善竹富太郎(茂山富太郎)の家族(嫁・子供)や感染経路は特定されている?

スポンサーリンク

狂言師である善竹富太郎(茂山富太郎)さんが新型コロナウイルスによる敗血症にて5月1日に亡くなった。40歳という若さでこの世を去ることになってしまった善竹富太郎(茂山富太郎)さん。

善竹富太郎(茂山富太郎)さんには家族(嫁・子供)はいたのか?仮にいたとするのであれば濃厚接触者となり、症状が出ていないのか気になる点だ。また感染経路については特定されているのか?

善竹富太郎(茂山富太郎)の経歴とプロフィール

善竹富太郎(茂山富太郎)さんの基本プロフィールは以下の通りだ。

  • 本名:茂山富太郎
  • 生年月日:1979年8月10日
  • 年齢:40歳
  • 出身地:東京都
  • 職業:狂言師

参考元:善竹富太郎公式サイト

善竹富太郎(茂山富太郎)の凄い点の一つとして、善竹富太郎(茂山富太郎)さんの曾祖父である善竹彌五郎さんは、狂言界で初めて人間国宝となった凄い人物だということも一つの特徴だろう。

善竹富太郎(茂山富太郎)さんの経歴を確認すると、わずか3歳から狂言界に参加しているというから驚きだ。

  • 3歳で狂言師として稽古開始
  • 5歳で狂言「靭猿」(うつぼざる)の小猿役として初舞台
  • 善竹富太郎(茂山富太郎)の出身大学は学習院大学

善竹富太郎(茂山富太郎)さんの狂言師としての活躍の場は能楽堂だけではなく、全国の小中高でも学校狂言として披露しているようだ。

また自身の出身校である学習院大学や早稲田大学でも狂言を披露。昭和音楽大学ではミュージカル学科の生徒に狂言を教えていたと幅広い場所で活躍していたこともわかる。

善竹富太郎(茂山富太郎)に家族(嫁・子供)はいた?

40歳という若さで亡くなられた善竹富太郎(茂山富太郎)さん。そんな善竹富太郎(茂山富太郎)に家族(嫁・子供)はいたのか?仮に居たとなると濃厚接触者となり、新型コロナウイルスの二次感染の可能性もある。

リサーチしたところ、善竹富太郎(茂山富太郎)さんの嫁や子供についての詳細は確認することが出来なかった。

善竹富太郎(茂山富太郎)さんのツイッターでも、弟や母というキーワードは出てきているものの、嫁や妻、子供などのキーワードは確認することが出来なかった。

もしかしたら善竹富太郎(茂山富太郎)さんは独身だったという可能性もあるだろう。

善竹富太郎(茂山富太郎)の感染経路は特定されている?

善竹富太郎(茂山富太郎)さんの新型コロナウイルスに関する報道では、4月上旬より新型コロナウイルス陽性と判断され、その後はアパホテルで隔離状態となっていたとのこと。

アパホテルに居たということは症状は割と軽い症状、または安定していた可能性が高いのだろう。今回は急変と言う形となってしまったのか?

善竹富太郎(茂山富太郎)さんの感染経路についてだが、詳細については判明されていない。善竹富太郎さんの行動歴で分かっていることは、自身のSNSでコメントしていた、公園のリハーサルや楽屋食堂に行ったこととなっている。

善竹富太郎(茂山富太郎)はアパホテルで元気な声も?

4月7日までは自身のツイッターにて元気な声もツイートされていた善竹富太郎(茂山富太郎)さん。

アパホテルで隔離状態ということで、症状も軽症であった可能性が高かったにも関わらず、今回の一件だ。志村けんさんもしかり、悲しみのニュースが続いている。

新型コロナウイルスの感染拡大は今後早く収束してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました