るろうに剣心最終章公開発表!前偏となるThe Beginningは十字傷の謎について。原作のあらすじでは?

スポンサーリンク

2020年7月にるろうに剣心最終章、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」が公開決定

これまでの3作全てが公表に終わっている映画、るろうに剣心の最終章の詳細が遂に発表されました。

今回の最終章は2部作となる予定であり、前編では、緋村剣心の十字傷の謎についてがテーマとなっているようです。

剣心の十字傷の謎、原作のあらすじでは理由が明かされている

緋村剣心の左頬にある十字傷、この十字傷をテーマに最終章の前編は、ストーリーが展開されるようです。

この十字傷はなぜ付けられたのでしょうか?原作のるろうに剣心では、十字傷の謎について明かされています。

十字傷は一気に付けられたものではなく、別々に付けられた

原作でいうと、剣心につけられた十字傷は一気に付けられたものではありません。

一つ目の傷は、幕府の要人を倒すために、護衛の人間を倒した際に付けられた傷です。

この護衛の名前は、原作では「清里」とされ、清里に付けられた傷は一つ目の傷ということになります。

二つ目の傷は清里の婚約者に付けられた傷

そして二つ目の傷、この傷を付けられたことで緋村剣心の左頬には十字傷が完成したことになります。

この傷は一つ目に傷をつけた清里の婚約者に付けられたものです。

この婚約者の名前は「雪代巴」、後に剣心の妻となる人間です。

雪代巴は、もともと婚約者である清里が殺されたことへの復讐として、剣心の元に近づいたのですが、次第に剣心に心惹かれていく形になります。

この雪代巴は、ある事故により、緋村剣心に切られて亡くなってしまいます。

二つ目の傷は、原作とOVA版で理由が若干違う

緋村剣心に切られてしまう雪代巴、この際に二つ目の傷が付けられるのですが、

この理由が原作とOVA版で若干違うのです。

原作では

雪代巴を切った際に飛んできた刀が、剣心の頬をかすり、二つ目の傷が出来ることになりました。

対してOVA版では、切られた雪代巴が息絶える前に、剣心の頬に傷を付けるというものです。

OVA版ではなぜ、雪代巴は剣心の頬に傷をつけた?

OVA版にて雪代巴が自分で剣心の頬に傷を付けた理由として、多くの考察が飛び交っています。

最も可能性が高いのではという理由では、元婚約者に付けられた傷の消すように傷を付けたことから、雪代巴が剣心のことを許したという意味を込めて、一つ目の傷の中心に傷を付けたのではないでしょうか。

実際に、一つ目の傷を付けた際には、血が止まらないという描写が描かれていたものの、二つ目の傷では全く血が流れている描写がありません。

これは復讐からの解放ということをテーマにしたのではないでしょうか。

るろうに剣心最終章も原作通りになるのか?

2020年7月に公開予定のるろうに剣心最終章、十字傷の謎に迫るストーリーでは、原作通りの展開となるのでしょうか?また、原作通りだとしても、OVA版の展開を見せるのかどうかも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました