エンタメ

倉田てつを発言「仮面ライダーファンを煽り炎上商法試みるも失敗」Blackは甦るのか

倉田てつを炎上発言エンタメ

俳優の倉田てつをが自身の17LIVE(イチナナライブ)の動画配信にて仮面ライダーファンを裏切る発言をしていたことで、ネットが炎上しています。”くらたてつを”といえば、過去にも何度も炎上を起こした芸能人の一人です。

倉田てつを氏の度重なる炎上発言は、炎上商法により、再び世の中から注目を集めたいという手段です。倉田てつを氏は仮面ライダーBlack SUN(ブラックサン)の主人公に復活することができるのでしょうか。

倉田てつを炎上発言①17LIVE「ライダーファン煽るも炎上商法は失敗」

仮面ライダーBlack役として大人気となった俳優の倉田てつを氏。俳優をしながら、ステーキハウス「ビリーザキッド」のオーナーもしている芸能人です。

kuratatetsuwoの顔画像
引用元:女性自身

倉田てつを氏は4月3日に動画配信アプリ「17LIVE」にて動画配信を行いましたが、配信内での発言が仮面ライダーBlack(ブラック)ファンを煽る行為となり、炎上しています。

  • 倉田てつを氏が17LIVEにて動画を配信
  • 動画配信した日は、偶然にも仮面ライダーが放送された50周年となる日だった
  • 倉田てつを氏は動画内にて、仮面ライダーファンをがっかりさせる発言を連発させた
  • 「俺は仮面ライダーの話は好きじゃないから」
  • 「俺、仮面ライダーじゃねえし」
  • 「たまたま昔ライダーやってたっていうだけ」
  • 「仮面ライダーあんま好きじゃないから」

倉田てつを氏といえば、やはり仮面ライダーの男という印象が強いです。仮面ライダー以外の代表作と言えばNHKで放送された朝ドラ「君の名は」が1991年に放送されました。鈴木京香さんとの共演が話題となった作品らしいですが、仮面ライダー好きとしてはあまり印象がないかもしれません。

少なくとも、倉田てつを氏が配信する17LIVEには仮面ライダー、特にブラックファンの方が多かったのではないでしょうか。

そんなファンを前にして、仮面ライダーファンを煽るような発言を連発した倉田てつを氏。ネットでも倉田てつを氏の炎上コメントが多数寄せられています。

倉田てつをへのコメント

過去のことをどう思おうが勝手だけど、

ファンの気持ちを踏みにじるような言動をわざわざする必要が本当にあるのか?


悪いけど、もう倉田てつをという俳優の存在を仮面ライダーの歴史から抹消してほしいくらいだ。

倉田てつをへのコメント2

世に出れたのは仮面ライダーのおかげなのに恩知らずもいいところ。

しかもしっかり店の営業にも利用しておきながら人間性を疑う。

しかもよりによって50周年なのに心無い放言でファンの期待を踏みにじり、

ヒーローを演じる資質がなかったということですね。

もう2度と仮面ライダーに関わらないようにして欲しい。

倉田てつをへのコメント3

昭和の東映の「某ヒーロー」を演じた方がイベントで以下の如く述べられた。


「ヒーローを演じた以上、見てくれていた子供たちが成長した後でも、僕が

逮捕されたり、悪目立ちする事で失望させてしまったら、夢を壊して申し訳ない
事になる。

だから立ちションすらも絶対しない様にしてて大変なんです。


でも死ぬまでこれは、ヒーローを演じたものの宿命だと思ってます。」

場内からは大きな拍手が沸いていた。

倉田さん、あなたはヒーローを演じない方が良かった人なんですね。


残念です。


私の記憶では、

BLACK、BLACK・RX、そしてスーパー1は


「存在しなかった」ものとして消去します。

やはりネット上では、仮面ライダーとの思い出ごと無くしたい気持ちと考えている仮面ライダーファンも多いようです。小さい頃に見たヒーローの思い出はどこまでも強く残るもの。倉田てつを氏の発言は、ライダー批判だけではなく、多くのファンの思い出を踏みにじったも同然の行為です。

しかし倉田てつを氏としても、生配信の中で仮面ライダー時代からファンになってくれた人が多く見に来るということをわかっていながら、なぜファンを煽るような発言を繰り返したのでしょうか?

その理由は倉田てつを氏は炎上商法を利用して、再び知名度を上げたかったのです。

倉田てつを氏といえば、ステーキハウスを2店舗経営している俳優ですが、肝心の俳優業としての出番はめっきりなくなってしまっています。

そんな中で、2021年に注目を集めている作品が仮面ライダーBlackのリメイク版、「仮面ライダーBlack SUN」です。

仮面ライダーBlack SUNの予告画像
引用元:youtube
仮面ライダーBlack SUSの予告画像2
引用元:youtube
仮面ライダーBlack SUNの予告画像3
引用元:youtube

仮面ライダー生誕50周年を記念して、歴代仮面ライダーシリーズの中でも原作『仮面ライダー』への原点回帰をコンセプトとし、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちたストーリーが魅力的な人気作『仮面ライダーBLACK』を30年以上の時を経て新たにリメイクすることを決定いたしました。作品ロゴは書道家の武田双雲先生の書き下ろし!本作の世界観が美しく、壮大に表現されています。

さらに本作の監督を務めるのは、『凶悪』や『孤狼の血』などの大ヒット作品を数多く手掛けてきた名匠・白石和彌監督。1987年に放送された『仮面ライダーBLACK』を白石和彌監督が新しい視点で切り取り、描きなおす全く新しい『仮面ライダーBLACK SUN』にぜひご期待ください。

引用元:KAMEN RIDER WEB

仮面ライダーBlackのリメイクには多くの仮面ライダーファンが注目を集めていること間違いなしです。仮面ライダーBlack SUNの放送日は2022年春と発表されています。監督は名匠の白石和彌監督が務めることは決まっていますが、重要なキャストについては未だ発表がありません。

平成ライダー、令和ライダーといえば、もちろん仮面ライダー自体もかっこいいですが、キャストである俳優も、オダギリジョーを始め、菅田将暉や福士蒼汰などイケメンぞろいです。

さすがに今回の仮面ライダーBlackに、既に50歳を超えている倉田てつを氏がイケメンとしてキャスティングされる可能性は低いと思われます。

そこで倉田てつを氏は炎上商法で再び知名度を上げ、仮面ライダーBlack SUNへアピールするチャンスを掴もうとしているのではないでしょうか。

仮面ライダーBlack SUN(ブラックサン)の公式サイトによると、ブラックサンは大人向けの作品になる予定とのことです。炎上商法を働く倉田てつを氏は正にブラックです。

しかし17ライブの問題発言の倉田てつを氏は、炎上こそ起きているものの、注目が集まっているかと言われると疑問が残ります。

kuratatetuwoのYouTube
引用元:YouTube

倉田てつを氏といえば、YouTubeチャンネルを2020年7月に開設しています。しかしチャンネル数は2021年4月現在で1.3万人。お笑い芸人である江頭2:50はチャンネル登録者数が2020年12月で200万人を超えていることを考えると、芸能人で1.3万人という登録者数は少ない数です。

今回YouTubeチャンネルのチャンネル数は問題発言後の確認のため、もしかしたら問題発言後でチャンネル数が減っている可能性もあります。

つまり倉田てつを氏は17LIVEで仮面ライダーファンを煽るような発言を行い、炎上商法を図ったものの、失敗に終わったということになります。

倉田てつを炎上発言②「フィギュアは仕方なく飾っている」

「倉田さんは『等身大フィギュアをもらってほしいというファンの人がいて、仕方なくもらって飾っているだけ』と、押しつけられたかのように言いふらしていると複数の人から聞いたことがあります。営業利用がひどく、ますますエスカレートしそうなので事実は違うとSNSにアップしたのです」

引用元:女性自身

倉田てつを氏の等身大フィギュア問題も過去に炎上しています。

仮面ライダーBlackのフィギュア
引用元:Twitter
  • 造形作家Aは、倉田てつを氏に「仮面ライダーBlack」の等身大フィギュアの制作を依頼された
  • 造形作家Aは、営利目的ではなく、自宅に飾るようであればという条件で承認
  • しかし倉田てつを氏は約束を破り3年間、自身のステーキハウスにて展示していた
  • 2021年2月には、ステーキハウスのオープン13周年ということで、倉田てつを氏と等身大フィギュアが一緒に写ったステッカーを会計後にお客さんに配布していた

簡単に人との約束を破った倉田てつを氏。更にはフィギュア制作を依頼する際には、造形作家Aに対して嘘の発言をしていたことも明らかとなっています。

彼からの「店には置かず、自宅に持ち帰ります。もうすでに設置スペースやケースまで準備してるんです」との言葉を信じ、精魂込めた等身大フィギュアを無償で提供。大作だけに制作に1年以上を要した。

引用元:女性自身

そしてこの報道が起きた年も2021年の2月です。きっかけは倉田てつを氏のステーキハウス開店13周年を記念したことです。

13年、別に切りの良い数字でもありませんし、倉田てつを氏と縁のある数字でもありません。ではなぜこの中途半端なタイミングでわざわざ無断で店に置いた等身大フィギュアに注目を再び浴びさせたのか。

等身大フィギュアと倉田てつを氏の2ショット写真配布も、炎上商法目的であり、その全ては2022年に公開される仮面ライダーBlack SUNへなんとか出演・キャスティングされるためということです。

倉田てつを炎上発言③「ギフトもくれない人って本当に俺のファン?」

倉田てつを氏の2021年からの炎上発言はまだまだ止まりません。今度はファンに対して直接的な炎上発言をしていました。

とあるTwitterユーザーが明かしたのは『30万のイベントに誘われて断ったらクレジットで借金してでも来てって言われて、行かなかったらブロックされた』といった内容でした。2018年、仮面ライダーBLACK RXが30周年を迎え、その記念としてインドネシアでイベントを開催。参加費が30万円という高額で、当時新婚だった投稿主は参加を断念したといいます。

引用元:RAKUTEN infoseek news
  • 倉田てつを氏は、仮面ライダーBlack RXの30周年として、インドネシアでイベントを開催した
  • イベントの参加費は30万円
  • Twitterで倉田てつを氏からイベントへクレジットを使ってでも来てほしいと勧誘が来たもののファンは断った
  • 倉田てつを氏はFacebookをブロックしてきた

金銭をファンに要求し、断られるとTwitterやフェイスブックをブロックするという行為は、他にも多く確認され、ニュースになった内容は正に氷山の一角でした。

倉田てつを氏へのツイート

コメントもギフトも投げないファンに対して、

「コメントもギフトもくれない人って何なの?本当に俺のファン?」

「ここで何もしない人って何?いい大人が恥ずかしい。」

「最近俺もファンに好き嫌い出てきたんだよね。」等。

倉田てつを氏へのツイート2

さらに、この出来事から数ヶ月後にはFBからも削除されました。

また今回問題に挙がった17LIVEでも投げ銭があると無いとで内容が全然違うこともネットで明らかとなりました。投げ銭があると動き出す…本当に遊園地のパンダの乗り物みたいですね!

kuratatetsuwoの17live内容

投げ銭ないと暗闇でずっとだんまり

金入れるとようやく「〇〇ありがとー」

本スレでは「金入れるとしゃべれる男」と言われている

投げ銭なし→消灯

投げ銭あり→点灯+喋る

ってこと?

おもろいやんwww

ファンへの金銭要求の問題発言が発覚したのも2021年ことです。やはり仮面ライダーBlack SUNの放送発表がされた年ですね。

倉田てつを氏は2021年は多くの悪評を得て、ネットで炎上を出来るだけしたいのでしょう。そして知名度を上げ、再び仮面ライダーBlackの主役の座に着きたいのですね。

17LIVEでの問題発言では、炎上こそ起きているものの、今のところファンが増えている、注目がかなり集まっているというわけでは無く、炎上商法は失敗で終えています。

今後倉田てつを氏の炎上チャレンジは成功し、再び仮面ライダーBlackの主役の座を勝ち取ることができるのか注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました