事件

赤堀恵美子、碇利恵のツイッター特定?不倫偽装の詳細とは?

赤堀恵美子碇利恵Twitter事件

2020年福岡にて碇翔士郎ちゃんという5歳の男の子の命が尽きた。その理由としては母親である碇利恵さんが飢えさせたことが理由となっている。碇利恵さんが食事を与えなかった理由としては単純にお金が無かったからだけではなく、赤堀恵美子の精神的支配が原因となっている。なんと碇利恵さんはママ友である赤堀恵美子さんにお金をだまし取られ続けていたということだ。

今回は赤堀恵美子、碇利恵容疑者のツイッターやFacebookなどのSNSアカウントが特定されているのかを中心にリサーチした。

碇利恵容疑者は赤堀恵美子容疑者に騙された

そもそもなぜ碇利恵容疑者は、わが子である碇翔士郎ちゃんを飢えさせたのか。その理由はなんなのか?

そうした中で、翔士郎ちゃんの餓死につながったとみられる食事の支配が行われたとという。

「子どもが太っていたら、夫との裁判で養育費や慰謝料が取れない。監視カメラで見張っている」

碇容疑者に対し赤堀容疑者は、家の中に監視カメラを設置し、共通の知人が見張っているなどと信じ込ませていたという。

引用元:FNNプライムオンライン

碇利恵さんのママ友である赤堀恵美子さんは、碇利恵さんに対して、あなたの夫が不倫をしていると嘘の情報を流し、浮気調査や離婚訴訟を偽って多額のお金をだまし取っていた。その金額はおおよそ一千万円。

更に赤堀恵美子さんは、子供が太っていたら裁判で負けてしまうなどと碇利恵さんに伝え、ろくに食事を与えられていなかったようだ。

碇利恵さんには3人の子供がおり、今回の被害者である碇翔士郎ちゃんは三男であるが、上の子供二人もやせ細っていたという。

既に碇利恵さんは夫が不倫・浮気をしていると思い込み、2019年には離婚を成立させている。周りに支えてくれる人もいなかったのだろう。

赤堀恵美子、碇利恵のツイッターアカウント特定

それでは今回の容疑者である赤堀恵美子さんと碇利恵さんはSNSなど使っていたのか。

なんと今回の事件の騒動にこのSNSが絡んでいる。

赤堀恵美子さんは、碇利恵さんの夫のTwitterアカウントを発見したらしく、そこには妻である碇利恵さんへの愚痴や不満がツイートされていた。

その中には不倫を感じさせるツイートも確認されていたが確証は無かった。

そんなツイートをうまく巧みに使ったのが赤堀恵美子さんだということ。赤堀恵美子さんは旦那が不倫をしているということで、浮気調査や離婚訴訟をすると碇利恵さんに伝え、その資金を請求したということだ。

結果碇利恵さんは赤堀恵美子さんに金銭的支配、精神的支配を受ける形となり、今回の事件が起きたということだ。

もちろん碇利恵さんの旦那のTwitterアカウントは、碇利恵さん、赤堀恵美子さんのツイッターから発見されたもの。

現に碇利恵さんのツイッターアカウントらしきものは特定されており、「利恵」というアカウント名となっている。

また赤堀恵美子さん自身のTwitterアカウントらしきものも特定はされているが、鍵付きとなっており、確証はされていない。

碇利恵のTwitterから垣間見れるストレス

碇利恵さんのツイッターアカウントと思われるものからは、「また頭悪いと言われた」「暴言きついわぁ」など多くの愚痴ツイートが確認されていた。

おそらくこの愚痴の対象は、日ごろから高圧的な態度となっている赤堀恵美子さんに対してである可能性が高い。

テレビメディアでは、周囲の住人から、赤堀恵美子さんが碇利恵さんに対して高圧的な態度を取っていたということも証言されていた。

まとめ

今回は赤堀恵美子、碇利恵さんのツイッターアカウントに関してリサーチしたが、本人たちのものと思われるTwitterアカウントは確かに存在した。

リンクに関しては、一般人であるということからも記載はしないが、今回の一件に関してSNSが関与していた可能性は高いのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました