ワタナベエンタ常務セクハラアイドルは西岡健吾?誰?

スポンサーリンク

ワタナベエンターテイメントの常務取締役である大澤剛さんが若手男性アイドルに対してセクハラをしていたことが密かに話題になっている。

今回はワタナベエンタ常務セクハラされた男性アイドル、西岡健吾さんについてリサーチした。

ワタナベエンタ常務セクハラ発覚!相手は若手男性アイドル!

テレビ業界に大きな影響力を持つ、最大手の芸能プロダクション「株式会社ワタナベエンターテインメント」。その常務取締役の要職に就く大澤剛氏(47)が、自身がプロデュースした若手男性アイドルに対し、約1年間にわたって、卑劣極まりないわいせつ行為や肉体関係を含むセクシャルハラスメントに及んでいたことが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。被害男性のA氏(20代)は記者に対し、セクハラの事実を認めた。大澤氏は既婚者だ。

引用元:文春オンライン

ワタナベエンターテイメントの常務取締役である大澤剛さんが、自身がプロデュースした男性アイドルAに対して1年も渡りセクハラをしていたことが明らかとなった。

セクハラを受けたアイドルAは週刊文春のインタビューに対して、その事実を認めており、ワタナベエンタ常務セクハラテイメントも公式サイトから謝罪文を記載している。

文春からは6月9日に問い合わせがあり、同日、社内で調査委員会を設置する事を決定し、この件に関する調査を開始しております。現在、事実関係の詳細について確認中ですが、このような記事が公表されたこと自体、弊社が設立以来大切にしていた、お互いに信頼し合い、能力を引き出していくというポリシー、タレントとマネージャーの対等な関係性を損なうものであると認識しています。

引用元:ワタナベエンターテイメント公式サイト

ワタナベエンターテイメントとしても、事実調査を行なっている段階とのこと。

今後更なる発表があるのか?

ワタナベエンタ常務セクハラされたアイドルは西岡健吾?

ではワタナベエンタ常務セクハラされた男性アイドルは誰だったのか?

ネットではワタナベエンタ常務セクハラされた男性アイドルは西岡健吾さんという人物の名前が上がっている。

その理由として、文春オンラインが挙げた男性アイドルの特徴が西岡健吾さんと一致しているという事から話題になっている。

文春オンラインで記載された男性アイドルの特徴

  • 中性的キャラクター
  • 細身
  • 大澤剛がプロデュースした
  • 2019年に所属グループを卒業
  • 2020年に事務所を退所
  • 2020年6月現在までフリーで活動中

この特徴に全て一致したのが、西岡健吾さんだというのだ。

西岡健吾さんの顔画像を確認したところ、確かに中性的な顔。というよりももはや女性にも見える顔立ちだ。

西岡健吾のプロフィール経歴

西岡健吾さんとはどのような人物なのか?経歴やプロフィールをリサーチした。

  • 生年月日:1997年10月22日
  • 身長:172センチ
  • 出身地:愛知県
  • 特技:ピアノ、長距離走

西岡健吾さんが2019年まで所属していたアイドルグループ名がMAG!C☆PRINCE、通称マジプリだ。

マジックプリンスを卒業後は現在フリーランスとしてアイドル活動を実施中。

西岡健吾さんのグッズが売っている「ごんちSHOP」の人気もかなり高いとの事だ。

ワタナベエンタ常務セクハラは志尊淳や山田裕貴も被害に?

西岡健吾さんと大澤剛さんのLINEのやり取りと思われる内容には、志尊淳さんや山田裕貴さんの名前も挙がっていたことが文春オンラインに掲載されているLINE画像で判明している。

《A~ここまで俺がやりとりしてる若手は志尊と山田裕貴ぐらいだからね!》(2018年12月26日7時59分)

引用元:文春オンライン

臆測の段階ではあるが、山田裕貴さんや志尊淳さんも西岡健吾さんと同様な事態が起きた事もあるのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました