給付金は自己申告で条件は?新型コロナウイルスに対する経済政策?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響により、日本経済にも大きな打撃が及ぼしている。政府はそのような状況に対して現金給付を検討していたが、今回、現金給付金は自己申告制になる予定だという。

今回は政府による現金給付金は自己申告制であるものの、そのほかに条件はあるのかどうかまとめた。

現金給付金は自己申告制と政府が検討

政府が検討している新型コロナウイルスに対する経済悪化に対する対策、その一つが現金給付金だ。

現金給付金で現在決定している要素としては、一世帯あたり20万円を支給するよう検討しているという。

更に現金給付金は自己申告制として給付するよう検討していると話題にあがっている。

現金給付金の条件は他にもある?

それでは現金給付金は自己申告さえしてしまえば、全員が貰えるものなのか?

おそらく全国民が適応となるわけではないだろう。

今回の現金給付金は新型コロナウイルスの影響を強く受けた世帯が対象となる可能性が高い。

つまり所得が大きく減少した世帯を対象に現金給付金が渡されるのではないだろうか?

現金給付金が虚偽申告される可能性は?

現金給付金が自己申告になるということはやはり気をつけなければならないのが、虚偽申告だ。

一世帯あたり20万円の支給はどの家庭にとっても大きな額、できれば支給してもらいたいところ。

現金給付金はおそらく所得減額の証明が必要となる可能性が高いものの、虚偽申告に対する対策もしっかりと行わなければならないだろう。

自己申告制になった理由とは?

今回現金給付金が自己申告制になった一番の理由としては、新型コロナウイルスの影響により所得が減ったかの判断が政府にできないからだという。

確かに仮に、所得が大きく減っていたとしても、それが新型コロナウイルスの影響と判断するには、やはり当事者からの申告が良いということなのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました