ももクロ、ゴリけんとの接触で新型コロナウイルス濃厚接触者となるのか?

スポンサーリンク

九州を中心に活動しているお笑い芸人、ゴリけんが新型コロナウイルスに感染したと発表された。

ここで気になるのは同じ芸能界で濃厚接触者はいるのかという点だ。なんとゴリけんは新型コロナウイルス潜伏期間にももいろクローバーZことももクロと接触していた可能性が高いとされている。今回はももクロが新型コロナウイルスの濃厚接触者となるのか詳しく説明していく。

ゴリけんの新型コロナウイルス陽性までの経過

まずはお笑い芸人ゴリけんの新型コロナウイルスの症状確認からPCR検査陽性までの経過をおさらいしていく。

  • 3月29日に発熱
  • 3月30日に一度解熱
  • 4月4日に再び発熱、病院にてPCR検査実施
  • 4月5日に新型コロナウイルス陽性

以上がゴリけんの新型コロナウイルス陽性発覚までの流れとなっている。

注目すべき点としては、3月30日の解熱後から4月3日までの期間、ゴリけんさんが収録などの活動をしていたのかどうかということになる。

パラシュート部隊がももクロとの撮影を紹介するツイート

ここで気になるツイートがパラシュート部隊のSNSから発覚された。

ゴリけんさんといえば、同じお笑い芸人であるパラシュート部隊と「ゴリパラ見聞録」というバラエティ番組をレギュラー番組として持っている。

上記のツイートはゴリパラ見聞録の撮影時のツイートということになる。

ツイート内の画像にはももクロとパラシュート部隊、更に渦中の人物であるゴリけんさんの姿も確認されている。

更に注目していきたいポイントが、ももクロとゴリけんさんが映っているツイートがされたのが、4月1日。つまりゴリけんさんにとって、新型コロナウイルスの潜伏期間ということになるのだ。

ももクロとの収録日によっては、濃厚接触者の可能性が高い

気になる点としては、パラシュート部隊のツイートが収録当時のものを載せたものなのか、それまでに撮影していたものを温めておき、4月1日にツイートしたものなのかということだ。

ももクロとごりパラが載っているツイートはこれだけではない。遡ると、ももクロのツイートでも2月13日付けのツイートがされている。

つまりゴリパラキングダムの収録は2月13日にされた可能性が高い。

問題はパラシュート部隊のツイートであるももクロchanも同様に2月13日に撮ったものなのか?それとも別日に撮ったものなのかで、濃厚接触者となる可能性は全く違ってくるだろう。

パラシュート部隊のツイート写真の背景には桜の木、果たして2月中旬という早い時期に桜は咲いていたのかも疑問になるところ。

仮にパラシュート部隊のツイートが収録当日に載せられたものだとする場合、新型コロナウイルス感染中のゴリけんさんと絡んだことになり、パラシュート部隊と同様にももクロも濃厚接触者となる可能性が高いだろう。

ももくろ、ゴリけんとの絡みによりSNSでは心配の声も

Twitterを中心とするSNSではゴリけんさんと接触したももクロの心配するファンも多く確認されている。

芸能界で徐々に感染が拡大している中、ももクロが濃厚接触者となるのかは今後、報道などではっきりする可能性があるだろう。

そしてなによりもゴリけんさんの早い復帰を願いたいと思う。

コメント

  1. 匿名 より:

    収録日は2月13日です。

タイトルとURLをコピーしました