事件

入江大(だい)の関係性は匂坂絢乃とSNS、「女性が風邪をひいたから帰れない」

iriedai関係性事件

福岡県在住の30代男性入江大が、静岡県在住の匂坂絢乃さんを誘拐した容疑で逮捕。入江大の通報にて匂坂絢乃さんが亡くなっていたこともテントで発覚しました。

入江大(だい)と匂坂絢乃(さきざかあやの)の関係性や犯行理由、事件経過について。入江大と匂坂絢乃の性格や周囲からの評判、家庭環境について調べました。

入江大(いりえだい)が女子中学生を誘拐、事件経過

静岡県警は17日、浜松市内の中学の女子生徒(15)を連れ回したとして、未成年者誘拐の疑いで福岡市東区唐原の無職、入江大(だい)容疑者(33)を逮捕した。女子生徒は浜松市内の山間部で16日、遺体で見つかった。県警は死因や2人が知り合った経緯などについて調べている。

引用元:産経ニュース

福岡県で33歳無職の男性が、未成年である女子中学生、匂坂絢乃(さきざかあやの)さんを誘拐し、連れまわしたことが報じられています。そして匂坂絢乃さんは、浜松市内のキャンプ場で死んでいるところが発覚しました。事件の経過をご紹介します。

3月15日匂坂絢乃さんは自宅を出た後に行方不明に、家族は行方不明届を提出

3月15日の午後1時に家を出た匂坂絢乃さんは、学校に投稿していないと学校から連絡があったことをきっかけに、家族は3月16日の未明に行方不明届を警察に出していたようです。

福岡市東区の無職・入江大容疑者(33)で、15日午後1時半ごろ、浜松市で、中学3年生の少女を車に乗せて連れ回すなど誘拐をした疑い

引用元:FNNプライムオンライン

入江大は匂坂絢乃さんが姿をくらました、3月15日から車に乗せて連れまわしていたことも明らかとなっています。警察では既に誘拐の容疑で逮捕に至っています。

入江大は匂坂絢乃さんとキャンプ場へ宿泊しています。キャンプ場の記録にはしっかりと宿泊の記録も残されているようです。男性従業員は宿泊の手続きの際に、男性の姿は記憶にあるものの、女性の姿に記憶は無いと証言しています。

浜松市の女子中学生の遺体が見つかったのは、浜松市天竜区春野町の山あいにあるキャンプ場。男性従業員によると、女子中学生と容疑者の2人が15日に宿泊し、料金を支払った記録が残っているという。

引用元:あなたの静岡新聞

3月16日に匂坂絢乃さんの遺体を秋葉神社下社前キャンプ場で発見

iriedai-hankougenba
[引用元:毎日新聞]

3月16日の正午前、浜松市天竜区の山中のテント内で、匂坂絢乃さんの遺体を警察が発見しています。浜松市天竜区には警察が匂坂絢乃さんの遺体を発見できた理由は、入江大が警察へ110番していたことが理由となっています。入江大は「自殺しようと思ったが、自分だけ生き残ってしまった」と証言していたようです。遺体の匂坂絢乃さんの体には特に目立った外傷は無かったということでした。

現場のキャンプ場は、女子生徒の遺体が見つかったテントがそのまま残され、周囲の規制線を警察官が囲んで立っていた。テント内に練炭が残されていたとの情報もある。

引用元:中日新聞

テント内には練炭も残されており、入江大は匂坂絢乃と共に練炭自殺をした可能性があると発表されています。キャンプ場を管理する男性からも一部が焦げていた練炭を見たと証言があります。

またTwitterでは、浜松市天竜区にある秋葉神社下社キャンプ場の上空で、中日新聞社のヘリコプターが超低空飛行で飛んでいたことを、周囲住民が発見していることもあり、匂坂絢乃さんの遺体は秋葉神社下社キャンプ場だったことがわかります。ネットでは秋葉神社下社キャンプ場でヘリコプターを目撃したという声が多数確認されています。

入江大は3月17日に体調回復後逮捕

入江大は通報当時、体調不良であったことから、静岡県浜松市の病院へ緊急搬送。次の日の3月17日に警察が逮捕しています。

入江大との関係性は会員制交流サイト(SNS)で知り合った

捜査関係者によると、二人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられる。

引用元:中日新聞

福岡に住んでいる入江大と静岡県に住んでいる匂坂絢乃さん。操作関係者からの情報では入江大と匂坂絢乃さんの関係性は、会員制交流サイト、いわゆるSNSで知り合ったことが確認されています。

操作関係者の情報では、二人のスマホにはSNSを通じてやり取りをしていた記録も残されていることも確認されているため、SNSを通じた出会いは間違いないでしょう。

入江大は母親に連絡を入れていた

入江容疑者の母親は、福岡市の自宅周辺で取材に応じ「息子から数日前にラインがあった。『一緒にいる女性が風邪をひいて帰れない。ごめんね』と書いてあった」と話していました。

引用元:NHK NEWS WEB

NHKは入江大の母親にも既にインタビューをしていたようです。入江大の両親からは、数日前にラインがあったことを告白。一緒にいる女性が風邪をひいて帰れないと書かれていたようです。入江大は家族と共に住んでおり、一緒にいる女性が風邪をひいていると嘘をついて、家に帰っていなかったのですね。

入江大の関係性、ネットでは「集団自殺の仲間?」

ネットでは入江大と匂坂絢乃さんの関係性は、共に自殺するために出会い系アプリ・マッチングアプリで知り合ったのではないかと言う声が多く確認されています。テントに練炭があったこと、遺体に外傷が無かったこと、入江大自身も体調不良を訴えていたこと、そして入江大の自分だけ生き残ったという証言から関係性が自殺仲間という予想に至っているようです。

高校入試発表日は3月12日

静岡県高校入試発表日
[引用元:進研ゼミ]

3月中旬といえば、高校入試の発表日と重なります。静岡県の高校入試の合格発表日は3月12日となっており、今回の入江大誘拐事件が起きる3日前には合格発表があったことになります。そして被害者である匂坂絢乃さんは中学校3年生であり、高校生になるタイミングでした。

入江大の顔画像、プロフィールと性格

iriedai 顔画像
[引用元:FNNプライムオンライン]
  • 居住地:福岡県東区、市営住宅に住んでいた、家族と暮らしていた
  • 家族構成:両親と3人兄弟の5人家族。入江大は3人兄弟の次男
  • 体格:体が大きいイメージ(近所住民)
  • 職業:無職、しかし日払いの仕事はしていた
  • 年齢:33歳

「明るく誰にでも優しい人でした」(入江大の同級生)

小・中学校の同級生:

優しくてムードメーカー的な。場を盛り上げてくれる、ついてこい的な感じの方でした

引用元:FNNプライムオンライン

入江大の中学校、小学校の同級生たちの情報では、入江大の性格は明るくて誰にでも優しい、ムードメーカー的な存在、リーダーシップが取れる、場を盛り上げるなど人気者な性格だったことが明らかとなっています。

また報道で入江大の職業は無職となっているものの、地域住民の話では、日払いの仕事をしていたということ。草むしりをする姿も稀に見かけていたようです。

匂坂絢乃さんの性格「どちらかと言うと物静かな子だった」

どちらかといえば物静かな子だった(小学校時代の同級生)

姿を見かけることはなかった(近所に住む40代女性)

匂坂絢乃さんは浜松市東高校に近い東区の住宅街で家族と共に住んでいたようです。匂坂絢乃さんのことを知っている人物からは「物静かな印象」「おとなしいイメージ」という声が多く聞かれています。匂坂絢乃さんの家族は、父親が医者、母親が薬剤師と経済的にもかなり裕福で金銭的な問題はありませんでした。また周囲住民からも穏やかな人柄で近所に好かれていたとのコメントも地域住民から確認されています。

匂坂絢乃さんの中学校は3月17日に卒業式も控えており、卒業式の直前に亡くなったということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました