宮藤官九郎(クドカン)の感染経路と持病は?入院先は永寿総合病院?新型コロナウイルスに感染

スポンサーリンク

著名人の新型コロナウイルス感染も徐々に広がっている。脚本家であるクドカンこと宮藤官九郎さんもその一人だ。

著名人の新型コロナウイルス感染で一番記憶に新しい人物がお笑い界の大御所である志村けんさんの新型コロナウイルス感染、新型肺炎により亡くなったということだ。

これ以上新型コロナウイルスによる重大な被害は避けたいところだ。

宮藤官九郎(クドカン)さんの病状や感染経路、持病についてリサーチしていく。

宮藤官九郎(クドカン)が新型コロナウイルスに感染

脚本家の宮藤官九郎(クドカン)さんが新型コロナウイルスに感染したことが3月31日に、大人計画の公式サイトで明らかとなった。

宮藤官九郎(クドカン)さんは、これまで腎盂炎で治療中だったことはこれまで明らかとなっていたが、同時に新型コロナウイルスに感染していたことも明らかとなった。

幸い宮藤官九郎(クドカン)さんの症状は、新型コロナウイルスとしては発熱のみということであり、腎盂炎による腰部痛も消失したとコメントしている。

では腎盂炎という病気はどのようなものなのか?

腎盂炎は、突然の高熱、寒気、背中の痛みとともに訪れます。腎臓と尿管の中間にある腎盂という器官に細菌が入り感染し炎症を起こしている状態です。細菌感染により膀胱炎をになった際に何らかの原因で細菌が尿管をさかのぼり腎盂に細菌が達してしまうことで起きることが多いようです。原因となっている細菌を判別したうえで適切な抗生物質を投与し治療します。

引用元:病院検索ホスピタ

腎盂炎は最近による症状出現ということがわかった。つまり宮藤官九郎(クドカン)さんは細菌とウイルス二つに侵されていたことがわかる。

宮藤官九郎(クドカン)の感染経路は?

現在までに宮藤官九郎(クドカン)さんの新型コロナウイルス感染経路については詳しくわかっていない。

ここ最近の東京では感染がものすごいスピードで感染拡大が起きており、その多くが感染経路が不明という感染者が増えてきつつある。宮藤官九郎さんも同様に感染経路が不明である可能性がある。

更新:宮藤官九郎(クドカン)さんの感染経路がライブの可能性が高まってきています!その証拠と理由についての詳しい記事はこちら!

宮藤官九郎(クドカン)の持病・既往歴は?

宮藤官九郎(クドカン)さんのこれまでの経歴をリサーチしたところ、宮藤官九郎さんに対するこれまでの病気・持病は確認されていない。

新型コロナウイルスは持病の有無で重症化する可能性が大きく変化すると言われている中、仮に宮藤官九郎(クドカン)さんが持病が無いのであれば、軽症で済んでほしいところだ。

宮藤官九郎(クドカン)の入院先は?

新型コロナウイルスに感染した宮藤官九郎(クドカン)さんの入院先はどこなのか?その可能性の一つとして挙げられるのか台東区にある永寿総合病院だ。

永寿総合病院といえば、最近新型コロナウイルスが原因で亡くなってしまった、お笑い界の大御所である志村けんさんも入院していたと噂される病院であり、院内でクラスターが発生してしまった病院でもある。

永寿総合病院は比較的大きな総合病院であり、著名人の多くも入院しやすい病院の可能性はあるだろう。

まとめ

新型コロナウイルスに感染したと発表された脚本家であるクドカンこと宮藤官九郎さん。持病などの既往は確認できず、現在発熱のみとなっているものの、今後更なる悪化の可能性も否定できない。

早急の回復を願うばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました