黒川弘務と賭け麻雀した産経新聞A記者は誰で、今後辞任の可能性もある?

スポンサーリンク

文春オンラインにて、黒川弘務東京高検検事長が、ステイホーム週刊にも関わらず、産経新聞A記者、朝日新聞の元検察担当記者と賭け麻雀をしていたことが明らかとなった。

今回は黒川弘務さんと共に賭け麻雀をしていたことが明らかとなった、産経新聞記者Aや朝日新聞の元検察担当記者は誰なのかをまとめた。

また黒川弘務さんは賭け麻雀をしたことにより、今後辞任する可能性があるのかもリサーチした。

黒川弘務東京高検検事長が新聞記者と賭け麻雀

文春より黒川弘務東京高検検事長が産経新聞A記者と朝日新聞の元検察担当記者と共に賭け麻雀をしていたことが明らかとなった。

東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

引用元:文春オンライン

事態が明らかとなったのは、東京都が緊急事態宣言を出している最中である5月1日、安倍首相も「人との接触を7割減らすように」と訴えていた期間中に起きている。

文春によると、賭け麻雀は19半頃から産経新聞A記者のマンションで行われており、深夜2時まで続いたという。

更に驚くべき点として、賭け麻雀を行ったのが、この5月1日だけでは無かったということだ。

5月13日にも同様に産経新聞A記者のマンション宅で賭け麻雀をしていたらしく、黒川弘務さんの送迎には各社のハイヤーが準備されることが恒例だったということだ。

黒川弘務と賭け麻雀した産経新聞A記者は誰?

では黒川弘務さんと共に賭け麻雀をしていたという産経新聞A記者とは誰なのか?

5月20日現在の時点で、産経新聞広報部は以下のようにコメントしているようだ。

「取材に関することには従来お答えしておりません」とコメント。その後、東京編集局長名で「取材過程で不適切な行為が伴うことは許されないと考えています。そうした行為があった場合には、取材源秘匿の原則を守りつつ、社内規定にのっとって適切に対処してまいります」

引用元:朝日新聞

つまり産経新聞としては、今回の黒川弘務さんとの賭け麻雀が事実だった場合、取材源秘匿(取材に際しての情報源である人物を特定しうる情報を他に漏らさないこと)で対処していくとのこと。今後も産経新聞記者が誰だったのかは、産経新聞サイドからは発表が無い可能性があるだろう。

黒川弘務と賭け麻雀をした朝日新聞元検察担当記者は誰?

では黒川弘務さんと賭け麻雀をしていたもう一人の人物、朝日新聞の元検察担当記者とは誰なのか?

こちらも朝日新聞社広報部がコメントしているようだ。

東京本社に勤務する50歳代の男性社員が、黒川氏とのマージャンに参加していたことがわかりました。金銭を賭けていたかどうかについては、事実関係を調査して適切に対処します。社員はかつて編集局に所属していた元記者で、取材を通じて黒川氏と知り合い、編集局を離れてからも休日や勤務時間外に飲食などをしていたと話しています。勤務時間外の社員の個人的行動ではありますが、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびします。

引用元:朝日新聞

つまり朝日新聞社からは、賭け麻雀をしていた人物をある程度はコメントしているということになる。

  • 年齢:50代男性
  • 元朝日新聞編集局に所属していた記者
  • 黒川弘務とは休日やプライベートでも飲食を共にしていた

黒川弘務さんが2020年5月現在で63歳ということで、朝日新聞の元検察担当記者は年下の元新聞記者ということであり、プライベートでも関係があったようだ。

賭け麻雀をした産経新聞A記者のマンションの場所は?

黒川弘務さんが賭け麻雀をしていたとされる、産経新聞A記者のマンションはどこにあるのか?もちろん具体的な情報は公開されていない。

しかし文春では「隅田川のほとり、茶色の瀟洒マンション」という文脈を残している。

隅田川流域の茶色の高級マンションが産経新聞A記者のマンションということになるだろう。

黒川弘務東京高検検事長は辞任の可能性が今後あるのか?

与党・公明党の石田祝稔政調会長は20日の記者会見で「賭けマージャンが事実であれば」と前置きしたうえで「職を続けられる話ではないだろうと思う」と述べた。自民党中堅議員も「もう辞めるしかない」と語った。国民民主党の玉木雄一郎代表は同日の会見で「事実関係を明らかにしたうえで、説明責任をしっかり果たしてもらわなければならない」と求めた。

引用元:朝日新聞

黒川弘務さんといえば、最近では検察庁法改正法案について話題となっている渦中の人物。このタイミングで賭け麻雀が事実だった場合、非難は声は尋常ではないことになってしまう。

そもそも賭け麻雀というギャンブルが禁止されている中で、更に多くの民衆が不要不急の外出の自粛を強いられている中の問題。

黒川弘務さんは今後辞任という形で辞めてしまう可能性も十分に考えられるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました