石井一雄の飲酒量は?生い立ちなどは明らかとなっている?

スポンサーリンク

千葉県成田市で石井一雄容疑者が飲酒運転を行い、対抗して走っていたワンボックスカーと衝突。被害にあったのは40代の夫婦と4歳から9歳のその子供である。

石井一雄容疑者は犯行理由についてお酒のつまみを買いに行ったと証言している。

あまりにもふざけた理由により一つの命を奪うことになってしまった今回の事件。

果たして石井一雄容疑者は一体どれほどの飲酒をしていたのか、また生い立ちについては判明しているのかリサーチした。

千葉県成田市飲酒運転、橋本真衣子さんが命を落とす

11日、千葉県成田市で乗用車が家族2組が乗ったワゴン車と衝突して7人が死傷した事故で、64歳の男が逮捕されました。男は「酒を飲んでつまみを買いに行く途中だった」と話しているということです。

成田市の自称・建設業、石井一雄容疑者は酒を飲んで車を運転し、対向車線にはみ出してワゴン車と衝突し、橋本真衣子さん(44)を死亡させた疑いが持たれています。ワゴン車には橋本さん家族と友人の家族が乗っていて、子ども4人を含む5人が軽傷です。石井容疑者もけがをしました。警察によりますと、石井容疑者は「家で酒を飲んでいて、車でつまみを買いに行く途中だった」と話しているということです。石井容疑者の呼気からはアルコールが検出されています。

引用元:テレ朝NEWS

ネットで波紋を生んでいる飲酒運転事故の詳細は以下の通りである。

10月11日に千葉県成田市で発生

加害者は石井一雄容疑者64歳

石井一雄容疑者はお酒のつまみを買うという理由で飲酒運転、運転中対向車線をはみ出し、反対側を走っていたワンボックスカーと衝突

ワンボックスカーに乗っていた40代の夫婦と4歳から9歳の子供が乗っていた

7人はケガを負うことに。更に橋本真衣子さん44歳は命を落とす結果となった

千葉県成田市ということもあり、決してコンビニが普及していない場所でもない。わざわざ飲酒しているにも関わらず車に乗り、一つの命を奪ってしまうことになってしまった。

石井一雄の飲酒量は?

では石井一雄容疑者はどれほどのお酒を飲んでいたのか?

一般的に道路交通法では呼気1リットルあたり0.15mg以上のアルコールが検知された場合、酒気帯び運転とされる。

この呼気1リットルあたり0.15mgとはどれほどの飲酒量になるのか?

0.1mg~0.2mgのアルコール = ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合

もちろん個人差も存在するものの、お酒は少しでも飲んだらアルコールが検知されることがわかる。

ここから対向車線をはみ出すほどの泥酔運転となるのはどれほどの飲酒量となるのか?

一般的に千鳥足になるような飲酒量は以下となっている。

ビール中瓶 4~6本

日本酒 4~6合

ウイスキーダブル 5杯

このデータを見ると、石井一雄容疑者も相当の量のお酒を飲んでいた可能性があるだろう。

石井一雄の生い立ちは判明している?

石井一雄容疑者のFacebookやインスタグラムなどのSNSアカウントは未だ特定されていないため、過去の経歴については不明だ。

現在わかる点としては、職業が建設業ということのみだ。

そんな中、石井一雄容疑者の知人からの情報は以下のようになっている。

(仕事は)とても真面目で無遅刻無欠勤。普段もお酒は好きで飲んでいたんですけど、必ず自宅で毎日飲んでいる感じで、飲酒運転なんかをする人ではない。ビックリしてショックです…

引用元:FNNプライムオンライン

石井一雄は普段は真面目

なんと石井一雄容疑者を知る知人からは、普段の石井一雄容疑者は仕事を無遅刻無欠席になるほどの真面目な人物と語っている

お酒により判断が鈍くなってしまったのか、もしくはお酒を飲むと性格が変わるタイプだったのか。

どちらにしてもお酒による失敗という言葉だけでは済んでしまうことではない。

今回命を落とした橋本真衣子さん。その夫や残された幼い子供のことを考えると怒りが湧いてくる人も多いことだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました