八王子15歳高校生の入手経路は闇市場でスミス&ウェッソン?

スポンサーリンク

東京都八王子市で15歳男子高校生が拳銃を用いて自らの命を絶ったとされる事件。ネットではどうやって拳銃を手に入れた?拳銃の入手経路は?と話題に挙がっていた。

今回はそんな八王子市で起きた事件で、15歳男子高校生が入手した拳銃の入手経路ルートについてリサーチした。

八王子市15歳高校生が拳銃で自らの命を断つ

6月8日午前8時ごろ、東京都八王子市元八王子町の住宅の2階の部屋で、高校1年の男子生徒(15)が頭から血を流して倒れているのを母親が発見した。男子生徒は119番通報で病院に搬送されたが、死亡した。

引用元:AERA dot.

東京都八王子市で起きた事件。

15歳の男子高校生が拳銃のようなものを用いて自らの命を絶ったとされる事件が報じられている。

事件場所ほ八王子市にある自宅の2階、15歳男子高校生の部屋だったとの事。

ネットでは男子高校生の動機や拳銃の入手経路ルートについて疑問が多く挙がっている。

そんな拳銃の入手経路ルートが遂に明らかになり出している。

八王子15歳高校生の拳銃入手経路は闇市場?

八王子15歳男子高校生が入手した拳銃のルートはどこなのか?

捜査関係者によりますと、現場にあった拳銃は、アメリカの『スミス&ウェッソン』製の真正で、闇サイトなどを通じて入手した可能性もあるとみられ、警察は現在、スマートフォンなどの解析を進めています。

引用元:テレ朝NEWS

八王子15歳男子高校生が所持していた拳銃の詳細も明らかになりつつある。

捜査関係者の情報では、八王子15歳高校生が入手した拳銃はネットの闇サイトを通じて購入された可能性が高いとみてスマホなどを操作しているようだ。

一般の高校生でも帰るほど日本の法は甘くなってしまったのか?

八王子15歳高校生の用いた銃はスミス&ウェッソン製のリボルバー?

また八王子15歳高校生が使用した拳銃らしきものは、紛れもないアメリカ製の拳銃であり、スミス&ウェッソン製の物だったことも明らかになっている。

ネットなどでは3Dプリンタや改造銃では?との疑問の声も挙がっていたが、真相は本物のアメリカ製の拳銃だったということになる。

銃は日本でも簡単に手に入る?

ではアメリカ生活のスミス&ウェッソンの拳銃は一般高校生にも簡単に入手できる物なのか?

どんなに安いのもでも、本物なら1丁20万円はするはずだという。

「相場は30万円から50万円かな。もし売ってくれる人がいたところで、高校生が買える金額ではない。

引用元:AERA dot.

拳銃は安くても20万程度はする、高校生で買えるものではないとのニュース生地も確認できた。

しかし問題は数十万出せば容易に拳銃が購入出来てしまうことが問題なのではないだろうか?

今後更なる調査の上で、銃刀法違反の強化を望みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました