コロナ微陽性の意味は弱陽性と同じなのか?坂本勇人、大城卓三コロナ微陽性

スポンサーリンク

プロ野球、巨人の選手である坂本勇人選手と大城卓三選手が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。坂本勇人選手と大城卓三選手は「微陽性」と発表している。

では今回発表された新型コロナウイルス微陽性とはどういう意味なのか?これまでに聞きなれない言葉なだけあって納得いかない人も多いだろう。

坂本勇人と大城卓三が新型コロナウイルス微陽性

プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が、新型コロナウイルス感染の疑いでPCR検査を受け、陽性だったと発表した。

引用元:朝日新聞

プロ野球選手である坂本勇人選手と大城卓三選手が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかとなった。

2人のスポーツ選手のコロナウイルス感染がネット上では大きな話題を生んでいる。中には感染経路や行動歴の憶測から非難の声も挙がっているほどだ。

しかし今回のプロ野球選手の報道の中で一点引っかかるところがある。

それが「微陽性」という言葉だ。新型コロナウイルスの感染が広まって早数カ月、世界的に広まったコロナウイルスだが、これまでに微陽性という言葉に馴染みは無い。

はたして微陽性とはどういう意味なのか?

微陽性の意味は弱陽性と同じ?

陽性判定が出た2人の新型コロナウイルスの遺伝子量は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」で、回復を示す抗体を持っているため、専門家は、感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を示した。

引用:朝日新聞

コロナウイルス感染拡大が広がる中、新たなキーワードであるコロナウイルス微陽性という言葉。

今回の坂本勇人選手や大城卓三選手のコロナウイルス感染発表では、微陽性の理由を以下のようにコメントしている。

  • コロナウイルスの遺伝子量は微量
  • 正常値ぎりぎり

微陽性という意味をリサーチしたが、はっきりとした微陽性に対する解説は確認できなかった。

しかし微陽性の代わりに弱陽性というキーワードを確認した。

弱陽性という言葉は香港でイヌが新型コロナウイルスに感染した際のPCR検査の結果として発表されている。

PCR検査で弱陽性とは何を指しているかです。どんな検査法でも判定が曖昧な場合があります。この場合、決して陽性とは考えず、繰り返し日を変えて検査したり、他の検査法を併用して最終的に判断するものと思います。

引用元:動物薬教育研究センター

またある動物学者からは、弱陽性について以下のようなコメントが確認されている。

ある動物ウイルス感染予防専門家は、「弱陽性はウイルスの濃度が低いということだ。新型コロナウイルスは現在PCR検査が中心的だが、この方法は一方で、ウイルスの一部のみを検出し、ウイルスが活性を持つとは限らない。もう一方で、犬のコロナウイルスと人のコロナウイルスの間には一定の配列の相同性がある。この犬はPCR検査で弱陽性反応を示したが、交差感染の結果を意味する可能性がある。さらなる検査により科学的な結論を導き出さなければならない」と述べた。

引用元:science portal China

あくまでも弱陽性という言葉は動物に対してコロナウイルス感染した際に表現された言葉だが、つまり弱陽性とは陽性と判断することが出来ず、継続して検査しないといけない状態ということだろう。

今回野球選手のコロナ感染で報道された微陽性と弱陽性は同様の意味を持つものなのかは不明だ。

コロナウイルス微陽性は感染しないのか?

では微陽性と診断された坂本勇人選手と大城卓三選手は、今後二次感染の可能性は無いのか?

入院した都内の医療機関で、PCR検査を連日実施し、陰性が確認でき次第、早期にチームに合流することを目指す。

引用元:朝日新聞

専門家は今回PCR検査の結果が微陽性であったことと同時に、コロナウイルスの抗体であるIgG抗体が確認されていることから二次感染の可能性は低いとしているようだ。

今後2人は病院へ入院後、PCR検査にて陰性が確認されると再び野球の練習に戻れるのだろう。

まとめ:微陽性と弱陽性の意味は同様の可能性がある

今回坂本勇人選手と大城卓三選手のコロナウイルス感染が微陽性だったことについて、ネットで調べても微陽性の意味を確認することが出来なかった。

しかし同じコロナウイルス関連で弱陽性というものがイヌから確認されており、弱陽性と微陽性が同様の意味の可能性は十分に考えられるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました