ex-wife image

こちらは倉持麟太郎の元嫁がフジテレビ系列のメディアに出演した際の顔画像です。倉持麟太郎の元嫁の横から見る姿勢からわかる通り、非常にスリムな体型であることがわかります。

倉持麟太郎の元嫁は、元々キャビンアテンダント(CA)だったことがネットの情報で明らかとなりました。客室乗務員だった倉持麟太郎の元嫁の馴れ初めはなんと浮気でした。当時、倉持麟太郎には別に婚約している女性がいたようです。しかしCAの元嫁と出会ったことにより、婚約不履行になりました。

倉持麟太郎は昔から女性をとっかえひっかえしていた女癖の悪い男性だったことは事実です。弁護士という職業から多くの女性から好意の目で見られてきました。

乗っ取り婚が悪いとは言いませんが、倉持麟太郎の元嫁を自殺に追いやった罪は重いです。子供のためにも母親と定期的に触れ合うということは必要だと思わなかったのでしょうか。子供が倉持麟太郎の元嫁と触れ合うことも確かに大切だろう、子供には母親も必要だ。そんなことは倉持麟太郎も重々に承知しています。しかし倉持麟太郎の元嫁が亡くなったことにより、倉持麟太郎としてもようやく元嫁のしがらみから完全に開放されたことになります。

倉持麟太郎の元嫁顔画像の家族写真

倉持麟太郎の元嫁家族写真です。不倫をした倉持麟太郎と、連れ去られた愛する子供。倉持麟太郎の子供には、お母さんのことをどのように説明したのでしょうか。俺(倉持麟太郎)が追い込んだから亡くなってしまったと正直に言えるはずもありません。しかし事実は父親の非情な行動が母親を死に追いやったのです。この事実は変えようがありません。世間から非難の声が挙がるのも仕方ありません。それでも倉持麟太郎はちゃんと子供を育てようとしています。知性があり、教養があり、倉持麟太郎のことを理解してくれる新しい女性、山尾志桜里と共にです。

倉持麟太郎の元嫁がテレビに出演した際の顔画像

テレビメディアに出演した際の倉持麟太郎の元嫁顔画像です。メディアを活用しながらも訴えた理由は、どうにかして愛する子供を不倫夫から取り返したいその一心だったでしょう。

倉持麟太郎の元嫁はテレビメディアへのインタビューにて「一過性の脳梗塞の前触れが結構出ていた」と語っています。一過性の左脳の梗塞は、一般的に右上下肢に麻痺が出る場合があります。しかしテレビに出演した際の倉持麟太郎の元嫁は問題なく手足を動かしていました。倉持麟太郎の元嫁顔画像からも見てわかりますね。

倉持麟太郎の元嫁顔写真

こちらは子供とブランコで遊んでいる倉持麟太郎の元嫁顔画像です。一般人ということもあり、こちらでモザイクはかけさせて頂きました。しかしさすが元客室乗務員なだけあり、非常に美人な奥様だということがわかりました。

こんなにも美人な嫁を放っておいて山尾志桜里の元へ行く理由。それは倉持麟太郎がマザコンだった。熟女キラーだったということでしょうか。倉持麟太郎は、倉持麟太郎の元嫁のことを口うるさい妻だと周囲に漏らしていたようです。

女性好きは昔から変わりないですね。

倉持麟太郎は、少し前から嫁の小言がうるさいと愚痴を漏らしてましたのは確かです(友人)

山尾志桜里と倉持麟太郎の元嫁の大きな違い。それは全てを受け入れてくれる寛大さです。山尾志桜里といえば、過去に多額のガソリン費用を事務所経費で落としていたという問題が話題になり、ガソリーヌと言うあだ名が有名になりました。しかしガソリーヌ問題でも、出来るだけ地元のガソリンスタントが潤うようにと気を使った寛大さから出来た行動です。

山尾志桜里と倉持麟太郎の元嫁顔画像

倉持麟太郎は、そんな山尾志桜里の寛大さに心惹かれたのです。倉持麟太郎の元嫁がこの世を去ったことにより、倉持麟太郎はようやく山尾志桜里と愛する子供と一緒に第二の人生を歩むことができます。ネットでは暫く誹謗中傷が続くでしょうが、一時です。しばらくすればみんな忘れます。

明らかに不倫しても認めず家族を壊しても

こんなに堂々とテレビに出られて悔しかったしお辛かったでしょうね?

それじゃなくても大病をした時は心が弱くなりカウンセラーがついたりするのに

そんな時期に不倫なんて、よくあんな弁護士に依頼しようと思いますね!

人として最低ですよ。

ゲスの2人が共犯で死に追いやったも同然。

残されたお子さんが本当に可哀想です。

確か子供も母親に会わせないように工作してたんだよね
夫どころか子供も奪っていきる希望を奪って…

人間とは思えない鬼畜の所業だよ

この人がいくら仕事できようと

議員でいることに疑問しかないです

【文春】倉持麟太郎の元嫁が自殺していた概要

山尾志桜里のパスリーヌ画像

今もワインを手に倉持弁護士の自宅を訪ね深夜まで過ごす山尾議員。だが、子どもの親権を奪われ、離婚した妻は昨年、自ら命を絶っていた。

引用元:Yahoo!ニュース
  • 過去に多額ガソリン問題や不倫問題で注目された山尾志桜里。
  • 山尾志桜里がガソリーヌと呼ばれ今度はパスリーヌに
  • 仕事の時だけつかえる議員パスを使って、マッサージ店や食べ物の購入、ラーメンを食べていた
  • 山尾志桜里が最後にワインを持って向かったのは、過去にダブル不倫で報じられた倉持麟太郎の自宅だった
  • 倉持麟太郎の元嫁は2020年に自殺していた

倉持麟太郎の元嫁は、愛する夫に不倫され、愛する子供と永遠に会えない連れ去り行為を受け、生きる希望を失ってしまいました。更に一過性の脳梗塞ながらも不自由な体で、CAに戻るということも出来なかったでしょう。

仮に過去の夫と子供のこと胸の奥に秘めて、新しい出会いを求めたとしても、倉持麟太郎元嫁も年齢が若いわけではありません。子供を出産することも容易ではありませんし、リスクも高いんです。倉持麟太郎は、そんな倉持麟太郎の元嫁の将来のことまで考えてくれなかったのでしょうか。倉持麟太郎の元嫁の気持ちを代弁する声はネットで良く見られます。

鈴木優香のリークは身近な人物だった!

折原が教頭と校長実家にカチコミ!

倉持麟太郎の元嫁を憐れむ声や、倉持麟太郎への批判が形になっているのでしょうか。山尾志桜里とようやく一緒になれたというのに、自殺してまでつきまとう倉持麟太郎の元嫁の亡霊に取り付かれています。倉持麟太郎の元嫁は自殺したことで愛する子供の元に近づいてきたのでしょうか。それとも倉持麟太郎に怨念をぶつけるために近づいてきたのでしょうか。

コメント欄 【名前・メール・サイトは未記入で問題ありません】

タイトルとURLをコピーしました