JAL(日本航空)で新型コロナウイルス感染者のCA(客室乗務員)の便と出身は?誰?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者が続々と増えている。遂に飛行機関連でも新たな感染者が発覚した。新型コロナウイルスの新たな感染者はJAL(日本航空)のCA(客室乗務員)だ。

新型コロナウイルスに感染したJAL(日本航空)のCA(客室乗務員)は誰?

今回JAL(日本航空)のCA(客室乗務員)で感染した人物は50歳代の女性ということが明らかとなっている。

また感染したCA(客室乗務員)は千葉県に在住している人物だということも判明した。

千葉県に在住しているということもあり、感染したCA(客室乗務員)は日本人の可能性が高いだろう。

また50歳代ということからCA(客室乗務員)の中でもベテランのスタッフだったのではないだろうか。

新型コロナウイルスに感染したCA(客室乗務員)が乗っていた航空便は?

今回感染が確認されたCA(客室乗務員)は普段どのような飛行機でフライトしたいたかは不明だが、今回症状が確認されたのは国際線でのこと。

症状は2月25日の、アメリカのシカゴから成田空港までのフライト、JAL009便で日本に帰国された後から確認されたとのことだ。

CA(客室乗務員)はもちろんマスクと手袋をしていたということで、症状が出た後は自宅待機していたということだ。

CA(客室乗務員)の症状は?

現在までに分かっていることは新型コロナウイルスに感染したCA(客室乗務員)の症状は幸い軽く、徐々に回復に向かっているとのことだ。

そもそもCA(客室乗務員)は多くのお客様と接触する職業、国際線なら、なおさら感染率が高まるというものだ。そのような過酷な場所で働いていた今回のCA(客室乗務員)には是非とも良くなってもらいたいところだ。

CA(客室乗務員)からの二次感染の心配は?

シカゴ-成田空港行きからの帰国後から症状がでたJAL(日本航空)のCA(客室乗務員)。症状確認後は自宅待機していたようだが、シカゴ-成田空港009便に乗っていた人たちは二次感染の可能性がある。

実際にシカゴ-成田空港行き009便に乗っていたそのほかのCA(客室乗務員)は12名おり、搭乗者も104人も乗っていたとのこと。

しかし今回感染が確認されたCA(客室乗務員)がしっかりとマスク、手袋をしていたこともあってか、今のところ、搭乗者に症状は見られていないようだ。

まとめ

今回はJAL(日本航空)のCA(客室乗務員)が新型コロナウイルスに感染したということで、感染者の詳しい詳細を紹介した。

新型コロナウイルスに感染したCA(客室乗務員)は50歳女性、千葉県在住のベテランCAであり、症状も軽く、現在は回復に向かっているということが分かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました