梯沙希(かけはしさき)の経歴プロフィールは?宮崎県出身?

スポンサーリンク

3歳の娘梯稀華(のあ)ちゃんを置いて、鹿児島へ旅行に行っていたとされる梯沙希(かけはしさき)容疑者。小さな命を奪った非情な事件である。

今回はそんな梯沙希(かけはしさき)容疑者の経歴やプロフィールについてリサーチした。

3歳娘を1週間置いて鹿児島へ旅行に行った梯沙希

逮捕容疑は6月13日までの8日間、大田区蒲田1の自宅マンションに長女の稀華(のあ)ちゃん(3)を約1週間放置し、死亡させたとしている。「間違いない」と容疑を認めているという。

引用元:毎日新聞

梯沙希(かけはしさき)容疑者は3歳の娘である、のあちゃんを置いて、男性に会いに鹿児島へ行っていたとされる。その間にのあちゃんの命は失われてしまった。

梯沙希(かけはしさき)容疑者は、シングルマザーであり、これまで一人で子供を育ててきたようだが、度々子供を放置した経緯もあるようだ。

梯沙希(かけはしさき)のプロフィールは?九州出身?

自身の子供を放置して新型コロナウイルスが蔓延する中、県外旅行していた梯沙希(かけはしさき)容疑者とは一体どのような人物なのか?

既に梯沙希(かけはしさき)容疑者のインスタグラムも特定されている。

  • 名前:梯沙希
  • 年齢:24歳
  • 居住地:東京都大田区鎌田
  • 職業:居酒屋店員
  • 出身地:宮崎県?

今回、男性に会いに鹿児島へ訪れていたとされる梯沙希(かけはしさき)容疑者だが、梯沙希容疑者自身も九州出身の可能性がある。

知人などによりますと、逮捕された梯沙希容疑者(24)は、小学生の時に宮崎県内の児童養護施設に預けられたということです。

引用元:NHK

梯沙希(かけはしさき)容疑者は、小学校時代は宮崎県にいたことが明らかとなっている。滞在していたのは児童養護施設だということだが、なにか問題があったのか?

現在は母親が経営している居酒屋で勤務していたということも明らかとなっているため、孤児というわけではないだろう。

梯沙希(かけはしさき)の経歴や出身校は?

小学校時代に宮崎県の児童養護施設に居たことが判明されている梯沙希(かけはしさき)容疑者。

中学校ではバスケットボール部、高校ではバレーボール部で練習に打ち込んでいたということです。

引用元:NHK

中学校・高校共に運動系の部活にも所属していたことが明らかとなっており、健全な女子高生だった可能性は高いだろう。

バスケ部やバレー部に所属していた経歴がある。

また今回娘であるのあちゃんを放置していたことが明らかとなっている梯沙希(かけはしさき)容疑者だが、以前は娘に溺愛だったことも明らかとなっている。

3年ほど前に離婚し、それ以降、1人で娘を育てていましたが、友人は「『のんちゃん、のんちゃん』と溺愛している様子で、SNSにも写真を投稿していました」と話していました。

去年12月には稀華ちゃんと遊園地を訪れ、遊んでいる写真がSNSで投稿されていたほか、稀華ちゃんの3歳の誕生日に撮影されたとみられる写真には、たくさんのプレゼントに囲まれて笑顔を見せる姿が残されています。

引用元:NHK

梯沙希(かけはしさき)容疑者は2017年前後で離婚したことが明らかとなっている。つまり娘であるのあちゃんが生まれた前後で離婚したということになる。

2019年までのあちゃんと一緒に写ったSNSも多くあったようだが、2020年に入り、SNSでの写真は友人との写真が多くなったようだ。

梯沙希(かけはしさき)容疑者のインスタをチェックすると、最近ではのあちゃんの姿は全く見られない。

もしかしたら新型コロナウイルスによる自粛ストレスが今回の事件を生んだ可能性も否定はできないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました