ヴァレンティノの帯踏み動画

koki帯踏み動画は「草迷宮」をインスパイア「カメラマンは東京五輪応援CMも歌うラッパーの嫁で中国人」

koki帯踏み映像タイトルヴァレンティノの帯踏み動画

ファッションブランド「VALENTINO(ヴァレンティノ)」のPR動画に木村拓哉の娘のkoki(コーキ)が出演。PR動画にて着物の帯を踏みつける映像が炎上しています。

koki帯踏み動画は日本映画の草迷宮がインスパイアされていたこと。カメラマンは中国人のフィッシュ・チャンで旦那はキッド・フレシノ。更に帯踏み映像の画像比較を紹介します。

koki帯踏み動画「日本をバカにしている」ネットで炎上

炎上している動画はファッションブランド「varentino(ヴァレンティノ)」のPR動画の内容です。PR動画にはモデルで木村拓哉と工藤静香の娘であるkoki(コーキ)が採用されています。

kokiが出演しているバレンチノのPR動画の内容の一部に、着物の帯を靴で踏みつけて歩くシーンが公開されており、「日本をバカにしている」「ヘイト動画だ」などの苦言が多く出ています。

帯踏み動画の監督は日本人だった!どんな監督?

帯踏み動画演出は工藤静香による元彼への復讐劇!?

バレンチノの帯踏みつけ動画
kokiの帯踏みつけ動画
引用元:Twitter

芸術だとしても、やっていい事と悪いことあると思うのですが。

帯をこんな事しないでほしい。日本の誇りでもあるのに、、、。

ヴァレンティノの帯踏み動画
引用元:Twitter

Twitter広告に出てきたヴァレンティノの…

帯を岩に乗せてその上に座ったり、

地面に敷いた帯の上

ヒールで歩いたりしてるの…

なんか…なんか…ちょっと…無理………

日本人としては、日本の誇りともいえる着物の帯を土足で歩くという行為が許せないというツイートが多く確認されています。

しかしこの動画、もともとは日本映画作品である、寺山修司(てらやましゅうじ)監督の「草迷宮」という映画にインスパイアされた映像だということが判明しました。

「日本をバカにしている」と非難している人の中で、どれだけの人が、そもそもが日本映画をテーマにした内容だということを理解しているのでしょうか。

koki帯踏み映像へのツイート

ドルガバもヴァレンティノも、

ことごとく日本人侮辱、

アジア人侮辱と取れる品のないやり方…

ガッカリするなぁ。

koki帯踏み映像へのツイート

うっわヴァレンティノ流石にこれはドン引く…最低…無理…

koki帯踏み動画は中国人カメラマン「フィッシュ・チャン(Fish Zhang)」の作品

フィッシュチャンの顔画像
引用元:GINZA

中国の深圳市で生まれたフィッシュ・チャン(Fish Zhang)は、ロンドンの大学を卒業した後に、2016年に日本にやってきました。その後ファッションPR,フリーランスフォトグラファーとして日本を拠点に世界で活躍する芸術家です。

今回、炎上しているヴァレンティノkokiの帯踏みつけ動画のカメラマンが中国人だということで、「ヘイト動画」じゃないかと思われる方も多いかもしれません。

しかしフィッシュ・チャンは日本の魅力に取りつかれてやってきた芸術家の一人。決して日本を差別した映像を作成したわけではありません。

fich zhangのインスタ

フィッシュ・チャンのインスタを確認すると、フォロワーが約4万人にもなる、世界が認めたフォトグラファーということになります。

フィッシュ・チャンのインスタ

フィッシュ・チャンのインスタにはkokiのPR動画を撮った時の写真も公開されています。説明欄の中には、確かに「@koki」の名前が確認されます。

そしてヴァレンティノのPR動画はShuji Terayamaの草迷宮にインスパイアされた作品だということもしっかりと記載されています。

#ValentinoCollezioneMilano,inspired by the firum “Kusa Meikyu” by Shuji Terayama

インスタの投稿は3月16日と記録されているため、帯踏み映像の炎上事件が明らかとなった3月30日よりもだいぶ前です。

つまり炎上しているから言い訳に「日本の作品の草迷宮をインスパイアした作品ですよ」と言っているわけでもありませんね。

追記:フィッシュ・チャンも帯踏み炎上問題の飛び火がかかったのか、自身のインスタ画像は既に削除されています。

koki帯踏み動画は草迷宮のインスパイア「画像比較」

ではフィッシュ・チャンがインスパイアした日本映画、草迷宮の問題のシーンを確認していきます。

草迷宮の帯踏み画像
kusameikyuの帯踏み画像

そしてkokiの帯踏み画像がこちらになります。

koki帯踏み画像
引用元:Twitter

確かにどちらの作品も着物の帯を踏みつける映像となっています。草迷宮の帯踏みシーンは、誘惑に誘われた少年がまるで大人の階段を登っていく心情を表したような帯踏みシーンでした。

対してヴァレンティノのPR映像であるkokiの帯踏み動画にも、草迷宮の作品をインスパイアした中で、何かしらの表現がされているのでしょう。

特に着物の帯の横にある、人間の耳のようなオブジェは何を表現しているのか気になるところです。

koki帯踏み動画のカメラマンの夫は東京五輪応援CMを手掛けるラッパー

「体操ニッポン」どんな過去よりも 篇

koki帯踏み動画のカメラマンであるフィッシュ・チャンの夫は日本人です。そして芸術家の旦那もやはり芸術家ということでしょうか。

フィッシュ・チャンの夫はKID FRESINO(キッド・フレシノ)という芸名で活動しているラッパーです。

本名は佐々木寛明であり、埼玉県出身なので純粋な日本人です。

フィッシュ・チャンの夫の顔画像
引用元:CINRA.NET

キッド・フレシノは東京オリンピックの体操日本代表応援CMにも抜擢された人物であり、その知名度は東京五輪を経て一気に上がった人物でもあります。

日本人の旦那を持つカメラマン、フィッシュ・チャン。仮に彼女が帯踏みをモデルのkokiに指示していたとしても、それは意図的な日本差別を意識した作品では決してないことは確かでしょう。

帯を踏みつける映像は、草迷宮と同様に新しい意味を持った芸術に昇華されているのではないでしょうか。単純に帯を踏みつけているから許せないと単純なものではないでしょう。

追記:ヴァレンティノジャパンから謝罪「帯じゃない、矛盾した回答」

ヴァレンティノジャパンは、今回の帯踏み炎上問題から謝罪文を自身のSNSでツイートしています。

日本の文化を冒涜するような意図は全くなく、このシーンで使われた布も、着物の帯ではありません

ヴァレンティノの見解としては、今回Kokiがヒールで踏みつけにした布は帯ではないと回答しています。

しかしそもそも、着物の帯を踏むという「傘迷宮」をインスパイアした作品であれば、踏みつけにした布は帯ということになり、矛盾点が生じてしまいます。

この一件に関してはヴァレンティノ側も焦りと戸惑いの謝罪文だということがよくわかりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました