笑福亭鶴志の経歴プロフィール、笑福亭鶴瓶との関係性は?

スポンサーリンク

落語家の笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんが5月8日に心不全・腎不全により亡くなられたことを松竹芸能が発表した。

落語家と言えば笑福亭鶴瓶さんを思い浮かべる方も多いと思うが、笑福亭鶴志さん(しょうふくていかくし)さんとはどのような人物だったのか。経歴やプロフィール、更に笑福亭鶴瓶さんとの関係性についてリサーチした。

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)のプロフィール

まずは笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんとはどのような人物だったのか?プロフィールをまとめた。

本名:冨松和彦

生年月日:1955年8月24日

年齢:64歳

身長:170㎝

体重:100㎏

趣味:野球

出身地:大阪

血液型:A型

参考元:松竹芸能など

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは64歳という若さで亡くなられたことがわかる。

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは、2018年にすい臓がんを患ったものの、手術により回復。その後は特に大きな病気も無く、2020年4月まで劇場にも出演していたということだ。

では今回の原因となった心不全・腎不全はいつ患ったのか?

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは、5月7日に体調不良となり、5月8日には急変したという報道がある。

あまりにも突然の事態に、芸能界では驚きと悲しみの声が多く挙がっているようだ。

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)の経歴

次に笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんの経歴についてご紹介する。

出身校・大学

  • 平安高校卒業
  • 大阪産業大学中退

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは大阪産業大学を中退し、落語家の道に進んだようだ。1974年の大学中退の年に6代目笑福亭松鶴さんに弟子入りしている。

翌年である1975年には、初舞台を愛知県にある大須演芸場で初舞台をしたようだ。

その後は落語家としての実力を着々と挙げている。

  • 1982年:ABC落語漫才新人コンクール最優秀新人賞
  • 1997年:大阪文化祭賞奨励賞

また笑福亭鶴志さんはメディアへの露出も行っていた。代表的なテレビ番組としては朝日放送の「わいわいサタデー」や「ザ・ビッグ」、サンテレビ系列の「大人の絵本」などに出演していた。

笑福亭鶴瓶と笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)との関係性は?

笑福亭といえば、やはり笑福亭鶴瓶さんが有名なところ。

笑福亭鶴瓶さんと笑福亭鶴志さんの関係はどうなっているのか?

笑福亭鶴瓶さんも笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんと同様に6代目笑福亭松鶴さんを師匠に持つ。

1974年に弟子入りした笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんと比べて、笑福亭鶴瓶さんは1972年に弟子入りしていることから2年先輩ということになり、笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは笑福亭鶴瓶さんの弟弟子ということになる。

2年の差ということもあり、笑福亭鶴瓶さんとも何かしらの面識はあっただろう。

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)の結婚は?嫁や子供はいた?

それでは笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんは結婚していたのか?笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんの年齢は64歳ということもあり、結婚していたも全くおかしくな無い年齢だ。

笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんの葬儀は家族葬で行うとの報道もあることからおそらく結婚はしているだろう。

しかし笑福亭鶴志(しょうふくていかくし)さんの嫁や子供は一般人である可能性が高く、顔写真や詳細についてまでは判明することはなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました