福井県で初の新型コロナウイルス感染者!誰で感染経路は?入院先の病院は?

スポンサーリンク

日本全国で感染が拡大している新型コロナウイルス。3月18日時点で感染が確認されていない都道府県は9つの県となっていたものの、遂にこれまで感染が確認されていなかった福井県でも初の新型コロナウイルス感染者が確認された。

今回は福井県で初めて判明された新型コロナウイルスの感染者は誰で感染経路がどこなのか、入院先の病院はどこなのかをまとめた。

福井県で初の新型コロナウイルスは誰?

遂に福井県でも新型コロナウイルスの感染者が発覚された。現在感染者についてわかっている要素は以下の通りである。

  • 50歳代の男性
  • 職業は会社役員だった

福井県で判明された新型コロナウイルスの感染者は一般人であり、会社名についても会社側の強い希望により伏せている。

そのため情報は非常に少ない状況とはなっている。

福井県の50歳代男性の同居人は?二次感染の危険性は?

福井県で新型コロナウイルスに感染した50歳代男性には妻がいるとのことだが、現在のところ二次感染を疑う症状は確認されていないとのことだ。

また現在濃厚接触者となっているのは、50歳代男性の妻と更に会食をした人物4人、計5人が濃厚接触者としているようだ。

新型コロナウイルスに感染した50歳代男性の感染経路は?

福井県の新型コロナウイルス感染者は直近に東京に滞在していたとのこと。

その後の経過に関しては以下の通りである。

  1. 3月6日から8日にかけて、東京へ仕事の関係で滞在していた。仕事の内容としては主に会議であった。移動は飛行機を使用していた。
  2. 3月12日に新型コロナウイルスの感染確認 発熱 A病院を受診した
  3. 3月18日、倦怠感が続くためB病院を受診、B病院からC病院を紹介される
  4. 同日、C病院から保健所へ相談
  5. 3月16日から17日にかけて少し解熱したため、会社へ出勤したとのこと
  6. 3月18日にD病院にて新型コロナウイルスが判明

また今回感染した50歳代男性に基礎疾患もなく、現在の症状としては落ち着いているとのことだ。

今回福井県で判明された新型コロナウイルス感染者の50歳代男性は新型コロナウイルスが判明するまでに入院先の病院まで含めて5つの病院を回ったということになる。

福井県で新型コロナウイルス感染者の入院先はどこの病院?

新型コロナウイルスは指定感染症に分類されており、通常の病院では入院することもできない。特定の医療機関に入院することになる。

福井県の場合、特定の医療機関は以下の通りである。

第一種感染症医療機関

  • 福井県立病院

第二種感染症医療機関

  • 独立行政法人国立病院機構 敦賀医療センター
  • 杉田玄白記念公立小浜病院

福井県の場合、これら三つの病院が新型コロナウイルス感染の患者を入院させることのできる病院だ。福井県では初の新型コロナウイルス感染者ということもあり、入院先は第一種感染症医療機関である福井県立病院に入院している可能性が高いのではないだろうか。

まとめ

今回は福井県で初めて発覚された新型コロナウイルス感染者の情報についてまとめた。福井県で新型コロナウイルス感染者が発覚したため、感染者のいない残された県は残り8県。

これ以上新型コロナウイルスの感染拡大が広まらないことを願いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました