摂津市事務ミス1500万円の60代男性は誰で1500万円使い道は?

スポンサーリンク

大阪府摂津市で事務ミスが生じた。なんと60代一般男性に対して、住民税約1500万円が過大に還付されていたというのだ。

今回は住民税約1500万円という大金を過大に還付された60代男性は誰なのか特定されているのか。また1500万円の使い道はなんだったのかまとめた。

摂津市事務ミスで1500万円過大還付の詳細は?

今回、大阪府摂津市から事務ミスで約1500万円という大金が60代一般男性に届いたという事件が発覚した。詳細は以下の通りだ。

大阪府摂津市が事務的ミスで、60代の男性に対し住民税約1500万円を過大に還付していたことが関係者への取材で明らかになった。男性は「還付金は既に借金返済や株取引の損失補塡(ほてん)に充ててしまったので返還できない」と説明している。市側は返還を求めて法的手段に訴える意向を示しているが、男性の代理人弁護士は「返納請求を受けた時点で使い切っていたので、返還義務はない」と主張している。

引用元:毎日新聞
  • 摂津市の事務ミスが起きたのは2018年7月
  • 配当割額及び株式等譲渡所得割額の還付金を60代男性に送った
  • 60代男性には1667万5577円振り込んだが、事務ミスだったことが判明。実際は165万5577円だった
  • 2019年10月(還付から1年3カ月後)に摂津市は謝罪と共に差額の1500万円の返還を求めた
  • しかし60代男性は還付されたお金は既に使ってしまったと訴えている

165万円渡すつもりが1667万円渡してしまったという重大な事務ミス。更に男性は返還を求められた1年3カ月後には全部使ってしまったと訴えている。

確かに1年以上も経過はしているが、1500万円という大金をすぐに使ってしまったことにも驚きだ。

60代男性はミスに気付いていなかったのか?返還を求められる前に全て使ってしまおうと敢えて使い切ってしまったのかなどは不明だ。

摂津市事務ミス1500万円を受け取った60代男性は誰か特定されている?

では実際に摂津市から約1500万円を受け取った60台男性とはどのような人物だったのか?

60台男性は一般人の可能性があるため、特定はされていない

しかし「配当割額及び株式等譲渡所得割額」の還付金を受け取るというところから60代男性は株に投資していた人物だということがわかる。更に正式な還付金も165万円だったということから、比較的大きな投資家だったのかもしれない。

摂津市事務ミス1500万円を受け取った60代男性の使い道は?

では摂津市事務ミス1500万円を受け取った60代男性は約1年間のうちにどのようなことに1500万円を使ってしまったというのだろう。

「還付金は既に借金返済や株取引の損失補塡(ほてん)に充ててしまったので返還できない」

引用元:毎日新聞

受け取った事務ミス1500万円は株の投資や借金返済に充てたと60代男性はコメントしているようだ。

実際10倍近くの還付金に60代男性も気付かないわけはないだろう。そのまま1年以上も放置していた摂津市にも重大な責任があるが、もしかしたら事務ミス1500万円を受け取った60代男性は受け取った1500万円を大きな株に投資し、あわよくば返還しながら利益が出た分を貰おうとしていたのかもしれない。

摂津市事務ミス1500万円は今後返還されるのか?

男性の弁護士によると、法律上、男性は不当に利益を得たことになるが、民法は手元に残っている利益について返還義務があるとしている。男性は全額を使ったと主張しているため、市が訴訟を起こした場合、男性側は全面的に争う方針という。

引用元:毎日新聞

今後、摂津市が提訴を起こす場合、裁判問題に発展する見通しとなっている今回の摂津市事務ミス1500万円事件。

事務ミス1500万円が今後返還されるかどうかは裁判しだいということになるが、摂津市も摂津市で何かしらの責任を取ってもらいたいと考えてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました