太陽の子児童クラブ虐待炎上

ヨコミネ式の虐待事件「太陽の子児童クラブと日の里西保育園(清原こづえ)の共通点」

太陽の子児童クラブと日の里西保育園太陽の子児童クラブ虐待炎上

鹿児島県志布志市にある”たちばな保育園”系列の”太陽の子児童クラブ”の動画で炎上問題が起きています。学童の支援員が小学1年の少女に対して攻撃的な発言や長髪、挙句の果てには1時間立たせると言った体罰を行っていました。

ヨコミネ式を導入している他の保育園の虐待事件、暴行問題を調べると日の里西保育園の清原こづえが確認されたこと。太陽の子児童クラブとの共通点について紹介していきます。

ヨコミネ式虐待は過去にもあった!日の里西保育園で清原こづえが度重なる体罰

鹿児島県志布志市にある学童、太陽の子児童クラブで、学童に入って1日目の女児に対して、攻撃的な発言や1時間立たせるといった体罰が行われてました。いじめともいえる内容はTwitterにて拡散、ネットでは炎上しています。

太陽の子児童クラブの虐待画像

志布志市学童の炎上動画

調査を進めていくと太陽の子児童クラブは、鹿児島県志布志市にある”たちばな保育園”直系の学童であることが判明。このたちばな保育園こそ、過去にメディアなどで注目されたヨコミネ式の直系保育園です。

志布志市学童は問題多いヨコミネ式

上述の記事で詳しくは説明していますが、ヨコミネ式と言えば、園児の時期からスパルタ教育を行い、スーパー園児を生み出すという教育方法です。「子供を褒めるな」「泣いたら無視しろ」とかなり尖った教育方法で注目を集めていました。

ヨコミネ式内容

しかし今回の鹿児島県志布志市の学童に至っては、スパルタでもなんでもありません。ただのいじめ・体罰です。暴力的な発言をスパルタな教育指導とはき違えていた太陽の子児童クラブには怒りしかありません。

現在も太陽の子児童クラブ自体からは直接的な謝罪の言葉は確認されておらず、Googleで検索すると、太陽の子児童クラブは臨時休業して雲隠れする始末です。

太陽の子児童クラブ休業

学童謝罪の前に市が対応?理由は?

この暴力的な指導がヨコミネ式の教育方針ではないでしょう。ヨコミネ式の教育に関しては、一部からは定評もあり、ヨコミネ式自体が悪いとは言えません。

しかしながら過去にはヨコミネ式を導入した保育園で度重なる虐待事件があったことも事実です。

清原こづえの顔画像

ヨコミネ式を導入した保育園で虐待事件が起きた保育園は、福岡県宗像市の私立認可保育所「日の里西保育園」です。

日の里西保育園で当時、副園長を務めていた清原こづえは度重なる虐待事件を繰り返していた経歴があります。

1回目の逮捕

  • 2019年6月26日に6歳の園児の顔を殴った。園児は全治2週間のケガ
  • 2019年10月21日に逮捕
  • 園児の顔が腫れていたことに気付いた保護者は清原こづえに確認→「どこかにぶつけたのかも」と話していた
  • 保護者が被害届を提出、警察から事情聴取された清原こづえ→「手が当たったかもしれない」
  • 清原こづえが園児を殴っていた動画は防犯カメラに写っていた

2回目の逮捕

  • 2018年6月27日に33歳の女性保育士に対して平手打ち。女性保育士は下唇を切ったとして全治5日のケガ
  • 2019年11月11日に再逮捕
  • 清原こづえは「叩いた事実ないと」否認した

3回目の逮捕

  • 2019年7月に一回目の逮捕された園児とは別の6歳園児に対して殴った疑い
  • 園児の証言→「保育園のトイレで副園長に頭や背中を押されて転んだ」園児は全治5日間のケガ
  • 2019年12月3日に逮捕。殴られた園児の唇が切れている写真を母親が撮影していた

なんと清原こづえは3カ月間連続逮捕されていたことが明らかとなりました。1度目の逮捕によって、過去の虐待・暴力が芋づる式に判明したということです。

ここまで暴力を繰り返していた日の里西保育園の副園長の異変に周囲は気付いていなかったのでしょうか?そして福岡県と宗像市は何も行動を起こしていなかったのでしょうか?

日の里西保育園と福岡県、宗像市との経歴をまとめます。

  1. 2011年に清原こづえが日の里西保育園の副園長に就任。「ヨコミネ式」を本格的に導入
  2. 2011年から19年の間に60人という大勢の職員が退職していた
  3. 2016年3月、不審に思った福岡県と宗像市が特別指導監査を行う
  4. 2016年から19年の間に日の里西保育園に対して苦情が40件を超えていた
  5. 2019年7月に園児の保護者が、宗像市に対して暴力行為をされたことを相談していた(3回目の逮捕の内容)→宗像市は口頭で指導した
  6. 2019年10月に清原こづえ逮捕(1回目)
  7. 2019年11月11日に職員に対する傷害容疑で逮捕(2回目)
  8. 2019年11月12日に清原こづえは日の里西保育園を退職
  9. 2019年11月13日に福岡県と宗像市は特別指導監査を行う
  10. 2019年12月3日に清原こづえ逮捕(3回目)

清原こづえの行動歴を確認すると、度重なる暴力が目の当たりになりますね。清原こづえの暴力や、それを止められていなかった日の里西保育園の園長への怒りはもちろんありますが、ここで気になったことが一つあります。

なぜ福岡県と宗像市は2016年の時点で違和感を感じなかったのでしょうか。なぜ2019年7月の自分の子供が支援員から暴力を受けたと相談した保護者に対して解決してあげなかったのでしょうか?

宗像市には園を巡る苦情や相談が16年度以降40件あり、うち11件が清原被告に関するものだった。同年3月、県と市が特別指導監査で「大声や激しい口調で園児を怒る行為があった」と認定。保護者からの苦情や相談は、園が設置する「第三者委員」に報告するよう求めたが、17年から委員を務める一人は「報告はなかった」と証言する。

引用元:西日本新聞

西日本新聞での取材では2016年に発覚した40件の苦情のうち、11件が清原こづえに対するものだったこと。苦情を受けて福岡県と宗像市が特別指導監査で「大声や激しい口調で園児を怒る行為があった」と認めています。

この行動、まさに今回の鹿児島県志布志市の学童と同じことではないでしょうか?

日の里西保育園大声や激しい口調で園児を怒る行為
太陽の子児童クラブ自己紹介をする小学1年生に対して大声や激しい口調で問いただす

今後危惧することはこの「大声や激しい口調で怒る行動をした職員に対する県・市の対応」です。

激しい口調で園児を怒鳴る副園長に対して、福岡県と宗像市は第三者委員を設置するという改善策を考えましたが、結果口止めされていたのか、結果3年間もの間「報告は無かった」とされました。2019年にこれだけ暴力行為が発覚されたのに、無いわけがないでしょう。

kiyoharakozueの経緯

鹿児島県と志布志市としても、今後、太陽の子児童クラブに対して第三者委員を設置など、結局学童の内容が不透明となりやすい対策では今後も同じような行為が起きてしまうのではないかと恐れています

もちろんもう太陽の子児童クラブに入れようとも思いませんし、ヨコミネ式を導入している園に入れさせようなんて思いません。しかし今後多くの子供たちが被害に遭うことだけは避けたいと思ってしまいます。

ヨコミネ式への執着「異常だった」しつけから虐待へ

園児の着替えをストップウオッチで計る清原被告。制限時間を超えると、体操の一環「ブリッジ歩き」を命じた。手のまめがつぶれていてもお構いなし。軍隊のような運動会の練習を、泣きながらこなす園児もいた。「異常だった」。保護者は口をそろえる。

引用元:西日本新聞
ヨコミネ式ブリッジ

日の里西保育園が2011年から導入していたヨコミネ式。清原こづえは子供たちの着替えに制限時間を設け、時間オーバーしてしまうとブリッジ歩きを命じていたことが明らかとなっています。

手の豆が潰れても構わず、軍隊のような行為に保護者達も「異常だった」と証言しているようです。

確かにヨコミネ式の中には、子供たちを競争させるといった方針はあるものの、罰ゲームのような形でブリッジ歩きをさせるなど無いはずです。

ヨコミネ式というスパルタ教育法を長年指導していくと、どんどん歯止めが利かなくなり、教育から軍隊のような指導に変わっていくのでしょうか。

太陽の子児童クラブもヨコミネ式を導入している学童であり、更にヨコミネ式直系の学童でもあります。おそらくブリッジ歩きや逆立ち歩きなども行っていた事でしょう。それぞれの能力に合わせて行うことは良いと思います。

しかし太陽の子児童クラブでは、清原こづえと同じように大声や激しい口調で園児を怒鳴るような支援員がいる学童です。

いやいやながら、手にケガをしながらブリッジ歩きや逆立ちをしていた子供もいたかもしれません。考えれば考えるほど、清原こづえの行動を知れば知る程、太陽の子児童クラブの行動と一致してしまい落ち着きません。

そして虐待・いじめ行為が繰り返されていたと、今も考えると涙が止まりません。なんでこんな学童を選んでしまったのだろうと…

清原こづえは職員をマインドコントロールかパワハラで辞めさせる

kiyoharakozueの顔画像

日の里西保育園では過去に60人を超える退職者がいましたね。この理由はもちろん清原こづえが原因ではあるのですが、保育園を辞めた保育士の証言が衝撃的です。

副園長は指示どおりにできない子がいると、暴言、泣かすだけではなくて、殴ったり引きずり回すんです。しつけと称する虐待ですよ。

厳しい指導ができない保育士に対しては洗脳、マインドコントロールしていくんですね。それが効かないとパワハラざんまいなので、どんどん辞めていくんです。私も悩んで落ち込んで、自分を責めて眠れなくて、お腹が痛くなって、ボロボロになって、心を病んでしまい4年ほどで辞めてしまいました

引用元:週刊女性PRIME

清原こづえは、園児だけではなく保育士に対しても攻撃的な行動を取っていたことが明らかとなりました。清原こづえにマインドコントロールされるか、パワハラで辞めるかの2択となっていた日の里西保育園。マインドコントロールされなかった職員が60人もいたということですね。

逆に捉えると、日の里西保育園は清原こづえにマインドコントロールされた職員しかいないわけなので、園児をフォローする人なんておらず、ヨコミネ式を扮した暴力行為を繰り返していたわけです。

ここで太陽の子児童クラブの問題の炎上動画を確認していきます。

映像を見て見ると、攻撃的な発言やカウントダウンを行っている人物の声は一人ではありません。複数いることがわかります。つまり太陽の子児童クラブでも、日の里西保育園のようなマインドコントロールが起きていた可能性だって否定できません。

そうでなければ、だれがどう見てもいじめにしか見えないこの映像を見て、止めずに逆にあおるような行動を職員全体で出来るでしょうか?

学童炎上職員の正体は?!

志布志市学童と横峯一族の関係

志布志市から語られる炎上学童

コメント

タイトルとURLをコピーしました