高峰常さん殺人事件

高峰常(たかみねじょう)の顔画像はデマ「偽物である4つの理由」鎌倉市笛田

高峰常さん殺人事件

神奈川県鎌倉市笛田の住宅街、路上で高峰常さんが殺害される事件が起きました。犯人と思われる3人組は現在も逃走中とのことです。

ネットでは殺害された高峰常さんのツイッターから顔画像が公開されており、半グレだと思われています。しかしTwitterの高峰常さんは、今回死亡した”たかみねじょう”さんと別の人物である偽物・フェイクの可能性が生まれています。高峰常の顔画像がデマである理由を4点紹介します。

高峰常の顔画像はデマの理由①ツイッターに鍵がかかっている

takaminejouの顔画像はデマ

ネットでは、殺害された高峰常さんの顔画像がTwitterなどのSNSで特定されたと出回っています。現在高峰常さんのツイッターと思われるアカウントは二つ存在しており、どちらのアカウントにも同じ人物の顔画像がアップされています。

【高峰常のTwitterだとネットで騒がれているアカウント】

  • 既に凍結しているTwitterアカウント
高峰常Twitterアカウント偽物
  • 鍵がかかっているTwitterアカウント
takaminejoのTwitterアカウント偽物

この二つが殺害された高峰常さんのツイッターアカウントとされています。そしてこの二つのアカウントには同一人物の半グレ風の男性の顔画像がアップされていたのです。ネットではこのTwitterが殺害された高峰常さんのアカウントとされており、顔画像も多く公開されています。

takaminejoの顔写真の偽物

後悔された写真の中にはタトゥーの入った画像や、薬物の写真などもアップされています。そのため「高峰常さんは反社・半グレの人間」「自業自得だろうな」という声もネットでは多く確認されています。

高峰常に関する口コミ

殺されたヤツ
スミ入りどヤンキー
自業自得だわ

しかし、Twitterの件に関しては気になることが浮かび上がります。まず一つ目の凍結されたTwitterアカウントですが、プロフィール画像に半グレ男性の顔写真がアップされています。

このアップされたプロフィール画像ですが、目元は黒線で隠された顔画像となっているのです。仮に自分のアカウントであった場合、犯罪者に見えるような目元を隠した顔画像を公開するでしょうか?

そしてもう一点、FacebookなどのSNSでは、自分の本名を記入することが一般的ですが、Twitterではあまり自分の本名を素直に書くユーザーはいません。となると、この凍結されたTwitterアカウントは高峰常を偽った別の人物が作ったアカウントという可能性が生まれます。

takaminejouの顔画像の偽物

もう一つのアカウントについても、疑問が残る点があります。それはTwitterのアカウントが殺害後に鍵垢に変わったということです。

現在、鍵がかかっているアカウントは、元々鍵がかかっていませんでした。ネットでは高峰常のTwitter特定としてアカウント内の顔画像が公開されていますが、現在は鍵のため確認することは出来ません。

死人は鍵をかけることはできません。つまり殺害された高峰常さんが鍵をかけたわけではなく、別の人間が鍵をかけたわけです。そのため二つ目のアカウントも殺害された高峰常のアカウントではないということになり、アップされていた顔画像も高峰常さんの顔写真ではなく偽物ということになります。

takaminejouの顔画像偽物

高峰常の顔画像はデマの理由②Facebookの人物と全然違う

takaminejouのフェイスブック

高峰常さんのネットで特定されている顔画像がデマである理由の二つ目として、Facebookが挙がります。「高峰常」というキーワードでFacebookを検索すると、一件横浜市在住のFacebookアカウントがヒットしました。このFacebookアカウントは殺害された高峰常さんのアカウントとネットでも話題になっています。その理由は二つ挙がるようです。

  • 殺害された高峰常さんの居住地は、ネットの報道から横浜市瀬谷区である。Facebookの居住地も横浜市となっている。
  • 2016年に公開されている顔画像が中学生らしき姿であり、逆算すると5年後の現在は18歳である可能性が高い。被害に遭った高峰常さんも18歳。

二つの理由から、Facebookアカウントは殺害された高峰常さんであり、顔画像も本人の可能性が高くなります。しかしTwitterで確認された顔画像と、Facebookに公開されている顔画像の風貌が真逆の姿です。

  • Facebookの高峰常さん=スポーツが似合うさわやかな好青年
  • Twitterの高峰常さん=半グレらしき強面の不良少年

ここまで真逆のイメージが同じ高峰常さんだと言えるでしょうか?確かに高校時代にグレてしまい、態度が一変してしまった可能性は否定できないものの、明らかな変化は別人物である可能性があります。

また匿名掲示板では、高峰常さんの同級生と思われる方から、あんなヤンキーでは無かったとのコメントも確認されました。爽やかな可愛い男子が、あんなヤンキーになるわけがありません。

宝谷常の口コミ同級生

あんなヤンキーじゃないし、違うか(地元同級生)

高峰常の顔画像はデマの理由③インスタも偽り

高峰常のインスタの偽物

高峰常というキーワードで、SNSであるインスタも調べてみたところ、名前が一致したアカウントがヒットしました。プロフィール画像にはやはり半グレ青年の画像です。

しかしやはりこちらのアカウントでも、顔画像の目線は隠されており、まるで犯罪者のような載せ方です。

Twitterと同様に、こちらのインスタも高峰常さんを偽った第三者の可能性が高く、高峰常さんの顔画像は偽物・フェイクでしょう。ニュースを面白がった人物の行動でしょうか。

高峰常の顔画像はデマの理由④正義感を伴った行動

高峰常の被害現場
引用元:FNNプライムオンライン

警察によると死亡したのは横浜市瀬谷区に住む職業不詳の高峰常さん(18)。背中などを鋭利な刃物で執拗に刺されたことによる失血死とみられている。

「高峰さんが友人と歩いていた時に通りかかった大音量を鳴らしながら走っていた乗用車に『うるせえ』と叫んだ。その乗用車は一度その場を立ち去るが再び高峰さんの前に現れ、中から3人組が降りてきてそのうちの1人が刃物を取り出し何度も高峰さんを刺したとみられる」(捜査関係者)

引用元:AERA dot.

そもそも高峰常さんが被害にあった理由は、大音量で走っていた車に対して、うるさいと注意したことがきっかけです。時間帯は早朝の4時。場所は鎌倉市笛田の閑静な住宅街であったことから、高峰常さんは周りの方々に迷惑が掛かるから静かにしなさいと言いたかったのでしょう。

そして行動していた時間帯は朝方の4時。もしかしたら高峰常さんは、新聞配達をしている最中だったかもしれません。ネットの報道では職業不詳となっていることからも、無職であり、アルバイトで生計を立てていた可能性もあります。

takaminejouの被害現場
引用元:ANNニュース

もしかしたら、貧しい家族のために一生懸命アルバイトをしながらお金を溜めていた可能性もあります。そこに近所迷惑なヤンキーが登場。正義感から注意した高峰常さんが、返り討ちにあってしまったのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました