【HKTの博多の乱】A子は誰?首謀者は谷口愛理ではない?

スポンサーリンク

元HKT48の谷口愛理さんがHKTを辞めた理由が「博多の乱」という事件がきっかけなことが文春オンラインより明らかとなっている。

谷口愛理さんを中心に徐々に発覚されているHKT48の闇。

今回は元HKT48の谷口愛理さんが辞めることになってしまった理由となる「博多の乱」の詳細と、首謀者とされているA子さんとは誰なのかリサーチした。

谷口愛理が辞めるきっかけになった博多の乱とは?

谷口愛理さんがHKT48に所属していたのは2011年から2012年のわずか1年の間。

その辞めた理由が遂に文春オンラインの報道で明らかとなった。

辞めた理由が「博多の乱」という一件である。

博多の乱とは?

谷口愛理を含む、HKTのメンバー数人が、当時のイケメン専門学生のファンの部屋に宿泊していたことが明らかになったことがきっかけ。

支配人がHKT48のメンバーの携帯を一斉チェック。そこでファンと繋がっていた5人のメンバーが解雇に至った。

これが博多の乱の概要である。博多の乱が最初に明らかとなった際、その首謀者は谷口愛理さんの可能性が高いとされていたが、今回の報道で更に裏の状況が確認されることになった。

なんと博多の乱の首謀者は谷口愛理さんではなくA子さんと呼ばれるHKT48の他のメンバーだということだ。

博多の乱で辞めたメンバー5人は誰?

ここでは博多の乱により解雇されることになったHKT48の5人のメンバーをおさらいしていく。

管本裕子

古森結衣

谷口愛理

江藤彩也香

仲西彩佳

これらのメンバーが博多の乱によりHKTを解雇されたメンバー。これらのメンバーはGoogle+というSNSサービスを通して連絡をしていたようだ。

ラインなどの一般的なSNSツールでは、HKT48の支配人側にバレる可能性があるため、Google+やカカオトークなどを通してファンとの交流を高めていった可能性があるとされている。

博多の乱の首謀者は谷口愛理ではなくA子

Google+を用いて、他のメンバーと連絡を取りながらイケメン専門学生のファンの自宅へ宿泊を首謀したのが谷口愛理さんとされていたが、Google+を谷口愛理さんに手引きした人物こそがHKT48のメンバーであるA子さんと文春オンラインでは報じられている。

「メンバーの中で最初に繋がることができたのは、谷口ではなくA子でした。まだ誰とも繋がっていない時に、ダメ元でA子にGoogle+でメッセージを送ると返信がきたんです。そして、A子は『これ(Google+)は運営に管理されてないよ』と教えてくれた。そこで、いろんなメンバーにGoogle+でメッセージを送ったんです。そうやって大勢のメンバーとやり取りするなど繋がることができました。

引用元:文春オンライン

このコメントを確認すると、A子さんと言われる人物が谷口愛理さんにGoogle+を勧めた形だということが認識できる。

Google+が運営に管理されていないことを知っていた理由は、自身も同様にファンとの交流に用いていたからだということになる。

博多の乱の首謀者は谷口愛理さんではなくA子さんということがわかる。

HKT博多の乱のA子とは誰?判明後クビにする?

それではHKT48で博多の乱を首謀したA子さんとは誰なのか?

A子について、ネット上でリサーチしたところ、人物を特定することは出来なかった。

A子が2012年に解雇された5人のメンバーに含まれるのであれば、わざわざ今になって名前を伏せる必要もないだろう。

おそらくA子は2012年にHKT48を首になっていない、現役HKT48 メンバーの可能性がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました