SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の使い方や参加店舗は?手数料を比較でコスパが良い!

スポンサーリンク

コワーキングスペース、いわゆるスペースをレンタルさせる事業を中心としている株式会社スペーシングが、日本でコロナウイルスの影響により大打撃を受けている飲食店に向けて新たな試みを見せている。

それがSPACEE TAKEOUT(スペーシングテイクアウト)というサービスだ。

今回はSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の概要や使い方、手数料から参加店舗などを徹底解析していく。

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)とは?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)とは、飲食店が低コストで出前やテイクアウトを紹介できる場を提供してくれるサービスだ。

つまり飲食店側としては、低コストで自分の飲食店のテイクアウト、出前商品を提供することが出来る。

消費者としても低コストで、様々なテイクアウトや出前商品を検索し、注文することが出来る。

という飲食店側、消費者共にウィンウィンなサービスとなっているのだ。

ではどのような点が低コストと言えるのだろうか?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の手数料は決済時のみ!

通常このようなサービスは、導入費用や初期費用、更に販売費用や決済費用と多くの手数料が取られるものが多い。

その中でSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)は決済費用の5%のみで良いという、手数料を大きくカットしたサービスとなっている。

新型コロナウイルスの影響により経営に大打撃を受けている飲食店にとって、低コストは非常にありがたいポイントとなるのではないだろうか。

ではSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の低コストは他者と比較するとどの程度安いと言えるものなのか?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の他者サービスとの比較

これまでにもSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)のようなサービスはいくつか存在している。有名なサービスで言えば、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が良い例だろう。

ここではSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)がどれほど低コストなのか紹介する。

  • SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト) 決済手数料:売上の5%
  • Uber Eats(ウーバーイーツ) 決済手数料:売上の35%、そのほかにタブレットレンタル料:月額1,700円
  • 出前館 初期登録費用35,000円、掲載料:月額3,000円

このようにSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)が群を抜いてコストが低いということがわかる。

SPACEE TAKEOUT(スぺイシーテイクアウト)の利用方法や使い方は?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)は、普段使用しているパソコンやスマホを用いて簡単に利用できるようになっている。SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の使い方についてご紹介する。

飲食店側のSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の利用方法、使い方は?

  1. SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の公式ページにアクセス
  2. アカウント新規登録
  3. SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)に載せたい商品の写真・名前・説明・カテゴリを登録
  4. 店舗URLやQRコードが発行される。これらのコードを自身のチラシやSNSのページに貼って広告する
  5. オーダーは事前決済後に通知される仕組み

飲食店側の利用方法も至ってシンプル。自分のアカウントを作って、提供したい料理の詳細を登録。発行されたURLやQRコードを使って広告するというものだ。

消費者側のSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の使用方法、使い方は?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の公式ページでは、まだ消費者側の使用方法については説明されていない。現段階は、まずSPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)を利用する飲食店を増やしていく段階のようだ。

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の参加店舗は?

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)は現在、参加店舗の登録を待っている状況であり、まだ参加店舗の確認はできないようだ。

しかし新型コロナウイルスの影響により、経営に大打撃を受けている飲食店にとって、SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)はまさにコロナ対応応援サービスと言っても過言ではない。今後多くの飲食店が参加する可能性がある期待のサービスだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました