美智子さま、9月より吐血が見られていると発表!その大きな原因はなに?

スポンサーリンク

美智子さま、9月より嘔吐と吐血

9月半ば以降、美智子さまは嘔吐されることが数回あり、時には血が混じっていたと初めて聞かされました。現在は、投薬で1カ月ほど前から症状が治まっているというのですが、”主にストレスが要因でないか”というのが、上皇職の見立てでした。

引用元:週刊新潮

週刊新潮のインタビューで書かれた文章、発言者は高橋美佐男・上皇侍従次長です。

ご退位後、多くのストレスが溜まっており、それが体に不調としてでているのではと説明する上皇侍従次長。ではそのストレスとはなんなのでしょうか?

ストレスの原因は週刊誌が挙げた「二重権威」?

上皇侍従次長は続けて、そのストレスについて、週刊誌の記事が大きな原因というような口ぶりで話を続けたようです。

『(上皇ご夫妻は)新聞を隅々までご覧になっていないかもしれないが、掲載された週刊誌の広告を見れば、”叱責””二重権威””(天皇皇后両陛下への)干渉”などんお見出しが躍っている』『(ご退位後は)お好きなことをなさって過ごしてほしかったのに、ご在位中とは手のひらを返したような記事が出ている。新聞の広告も以前より大きくなっている気がするし、どうしてあんな記事が書けるのか』

引用元:週刊新潮

このように、美智子さまは、週刊誌に対して批判を続けているといいます。

となると、今回吐血にも及んだストレスの大半は週刊誌による心無い記事が原因となるのでしょうか?

官庁内の不作為、そして小室圭氏の一件についてのストレス

上述だけ読んだ場合、美智子さまへのストレスの多くは週刊誌にあると捉えることができます。しかし皇室ジャーナリストが語るには、ストレスは官庁内の不作為も大きな要因であると思わせる発言もしています。

更に皇室ジャーナリストはこう答えています。

ひとくちにストレスと言っても、高輪へのお引越しの膨大な作業もあり、政府がなかなか進めようとしない皇位の安定的継承に関する議論の行方もある。また、秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんとの納采の儀が宙ぶらりんという状況は平成から続いており、ご退位の儀式でのお疲れが残っている可能性もあります。考えられる要因は多くあるのに、今回の官内庁の発表は、それらを無理にメディアのせいにしているようにも感じます。

引用元:週刊新潮

美智子さまに対するストレスをすべて週刊誌のせいにしているように感じると答えている皇室ジャーナリスト。

多くの要因を考えると、現在最もストレスになっているのは、やはり眞子さまと小室圭氏の結婚が未だにはっきりと決まっていないことにある気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました