奥村秀一がSMの相手!?槇原敬之を覚醒剤へ導いたパートナーとは?

スポンサーリンク

槇原敬之さんは2度目の覚醒剤関係で逮捕された。そんな槇原敬之さんがそもそも覚醒剤に手を染めたのは、パートナーである奥村秀一さんという人物によるものだ。

更に奥村秀一さんは槇原敬之さんのSMのパートナーとも噂されている人物だ。詳しく紹介していく。

槇原敬之、覚醒剤所持で2度目の逮捕

警視庁幹部によると、槇原容疑者は2018年3月30日、当時住んでいた港区海岸のマンション一室で、指定薬物を含む危険ドラッグ「RUSHラッシュ」の液体約64ミリ・リットルを、同4月11日には同じ室内で覚醒剤の結晶約0・083グラムをそれぞれ所持した疑い。

引用元:読売新聞

今回、「どんなときも。」や「世界に一つだけの花」など名曲を多く世に出したシンガーソングライター、槇原敬之さんが覚醒剤所持の罪で逮捕された。

ニュースによると、槇原敬之さんは、2020年の現行犯逮捕というわけではなく、2018年に所持していた疑いとして今回逮捕に至っている。

確かに槇原敬之さんの顔を見てみると以前とだいぶ違う感じがする。これは歳を取ったからとだけは言えない変化にも感じてしまう。

槇原敬之を覚醒剤の道に進めたのは奥村秀一?

槇原敬之さんといえば、1998年にも覚醒剤で逮捕されている。

では槇原敬之さんが覚醒剤に手を染めた理由はどこにあったのか?それが奥村秀一さんという人物が重要な人物となっているようだ。

今回の槇原敬之さんの逮捕についても、2018に奥村秀一さんが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたことにより、槇原敬之さんの名前が浮上したとされている。

槇原敬之と共にいた奥村秀一とは誰?

2018年、当時槇原敬之さんは覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された奥村秀一さんと一緒に住んでいたことが明らかとなっている。

奥村秀一さんは槇原敬之さんと親密な関係だったと噂されている。

この奥村秀一さんとは何者なのか?

奥村秀一の職業は?ニューハーフクラブで働いていた過去も

奥村秀一さんは1997年以前はニューハーフクラブで金太郎という源氏名で働いていたとのこと。周りからは金ちゃんというあだ名で親しまれていたようだ。

この頃から槇原敬之さんと出会い交際が始まったとされる。

このタイミングで槇原敬之さんは覚醒剤に手を染めたということになるだろう。

2006年には、奥村秀一さんは槇原敬之さんが所属する個人事務所、ワーズアンドミュージックの代表取締役に就任する。

つまり奥村秀一さんの現在の職業は、槇原敬之さんが所属する事務所の社長ということになる。

奥村秀一がSMの相手?

実は東スポさんは既に槇原敬之さんが覚醒剤に再び手を染めていることを知っており、過去の記事にはXとして記載していたことが濃厚となっている。

更に東スポさんの記事では、槇原敬之さんと奥村秀一さんのSMグッズの詳細まで明らかとしていた。

仮に東スポさんが記載していたXが槇原敬之で確定だった場合、槇原敬之さんと奥村秀一さんはSMと趣味としていたという事になるだろう。

まとめ

今回、覚醒剤所持の疑いで2度目の逮捕となった槇原敬之さん。

今回の逮捕のきっかけは、親密なパートナーであり、同居していた奥村秀一さんが原因となっており、そもそも槇原敬之さんに覚醒剤を勧めたのも奥村秀一さん。

槇原敬之さんと奥村秀一さんはSMも楽しむ間柄だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました