岡山県の新型コロナウイルスは誰で娘とスペイン旅行から感染?60歳代女性で入院先の病院は?

スポンサーリンク

日本各地で感染が確認されている新型コロナウイルス、3月22日には遂にこれまで感染が確認されていなかった岡山県でも感染が確認されることとなった。

岡山県の新型コロナウイルス感染はは60歳代女性で誰?

岡山県でも初の新型コロナウイルス感染者が確認された。今回の感染者は一体だれなのか?事前の情報では岡山県の新型コロナウイルス感染者は60歳代女性ということが判明しており、岡山県は3月22日の21時30分より記者会見を行った。

現在わかっている岡山県の新型コロナウイルス感染者の詳細は以下の通りだ。

  • 年齢:60歳代
  • 性別:女性
  • スペインへ旅行していた

岡山県の60歳代女性の感染経路は?

今回の岡山県で感染した60歳代はそもそもスペインへ娘さんと一緒に旅行していたことがきっかけとなったようだ。経過としては以下の通りである。

  1. 3月15日にスペインへ旅行から帰国
  2. 3月16日 特に症状はなかったものの、ヨーロッパということもあり、不安から保健所に相談していた
  3. 3月17日 症状確認される 発熱だった。すぐに近くの病院に受診したものの、受診時は発熱していなかったのでPCR検査はしなかった
  4. 3月21日まで症状が続く この時点での症状とは発熱と喉の痛みだった。症状が続くため接触者・帰国者相談センターへ相談後、接触者・帰国者外来を受診し検査を実施。陽性であった。

また岡山県の感染者は、現在喉の痛みを訴えている程度とのことだ。現在は入院しておらず、3月23日に岡山県の病院へ入院予定。現在は自宅療養しているとのことだ。

岡山県の60歳代女性の同居人と二次感染の可能性は?

岡山県の60歳代女性の濃厚接触者は3人いるとのこと。

1人は60歳代女性と同居していた家族。

残り二人は別居していた40歳代の長女さんとその同居人ということだ。

濃厚接触者の長女さんは岡山市に住んでいるとのことだが、今回感染が確認された60歳代女性と共にスペイン旅行をしていた人物とのことだ。

長女さんは現在症状がみられないものの、明日3月22日にPCR検査をする予定とのことだ。

また一緒にスペインへ旅行に行った長女さんに至っては帰国後、一日だけ仕事に出勤もしたとのことだ。

60歳代女性の入院先の病院は?

新型コロナウイルスは指定感染症に分類されるウイルスだ。つまり入院先もある程度特定されることになる。

岡山県で新型コロナウイルス感染者を入院させることの出来る病院は以下の通りである。

第一種感染症医療機関

  • 岡山大学病院

第二種感染症医療機関

  • 岡山市立市民病院
  • 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
  • 津山中央病院
  • 岡山県健康づくり財団附属病院
  • 独立行政法人国立病院機構 南岡山医療センター
  • 医療法人 平病院

岡山県では、感染症医療機関として全部で7つの病院が指定されている。この中で入院先として最も可能性が高い病院がやはり第一種感染症医療機関である岡山大学病院だ。

岡山県は今回初の新型コロナウイルスの感染者が出現したということもあり、第一種感染症医療機関に今後入院する可能性が高い。

新型コロナウイルスが確認出来ていない残りの県は?

岡山県で新型コロナウイルスが発覚したことにより、感染が確認されていない残りの県が7県となった。

現在新型コロナウイルスが確認されていない都道府県は以下の通りである。

  • 青森県
  • 岩手県
  • 山形県
  • 富山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 鹿児島県

感染が確認されていない都道府県も残りわずか、これ以上感染が拡大しないことを切に願う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました